ロッテ カスタードケーキの実質値上げ情報

ロッテ カスタードケーキの実質値上げ情報
メーカー 株式会社ロッテ
商品名 カスタードケーキ
内容量 27.5g×6個
参考小売価格 300円(税別)
原材料 全卵、砂糖、小麦粉、ショートニング、水あめ、植物油脂、乳糖、脱脂粉乳、乳等を主要原料とする食品(植物油脂、たんぱく質濃縮ホエイパウダー、乳糖、脱脂粉乳、乳たんぱく、卵黄、還元水あめ)、洋酒、還元水あめ、卵黄、全粉乳、でん粉、食塩、乳清たんぱく、ココアバター、乳たんぱく、乳清ミネラル、寒天/ソルビトール、乳化剤(大豆由来)、グリセリン、酒精、増粘剤(加工でん粉、カラギーナン)、香料、着色料(クチナシ、パプリカ色素)
栄養成分
1個(27.5g)
エネルギー 125kcal
たんぱく質 1.5g
脂質 6.8g
炭水化物 14.6g
食塩相当量 0.091g
発売日 1986年9月

価格・内容量推移
年月日 内容量 参考小売価格(税別)
2000年時点 28g×6個 300円
2009年4月~ 27g×6個 300円
2012年9月~ 27.5g×6個 300円

値上げ理由・建前
タイミング 公表内容
28g→27g パッケージデザインを一新、クリームのなめらかさをさらに際立たせました。
27g→27.5g クリームを増量し、すっきりとした甘さになり、さらにおいしくなった。

参考サイト
公式サイト 株式会社ロッテ
28g 130kcal記載 drecom_applepekoのブログ
27g 123kcal amazon
2012年 27.5gへ実質値下げ 日本食糧新聞

ロッテ カスタードケーキの値上げ解説

ロッテのチョコパイと同様に6個入っている「箱」と、9個入のパーティーパックが存在するカスタードケーキ。同じ半生ケーキというくくりであるため、チョコパイとカスタードケーキは姉妹品といえるでしょう。

同形態のふんわりブッセが無くなった今、二人きりの姉妹といったところか。

この箱入りカスタードケーキ、2000年初頭の内容量は28g×6袋でした。しかし2009年のリニューアル時に27g×6袋へと実質値上げ。たった1g、されど1g。

しかし2012年9月のリニューアルではクリームの増量が実施され27.5gへと微量ながら実質値下げを敢行し現在に至ります。

ロッテ カスタードケーキは2012年27gから27.5gへ

カスタードケーキといいチョコパイといい、確認できる範囲に限ると箱入りのものは実質値上げがほとんど行われていない良心的な商品なんですよね。ただしパーティーパックの減らしっぷりは容赦ないけどな。

カスタードケーキとチョコパイは姉妹品的な位置付けということもあり、「どっちが美味しいか?」という論争がたびたび繰り広げられているとかいないとか。

間違いなくどっちも美味しい。美味しいけど人気という点においてはチョコパイが上回っているのは確か。私自身「どっち食べる?」と問われれば、やはりチョコパイを選ぶだろう。チョコは偉大だわ。

“目方”という点においてもチョコパイが勝っている。この2つは同価格ながらチョコパイが1個31gなのに対し、カスタードケーキは27.5gだからね。せこいけど。

ただし、カロリーも当然チョコパイが勝る。カスタードケーキが1個125kcal、チョコパイは1個157kcal。1箱貪れば約200kcalもの差になりますよ。カスタードケーキにしろチョコパイにしろ1箱(6個)なんて一瞬で胃に収まるからな。

チョコパイの方が目方の面で優れるが、油断していると自分の目方まで増えるという罠。体重を気にする人はカスタードケーキにしとけ。

あわせて読みたい関連記事

カテゴリ一覧