ガーナミルクエクセレントの実質値上げ情報

ガーナミルクエクセレントの値上げ・実質値上げ情報
メーカー 株式会社ロッテ
商品名 ガーナミルクエクセレント
発売日 1999年秋

ガーナミルクエクセレント
年月日 内容量 参考小売価格(税別)
1999年~ 170g 300円
2006年9月~ 134g 300円
2018年9月~ 119g 300円

参考サイト
公式サイト 株式会社ロッテ
2001年 170g 300円 ロッテ 商品紹介
2006年9月 134gへ実質値上げ ロッテ 商品カタログ

ガーナミルクエクセレントの値上げ解説

ガーナミルクチョコレートの大容量版ともいえる商品が「ガーナミルクエクセレント」です。明治にも「ミルクチョコレートBOX」という、同じような商品がありますよね。…どっちがパクったのかは知らないが。

ガーナミルクエクセレントが登場したのは1999年。今でこそ明治のミルクチョコレートBOXと同じ食べやすいサイズのチョコレートが26枚入りとなっていますが、当時は長いスティック状のチョコ15枚入りで内容量は170gでした。

同時期の明治ミルクチョコレートBOXが130~140gだったことを考えると、かなり良心的な商品だったことが分かります。そう、当時はな。

変化が訪れたのは2006年。これまで170gだった内容量を一気に134gにまで減らしたのです。その時に1枚の大きさも明治のミルクチョコレートBOXに倣い小型化し28枚入りに。内容量の減少率は約21%、だめだこりゃ。

その後は10年以上にわたって値上げやステルス値上げは行われませんでしたが、2018年になって価格を据え置いたまま119gへと実質値上げ。とうとう明治のミルクチョコレートBOX(120g)より少なくなっちゃったよ。

ちなみに、134gの時は1枚4.8gの28枚入り、119gへの実質値上げで1枚4.6g26枚入りになっている。

ガーナミルクエクセレント 4.8g28枚入りから4.6g26枚入りへ

ロッテのガーナというブランドは森永や明治のチョコレートに比べ40~50年ほど新しいため、発売後しばらくは量を多めにしてその差を補っていたものの、人気が出るにしたがって態度がでかくなってきた…といったところか。

ブレイクした芸能人によくある“天狗”ってやつね。

参考小売価格と内容量だけで比較するなら、板チョコのガーナミルクチョコレートが50g110円…つまり1gあたり2.2円。一方でガーナミルクエクセレントは119g300円だから、1gあたり2.5円。

一般的に容量が多い方が単価が下がるイメージがあるが、ガーナに関しては真逆。ガーナミルクエクセレントを「大容量でお得なガーナ」と勘違いしないように。これは明治のミルクチョコレートBOXにも言えることだが。

ただし、スーパーやディスカウントストアなどでの実売価格になるとちょっと事情が異なる印象。複数の店舗で価格を見てみると、板チョコガーナが88~99円程度で売られている一方、ミルクエクセレントは198~248円くらい。

ミルクエクセレントが198円であれば1gあたり1.66円となり、88円の板チョコガーナの1.76円より安くなる計算。ただ、板チョコガーナはたまに68円くらいで売られることもあるため、その時は迷わず板チョコで。

元々は良心的な内容量だったガーナミルクエクセレント。しかし豪快なステルス値上げにより現在は割高なチョコレートに成り下がってしまった。まあ、味は主要な大手チョコの中でも屈指なのは確かだが。

大袋のチョコレートに比べても明らかに割高なので、「会社内で複数人に配る」「ちょっとおしゃれ感のあるチョコを食べたい」などの理由がない限りわざわざこれを買う理由はないなぁ…

あわせて読みたい関連記事

カテゴリ一覧