トッポのステルス値上げ情報

トッポのステルス値上げ情報
メーカー 株式会社ロッテ
商品名 トッポ
内容量 36g×2袋
参考小売価格 150円(税別)
原材料 小麦粉、砂糖、植物油脂、全粉乳、でん粉、カカオマス、ショートニング、加糖れん乳、クリームパウダー、ココアパウダー、モルトエキス、食塩、ココアバター、大豆胚芽エキス/加工でん粉、膨張剤、乳化剤、香料、アナトー色素
栄養成分
1袋(36g)
エネルギー 193kcal
たんぱく質 2.6g
脂質 10.5g
炭水化物 21.9g
食塩相当量 0.3g
発売日 1994年4月

価格・内容量推移
年月日 内容量 参考小売価格(税別)
2000年時点 41g×2袋 150円
2006年頃~ 39g×2袋 150円
2008年3月~ 36g×2袋 150円

値上げ理由・建前
タイミング 公表内容
82g→78g なし
78g→72g なし

参考サイト
公式サイト 株式会社ロッテ
41g×2袋表記あり グーグル ブックス
39g×2袋時 菓子辞典 実食レビュー
2008年 36g×2袋へステルス値上げ 大善リテールサービス

トッポの値上げ解説

筒状のカリカリプレッツェルの中にチョコレートを注入した画期的なお菓子「トッポ」。夏場でもチョコレートが手に付かず、かつどこを食べてもチョコとプレッツェルの均一な味が楽しめるとあって発売以来多くの支持を集めるロッテの人気商品。

乱暴に言ってしまえばポッキーのチョコレートとプレッツェルをひっくり返したような菓子。食感はかなり違うので好みが分かれるところか。

そんなロッテのトッポ、現在の内容量は36g×2袋入の計72g。本数は1袋12本なので計24本ということになります。価格は税抜150円。

しかし2008年3月まではの内容量は39g×2袋の計78g、価格も現在と変わらない150円でした。本数は1袋13本の計26本だったので価格を据え置いたまま2本減ったことに。典型的なステルス値上げですね。

もっと以前に目を向けると、2006年頃まで41g×2袋の表記が見受けられる。1袋36gの現在のカロリーが193kcal、39gだった頃は212kcal。そして41gだった時は223kcal前後だった模様。

トッポの新旧カロリー

41gから39gへとステルス値上げされた際に本数が減らされたのかどうかは不明だが、「トッポって昔に比べて細くなったよね」なんて声が散見されることを考えると、本数を変えず1本1本を細くしたor短くした可能性も。

ちなみに、ライバル関係といえるポッキーは内容量72gに対し参考小売価格は150円。全く同じですね。好きな方食べとけ。

地味にトッポに似ているのが明治のプッカ。あれは魚型のプレッツェルの中にチョコレートを注入している商品で、味や食感はかなり似通っている。まあ市場規模的にトッポのライバルとは言い難いけどね。コスパ的にもプッカの方が悪いし。

ロッテのトッポ、確認できる範囲では段階的に82gから72gへと実質値上げされてはいるものの、他のお菓子に比べればその幅はそれほど大きくない。同社のガーナなんて10年足らずで75gから50gだからね。

実売価格を見ても安売りしていれば98円くらいで購入することができる。私のように「1g=1円以下じゃないと買わない」という貧乏人ならまだしも、常識的な人にとってはそこそこのコストパフォーマンスかと。

無駄な知識…と前置きしたうえで、かつてグリコに「リバース」というトッポのパクリみたいな商品があった。同社のポッキーをリバース(裏返し)したという意味なのかな? 決して「リバースするほど不味い」という意味ではない。

あっという間に消えたけどね。ホント無駄な情報でした。

あわせて読みたい関連記事

カテゴリ一覧