明治 マカダミアチョコレートの値上げ情報

明治 マカダミアチョコレートの値上げ情報
メーカー 明治
商品名 マカダミアチョコレート

年月日 内容量・数量 参考小売価格
~2008年 12粒(87g) 200円(税別)
2008年~ 10粒(75g) 200円(税別)
2011年~ 9粒(63g) 200円(税別)
2015年~ 9粒(64g) 220円(税別)

参考サイト
2008年 12粒 2008年2月 明治公式サイト
2008年 10粒へ実質値上げ 2008年3月 明治公式サイト
2011年 9粒へ実質値上げ 2011年10月 明治公式サイト
2015年 220円に値上げ 明治公式サイト

明治 マカダミアチョコレート値上げの解説

マカダミアナッツが丸ごと入った明治のマカダミアチョコレート。登場時こそ12粒入りだった同商品は2008年、価格はそのままに10粒に実質値上げ。そして2011年には9粒に減って今に至ります。

その理由はチョコレートの主原料であるカカオ豆やナッツ類の高騰、そして梱包や物流のコスト増を転嫁した結果としています。聞き飽きたねそのセリフ。

明治のマカダミアチョコレートは実質値上げだけに留まらず、2015年には200円から220円へ価格の値上げも実施。その際1粒あたりの重量を増量し内容量は63gから64gに増えたらしい。

9粒で計1g増とか誤差の範囲じゃないの?舐めてるの?

ところで、マカダミアチョコレートといえば明治の他にロッテも有名ですよね。パッケージや中身の形はほぼ同じ。明治の方が古いことを考えるとロッテがパク…ゲフンゲフン。

個人的にはマカダミアナッツよりアーモンドの方が好きなのでマカダミアチョコレートを積極的に買うことはないが、あの独特のカリッとした食感は好きな人はとことん好きなはず。もうちょっと安くしてくれないかねぇ…

あわせて読みたい関連記事

カテゴリ一覧