カスタードケーキパーティーパック実質値上げ情報

カスタードケーキパーティーパックの実質値上げ情報
メーカー 株式会社ロッテ
商品名 カスタードケーキパーティーパック(旧袋)
内容量 27.5g×9個
参考小売価格 500円(税別)
原材料 全卵、砂糖、小麦粉、ショートニング、水あめ、植物油脂、乳糖、脱脂粉乳、乳等を主要原料とする食品(植物油脂、たんぱく質濃縮ホエイパウダー、乳糖、脱脂粉乳、乳たんぱく、卵黄、還元水あめ)、洋酒、還元水あめ、卵黄、全粉乳、でん粉、食塩、乳清たんぱく、ココアバター、乳たんぱく、乳清ミネラル、寒天/ソルビトール、乳化剤(大豆由来)、グリセリン、酒精、増粘剤(加工でん粉、カラギーナン)、香料、着色料(クチナシ、パプリカ色素)
栄養成分
1個(27.5g)
エネルギー 125kcal
たんぱく質 1.5g
脂質 6.8g
炭水化物 14.6g
食塩相当量 0.091g
発売日 1988年4月

価格・内容量推移
年月日 内容量 参考小売価格(税別)
1987年~ 10個 500円
2000年時点 28g×11個 500円
2006年8月~ 28g×10個 500円
2008年8月~ 28g×9個 500円
2009年4月~ 27g×9個 500円
2012年9月~ 27.5g×9個 500円

値上げ理由・建前
タイミング 公表内容
11袋→10袋 なし
10袋→9袋 なし
28g→27g パッケージデザインを一新、クリームのなめらかさをさらに際立たせました。
27g→27.5g クリームを増量し、すっきりとした甘さになり、さらにおいしくなった。

参考サイト
公式サイト 株式会社ロッテ
2000年 11個入 ロッテ 商品紹介
2006年 10個入 ロッテ 商品カタログ
2008年 9個入に実質値上げ ロッテ 商品カタログ

カスタードケーキパーティーパックの値上げ解説

ロッテ カスタードケーキの大袋版であるパーティーパックは、標準の6個箱入りのものと違いがっつりステルス値上げ(実質値上げ)しているのが特徴。

カスタードケーキパーティーパックが実質値上げを行うタイミングは、姉妹品といえるであろうチョコパイと同時。「チョコパイのパーティーパック、数が減ったな~」と感じている人はカスタードケーキにも同様の感想を抱くだろう。

カスタードケーキのパーティーパックが登場したのは、箱入り発売から約1年半が経過した1988年。当時は10個入500円でした。…つまり発売時からすでに2か所底上げされていたということだな。

その後10個+1個の計11個に。「+1個」というあたりに期間限定の増量という雰囲気が漂っているものの、これは数年に渡って続くことに。少なくとも2000年から2006年まではこの状況。

しかし2006年になって+1個がなくなり10個入りへ。「+1個」がおまけだったと考えればこの減量は必ずしも実質値上げとは言えないものの、私達消費者の心理としては実質値上げ以外の何ものでもない。

そして2008年には現在まで続く9個入に。ひとつひとつが大きい商品だけに1個の減量が痛いことこの上ないな。

一方で1個1個の量(重さ)はほとんど変わっていない。このあたりは箱入りと同じですね。ただ、箱入りは数を減らされることがなかったから「良心的」といえたものの、パーティーパックはしっかりがっつり減ってるからね。

そもそもパーティーパックだけ減らすってのはどういう事なんだ? 中のカスタードケーキ自体は箱入りもパーティーパックも変わらないのだから、「+1個」の廃止は仕方ないにしても10個は維持してもよかったんじゃ…

実際、想定小売価格で見れば6個箱入りが300円で1個あたりの単価は50円。パーティーパックの想定小売価格は500円なので、10個入りなら箱入りと同様に50円になるため「お得」とは言えないが整合性は保たれる。

しかし現実は9個。パーティーパックの方が割高の状態が続いています。

まあ、ロッテのシェアパックやパーティーパックは総じて標準的な商品より割高なんだけどね。コアラのマーチとかパイの実とか。

カスタードケーキパーティーパックの恐ろしいところは、1個1個がたいした大きさでないため、油断すると1人であっという間に食べきってしまう点。何も考えず食べていると「げっ、もうない」となること必至。

その点はチョコパイも同様だが、食感が軽いカスタードケーキは本当に一瞬で消え去る。1口ガブっと食べて、横から2口目、そして最後に大きめに残ったやつを口に放り込んでフィニッシュですよ。3口で125kcalなり。

パーティーパック1袋で1,125kcal。男性の1日のカロリーの半分、女性なら3分の2弱といったところ。こんなもん日常的に食べていたらデブまっしぐらなのは言うまでもない。

そういった点においては数を減らしてデブ化を抑制してくれている実質値上げに感謝すべき…なのか?

あわせて読みたい関連記事

カテゴリ一覧