シルベーヌのステルス値上げ情報

シルベーヌのステルス値上げ情報
メーカー 株式会社ブルボン
商品名 シルベーヌ
内容量 20g×6個(120g)
参考小売価格 300円(税別)
原材料 砂糖、小麦粉、液全卵、植物油脂、カカオマス、ショートニング、全粉乳、レーズンチョコ(乳成分を含む)、食用加工油脂、水飴、異性化液糖、加糖練乳、洋酒、ココアバター、ココアパウダー、還元水飴、液卵黄(卵を含む)、クリーム(乳成分を含む)、バター、乳糖、食塩/ソルビトール、酒精、乳化剤(大豆由来)、膨脹剤、香料(乳由来)、光沢剤、着色料(アナトー、ウコン)
栄養成分
1個(20g)
エネルギー 102kcal
たんぱく質 1.3g
脂質 6.4g
炭水化物 10.0g
食塩相当量 0.04g
発売日 1982年

価格・内容量推移
年月日 内容量 参考小売価格(税別)
1982年~ 8個 300円
1980年代後半? 7個 300円
2004年時点 24.5g×7個
(171.5g)
300円
2005年8月~ 24.5g×6個
(147g)
300円
2008年3月~ 22g×6個
(132g)
300円
2011年8月~ 24g×6個
(144g)
300円
2013年頃~ 21g×6個
(126g)
300円
2015年~ 20g×6個
(120g)
300円

値上げ理由・建前
タイミング 公表内容
8個→7個 不明
7個→6個 不明
24.5g→22g 原材料価格の高騰。
22g→24g リニューアル
24g→21g 不明
21g→20g なし

参考サイト
公式サイト 株式会社ブルボン
1982年 8個入 パッケージ画像
1980年代後半? 7個時 パッケージ画像
2007年 24.5g×6個 5チャンネル
2008年 22g×6個 YouTube
2011年 24g×6個 広岡威吹の作家ブログ
2013年 21g×6個 fatsecret
2015年 20g×6個 ブルボン 商品情報

シルベーヌの値上げ解説

「ブルボンのちょっと高級なお菓子」というイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれないくらい、“なんとなく高級感”溢れる「シルベーヌ」。語尾の「ヌ」あたりの響きにそこはかとない高貴な印象があるとかないとか。

そんなシルベーヌ、上の参考サイトの画像を見てもらうと分かるように、1982年の発売当時のパッケージを見るに、当初は1箱8個入だったらしい。しっかりと8個並んでいるからね。

「パッケージには8個並んでるけど、中身は少ない可能性もあるじゃん」と感じる人もいらっしゃるかもしれませんが、箱入りのシルベーヌは内容量に沿った数をパッケージ写真に使うという伝統(?)があるっぽいんですよね。

現在6個入の箱入りシルベーヌはパッケージも6個ですし、2007年頃に存在した「シルベーヌ カカオ70」には4個入と8個入が存在し、パッケージは下図のようになっていた。…これ美味そうだな…(チョコ好き)

シルベーヌ カカオ70のパッケージ

これを踏まえて、シルベーヌ発売当初のパッケージを見返してみると…

シルベーヌ 発売当初は8個入だった

8個ですね。

その後、詳しい時期は分からないものの、1980年代半ば~後半くらいには7個入へと減らされています。

シルベーヌ 7個入時

5ちゃんねるの掲示板には少なくとも2004年までは1個24.5gの7個入だったという記述が見られ、2007年9月時点で1個24.5g×6個という情報も確認。2008年までは1個24.5gだったことは間違いないでしょう。

その後の内容量の推移はちょっと複雑&時期不明瞭。

2008年頃に1個22gにステルス値上げされたのは間違いないものの、2011年頃には24gであったことが確認できる。2011年にリニューアルが行われていることから、このタイミングで内容量を増やす実質値下げが行われた可能性が。

しかし2013年頃には21gへと再びステルス値上げ。また、2015年頃にはさらに1g減って20gになり現在に至っています。

シルベーヌのカロリー・内容量推移

昔食べていたシルベーヌを久しぶりに買ってみたら小さくなっていた・少なくなっていたと感じた人の認識は正しい。大人になり体が大きくなったから、相対的にシルベーヌが小さく見えた…というわけでは決してないのだ。

ちなみに、似たようなカテゴリとなるロッテのチョコパイは、シルベーヌと同じ希望小売価格300円で、1箱に入っている個数も6個で一緒。しかし1個当たりの重量はシルベーヌが20gなのに対し、チョコパイは31gと1.5倍超。

シルベーヌ? 2口でフィニッシュです。

ふわっとしたケーキにチョコをコーティングし、チョコ包みレーズンを上部に配したシルベーヌに対し、そこそこ厚いクリーム層を持つしっとりしたケーキをチョコレートコーティングしたチョコパイ…好みが分かれそうだな。

せこい&ケチ臭い私は、自分で買うなら量が多いチョコパイかなぁ…チョコレートスポンジやチョコクリーム版の「冬のチョコパイ」等、チョコを押し出した商品を定期的に発売してくれるのも、チョコ好きの私としては嬉しい限り。

シルベーヌ…一定の高級感をまとった商品ながら、昭和の古臭さも感じさせるあたりはビエネッタと同じ香りがする。

シルベーヌが美味しいのは間違いないものの、ロッテ チョコパイや森永製菓のガトーショコラなどコストパフォーマンスに優れるチョコケーキが存在する中、ステルス値上げを繰り返してきたシルベーヌは価格と内容量が釣り合っていない感も。

それでも「シルベーヌが好き!」と指名買いする人が大勢いるあたり、固定客をしっかりと確保しているなという印象。

あわせて読みたい関連記事

カテゴリ一覧