明治 アーモンドチョコレート大箱の値上げ情報

明治 アーモンドチョコレート大箱の値上げ情報
メーカー 株式会社明治
商品名 アーモンドチョコレート大箱
内容量 243g
参考小売価格 840円(税別)
原材料 砂糖、アーモンド、全粉乳、カカオマス、植物油脂、ココアバター、乳糖、還元水あめ/レシチン、香料、光沢剤、(一部に乳成分・アーモンド・大豆を含む)
栄養成分
1粒(4.2g当たり)
エネルギー 24kcal
たんぱく質 0.5g
脂質 1.6g
炭水化物 2.0g
食塩相当量 0.005g
発売日 不明

年月日 内容量・数量 参考小売価格(税別)
~2008年 215g 500円
2008年~ 181g 500円
2014年頃~ 173g 500円
2015年7月~ 173g 600円
2022年5月~ 243g 840円

参考サイト
2008年 215g 2008年10月 明治公式サイト
2008年 181g 2008年12月 明治公式サイト
2015年 600円に値上げ 明治公式サイト
2022年 243g 840円 タジマヤ

明治 アーモンドチョコレート大箱値上げの解説

通常のアーモンドチョコレート同様順調に量を減らしているのは大容量版となるアーモンドチョコレート大箱。その名の通り通常のものより大きな箱にいっぱい入っていてお得…なような雰囲気の商品。

元々は215gの内容量を誇っていたアーモンドチョコレート大箱も2008年に181gへ。そして2014年頃には173gへと実質値上げを行っています。そして2015年には500円だった価格が一気600円へ値上げ。

内容量そのままに20%の値上げとはずいぶん強気だな。

そもそのこの商品は存在理由が分からない。通常のアーモンドチョコレートとステルス値上げが行われる前で比較すると、通常版が130g200円。大箱が215g500円。どう考えてもおかしい気がする。

2022年には173g600円の大箱が販売終了となり、243gと更に大容量になった“新・大箱”が840円で登場。2022年5月に明治は幅広い商品において値上げを行っており、そのタイミングで大箱を入れ替え値上げ感をごまかしたって感じか。

現在においても通常のアーモンドチョコが88g230円なのに対し、大箱は243g840円。内容量は通常版の2.76倍、価格は3.65倍…どう考えても割高よね。「大容量=お徳用」ではない典型的な例だな。

ならば通常のアーモンドチョコを2箱買った方がずっとお得。

2022年まで販売されていた173gの大箱と違い、243g版は1つ1つが個包装されており、184g入りのビッグパックとキャラ被りまくり。しかもビッグパックは184gで500円、大箱は243gで840円。もう意味が分からん。

余談だが、2005年時点のアーモンドチョコレート袋(現在のビッグバッグ)は243g入りで500円だった。同じ容量の大箱は現在840円…まあ死んでも買うことはないであろう商品だからどうでもいいが。

あわせて読みたい関連記事

カテゴリ一覧