ジャイアントカプリコの値上げ・実質値上げ情報

ジャイアントカプリコの値上げ・実質値上げ情報
メーカー 江崎グリコ株式会社
商品名 ジャイアントカプリコ
内容量 34g
参考小売価格 103円(税別)
原材料
(いちご)
砂糖、植物油脂、乳糖、コーン(小麦粉、でん粉、砂糖、植物油脂、酵母エキス、食塩)、ココアバター、全粉乳、カカオマス、ホエイパウダー/炭酸塩(Ca、Mg)、乳化剤、着色料(アカビート、カラメル色素)、香料、膨脹剤、酸味料、(一部に乳成分・小麦・大豆を含む)
栄養成分
1本当たり(34g)
エネルギー 189kcal
たんぱく質 1.5g
脂質 11.4g
炭水化物 20.1g
食塩相当量 0.053g
発売日 1986年

ジャイアントカプリコ<いちご>
年月日 内容量 参考小売価格(税別)
1986年~ 不明 100円
2005年時点 36.8g 100円
2008年頃? 35.8g 100円
2014年11月~ 34g 100円
2022年9月~ 34g 103円
2023年2月~ 34g 7~13%値上げ
(113円前後?)

値上げ理由・建前
タイミング 公表内容
36.8g→35.8g なし
35.8g→34g なし
100円→103円 原材料価格が軒並み上昇しており、それら増加したコストを経営の合理化や効率化で吸収するのは極めて困難な状況に。高い品質を維持するため、製品価格改定ならびに内容量変更を実施。
7~13%値上げ 原材料価格ならびにエネルギーコストは上昇しており、増加したコストを経営の合理化や効率化で吸収するのは極めて困難な状況に。品質を維持するため、価格改定ならびに内容量変更を決定。

参考サイト
公式サイト 江崎グリコ株式会社
2005年 36.8g 100円 グリコ 栄養成分ナビゲーター
2008年頃 35.8gに実質値上げ Amazon
2014年 34gに実質値上げ お菓子の菓子爺
2022年 103円に値上げ 江崎グリコ ニュースリリース
2023年 7~13%の値上げ 江崎グリコ ニュースリリース

ジャイアントカプリコの値上げ解説

1970年に発売された「カプリコ」の容量を約1.5倍にして独立させたのが、1986年発売の「ジャイアントカプリコ」。カプリコといえば「ジャイアントカプリコ」を思い浮かべる人も多いであろう、人気のロングセラー商品となっています。

ジャイアントカプリコの特徴といえば、「ジャイアント」とはほど遠いその大きさと、その大きさをもってしても「軽すぎじゃね?」と感じざるを得ないその重量。

90~100gほどある同社のジャイアントコーンを想像してジャイアントカプリコを手に取ると拍子抜けする。パッケージを含めても40gあるかないかくらいだからね。箸より重いものを持ったことがない婦女子以外は「ふぁ?」ってなること必至。

故ジャイアント馬場氏がCMをしていた1986年の発売当時、どの程度ジャイアントだったのか定かではないが、確認できる限り2005年時点でジャイアントカプリコ<いちご>は1本36.8gと、すでにジャイアントではなかった。

2008年頃には35.8gに実質値上げされ、2014年頃には34gに減量し現在に至る。

ジャイアントカプリコって昔に比べてずいぶん小さくなったよな」と感じている人も多いと思いますが、大きさ自体はそれほど変わっていない。元からジャイアントではなかったのだよ。

大人になって体が大きくなったため、相対的にジャイアントカプリコが小さくなった印象を受けているだけかと。エアの容量を増やし、大きさを変えないまま軽くしているのは間違いないが。

一方、価格に関しては1986年の発売以来税別100円を維持してきたものの、2022年の激しい物価上昇に耐え切れず、江崎グリコは幅広い商品において3~11%の値上げを実施。ジャイアントカプリコは103円に。

それから半年もしないうちにさらなる値上げを行うと発表。2023年2月から113円前後になると考えられます。価格だけはしっかりジャイアント化。

ジャイアントカプリコが発売された1980年代は、色々なエアインチョコが登場した時期。1980年発売の「霧の浮舟」、1988年発売の「ぬ~ぼ~」、1989年発売「ぷくぷくたい」など、バリエーションに富んでいた。

霧の浮舟とぬ~ぼ~、ぷくぷくたい

しかし、現在生き残っている主要な商品はジャイアントカプリコとぷくぷくたいくらい。あとはネスレのエアロがひっそりと存在している程度か。

ほろっとして、ふわっと溶けるエアインチョコ独特のくちどけは魅力的ながら、美味しいチョコレート菓子が溢れる昨今、エアインチョコの優位性は薄れているといったところか。

貧乏性の私としては、エアインチョコの宿命ともいえる重量のなさは、ちょっと損した気分になっちゃうしね。ジャイアントカプリコは34g100円、ぷくぷくたいは16.5gで50円…うん、無理だね。

いちごチョコ好きも相まって、食べりゃ確かに美味しい。でも目方重視の私は、店頭での選択肢には絶対に入らない。また、どちらかというと子供向けの商品であるため、人に貰うこともない。

私には縁がないお菓子という結論になるか。

あわせて読みたい関連記事

カテゴリ一覧