明治 ミルクチョコレートの値上げ情報

明治 ミルクチョコレートの値上げ情報
メーカー 明治
商品名 ミルクチョコレート
発売日 1926年9月

年月日 内容量・数量 参考小売価格
~2003年 50g 100円(税別)
2003年~ 70g 120円(税込)
2008年~ 65g 120円(税込)
2009年8月~ 58g 105円(税込)
2012年~ 55g 100円(税別)
2014年7月~ 50g 100円(税別)
2015年7月~ 50g 110円(税別)

年月日 参考サイト
2002年 50g時 2002年10月 明治公式サイト
2009年 65g→58g 明治公式サイト
2014年 55g→50g 日本経済新聞
2015年価格改定 明治公式サイト

明治 ミルクチョコレート値上げの解説

明治の主力商品であるミルクチョコレートは戦前から続く歴史ある商品。

2000年以降に目を向けると、2003年頃に50gから70gへの増量がなされ、価格も税別100円から税込120円ほどに値上げされたことが確認できました。

しかし2008年にステルス値上げで65gへ。2009年には内容量を58gに減らしたうえで価格を15円値下げ。内容量を約11%減らしたものの価格は約13%値下げ…非常に良心的な対応と言えるでしょう。

ここまではな。

その後はシュリンクフレーションの嵐により内容量は現在50gに。価格を税別100円に下げたのも将来的な実質値上げのための地ならしだったのではと感じるほど。

極めつきは2015年の10%値上げ。地ならしとして値段と内容量を減らし消費者の顔色を伺う。その後は内容量のみをひたすら減らし、それが限界と見るや価格を上げる。えげつないですね~。

ロッテのガーナと違って明治のミルクチョコレートはいたって普通のチョコ。安くておいしいチョコレートはいくらでも存在するため、ここまで値上げされてもなお明治のミルクチョコレートにこだわる理由は特にないかな。個人的には。

あわせて読みたい関連記事

カテゴリ一覧