プチシリーズのステルス値上げ情報

ブルボン プチシリーズのステルス値上げ情報
メーカー 株式会社ブルボン
商品名 プチシリーズ
参考小売価格 80円(税別)
発売日 1996年


プチ チョコチップ
年月日 内容量 参考小売価格(税別)
~2008年3月 60g 80円
2008年3月~ 56g 80円
2011年3月~ 60g 80円
2021年9月時点 58g 80円

プチ チョコラングドシャ
年月日 内容量 参考小売価格(税別)
~2008年3月 50g 80円
2008年3月~ 47g 80円
2008年12月~ 44g 80円
2011年3月~ 47g 80円

プチ ホワイトチョコラングドシャ
年月日 内容量 参考小売価格(税別)
~2008年3月 50g 80円
2008年3月~ 47g 80円
2008年12月~ 44g 80円
2011年3月~ 47g 80円

プチポテト うすしお味
年月日 内容量 参考小売価格(税別)
~2008年3月 47g 80円
2008年3月~ 45g 80円

プチポテト のりしお味
年月日 内容量 参考小売価格(税別)
~2008年3月 47g 80円
2008年3月~ 45g 80円

プチポテト コンソメ味
年月日 内容量 参考小売価格(税別)
~2008年3月 47g 80円
2008年3月~ 45g 80円

プチ うす焼
年月日 内容量 参考小売価格(税別)
~2008年3月 38g 80円
2008年3月~ 36g 80円
2008年12月~ 33g 80円
2011年3月~ 36g 80円

プチ えび
年月日 内容量 参考小売価格(税別)
~2008年3月 40g 80円
2008年3月~ 38g 80円
2008年12月~ 35g 80円
2011年6月~ 38g 80円

プチ チーズ
年月日 内容量 参考小売価格(税別)
~2008年3月 48g 80円
2008年3月~ 45g 80円

プチ いちごビスケット
年月日 内容量 参考小売価格(税別)
2019年11月~ 58g 80円
2020年9月~ 56g 80円

プチ えんどうまめ うましお味
年月日 内容量 参考小売価格(税別)
2013年3月~ 42g 80円
2014年3月~ 40g 80円
2016年3月~ 39g 80円
2018年3月~ 37g 80円

プチ あげ丸 まろやかしょうゆ味
年月日 内容量 参考小売価格(税別)
2008年3月~ 30g 80円
2020年9月~ 28g 80円

プチ うま塩プレッツェル(プレッツェル)
年月日 内容量 参考小売価格(税別)
2007年9月~ 42g 80円
2008年3月~ 40g 80円
2010年3月~ 42g 80円
2020年3月~ 44g 80円


プチ 焼もろこし
年月日 内容量 参考小売価格(税別)
2011年3月~ 44g 80円
2019年3月~ 38g 80円
プチ 黒糖きなこウエハース
年月日 内容量 参考小売価格(税別)
2012年3月~ 45g 80円
2014年5月~ 42g 80円

参考サイト
公式サイト 株式会社ブルボン
2008年の実質値上げ 大善リテールサービス
2008年の実質値上げ2 食@新製品

ブルボン プチシリーズの値上げ解説

一口サイズの様々なお菓子を税別80円というリーズナブルな価格で提供してくれるブルボンの「プチシリーズ」。こまめに商品を入れ替えながらも常に20種以上のラインナップを維持していることから、何かしら好みのお菓子が見つかるはず。

プチシリーズといえば、細長い縦のパッケージを立てて店頭に並べられているイメージですが、1996年の発売当初のパッケージは“横”だった。この頃の陳列は縦だったのだろうか、横だったのだろうか?

1996年発売当初のブルボン プチシリーズのパッケージ

現在の中身が見えないパッケージに比べると、「無印良品かっ!」ってくらい非常にシンプルですね。「プチクマ」なる、色とりどりの胡散臭い獣もいないし。

ここ20年、多くのお菓子がステルス値上げにより内容量を大幅に減らされれてきたこともあり、発売以来価格を80円で据え置いているブルボンのプチシリーズもかなり量が減らされているのだろうと調べてみたのですが…

思いのほか減っていない。

これを書いている今現在発売されているプチシリーズのみに焦点を当て、内容量変更が行われたものをピックアップしてみました。

調べられる範囲では、プチシリーズのラインナップの多くに変化が見られたのは2008年。プチ以外のブルボンのお菓子の多くがガッツリ内容量を減らされた時期ということもあり、この年にプチシリーズの内容量も若干減っています。

ただ、他のお菓子に比べれば減少幅は極めて小さい。同時期にチョコ&コーヒービスケットやチョコチップクッキーなどを2~3割減らしたブルボンとは思えない、極めて良心的な対応と言えますね。

興味深いのは、2008年12月に実質値上げした商品に関して、そのほとんどを2011年のリニューアルで内容量を元に戻している(増やしている)点。どうしたブルボン!? 悪いものでも食べたのだろうか?

確認できる限りではほとんど実質値上げを行っていないor小幅に留めているブルボンのプチシリーズ。グラム当たりの単価で考えれば、一般的なお菓子と変わらないものの、コストがかかる小袋でこれを実現しているのは素直に褒めたい。(偉そう)

クッキーやビスケットサンドからポテトチップス、せんべいなどを網羅し、誰しもお気に入りの商品が見つかるであろうプチシリーズ。しかし「チョコビス」がなくなってしまったのは非常に残念。

チョコビスは同社の「チョコダイジェスティブビスケット」の小型版ともいえる存在で、原材料を見比べてみてもほぼ一緒。1袋57g入と値段のわりにボリュームもあり、チョコダイジェスティブチョコリエール好きの私の一押し商品だったのだが…

プチ チョコビスとチョコダイジェスティブビスケット

私が好きだったというだけで、あんまり人気がなかったのかなぁ…

ブルボンのお菓子の中では実質値上げを極力抑え、高いコストパフォーマンスを維持しているプチシリーズ。実売価格的には300円あれば4~5本購入できるため、色々と食べ比べてみるのも面白いかと。

あわせて読みたい関連記事

カテゴリ一覧