コアラのマーチ シェアパックの実質値上げ情報

コアラのマーチ シェアパックの実質値上げ情報
メーカー 株式会社ロッテ
商品名 コアラのマーチ シェアパック(旧ファミリーパック・パーティーパック)
内容量 12g×10袋
参考小売価格 313円(税別)
原材料 砂糖、小麦粉、植物油脂、カカオマス、でん粉、ショートニング、乳糖、全粉乳、全卵、ホエイパウダー、脱脂粉乳、クリームパウダー、食塩、ココアパウダー、ココアバター/膨張剤、カラメル色素、乳化剤(大豆由来)、香料
栄養成分
1袋(12g)
エネルギー 64kcal
たんぱく質 0.6g
脂質 3.5g
炭水化物 7.5g
食塩相当量 0.07g
発売日 1990年代

価格・内容量推移
年月日 内容量 参考小売価格(税別)
2001年2月時点 27g?×10袋 500円
2006年~ 15g×12袋 オープン価格
2010年8月~ 13g×12袋 オープン価格
2014年8月~ 12g×10袋 313円

参考サイト
公式サイト 株式会社ロッテ
四国限定ファミリーパック 27g×10袋 SSブログ
2006年 15g×12袋 形部商事株式会社
2010年 13g×12袋 amazon
2014年 12g×10袋へ実質値上げ 食@新製品

コアラのマーチ シェアパックの値上げ解説

パイの実などと同様に、一般的な大きさの商品に比べ大容量となる大袋が存在するコアラのマーチ。現在の名称は「シェアパック」で内容量は12gの小袋10袋計120g。メーカーが想定する参考小売価格は313円となっています。

しかしこのコアラのマーチの大袋、昔…といっても20年ほど前までは今では考えられないほどいっぱい入っていた事実が。

2000年頃、大袋版の商品名がまだ「ファミリーパック」だった時の内容量は現在と同じ“10袋入り”しかし1袋に入っていた量は27gと現在の倍以上だったようです。

「だったようです」という微妙な表現になっているのは、当時のベーシックなファミリーパックのグラム数を確認できる資料が見当たらなかったから。

ただ、同時期に販売されていた中国・四国限定のコアラのマーチファミリーパックが27g×10袋だったのは間違いありません。つまり内容量270g。

コアラのマーチ ファミリーパックの内容量

素のファミリーパックが500円、中国・四国限定が600円と価格が異なるため「絶対」とは言い切れないものの、四国限定はお土産という点、パッケージデザインやコアラの絵柄が専用のものという点から100円高かったのではないかと。

実際この頃、現在133g入りとなっているパイの実大袋が290gでしたからね。現在120gのコアラのマーチ大袋がこの時270gだったというのは説得力があるでしょう。

しかし2006年から名称が「パーティーパック」に変わり内容量も大きく減らされることに。確認できる限りでのパーティーパックの内容量は15g×12袋の計180g。

しかしパイの実のパーティーパックが250g→235g→205gと実質値上げされたことを鑑みるに、コアラのマーチのパーティーパックももっと入っていた時期があり、徐々に実質値上げされる過程で15g×12袋の時期があったのだと推測される。

ちょっと怪しげな中国通販サイトには「234g」の文字があるが…さすがにこれをソースとするには厳しい。ただコアラのマーチのパーティーパックに200g以上入っていた時期があったのは間違いないでしょう。

2010年には現在の「シェアパック」の商品名になり、内容量は13g×12袋の計156gに。そして2014年、さらに実質値上げされ12g×10袋の計120gになって今に至ると。

シェア? ふざけんな! 120gなど一人で瞬殺できるぞ。他人に分け与える余裕などあるものか。私には金銭的余裕はおろか心の余裕すらないのだ。恵まれない子供がウルウルしながらこっちを見ていても一人で食い尽くす!(クズ)

ちなみに価格はファミリーパック時が希望小売価格500円。スーパーなどで298~348円くらいで買えた記憶が。

パーティーパックになってオープン価格になったため詳しい価格設定は闇の中だが、実売価格も徐々に下がっていったと推測されます。ロッテが示す現在の参考小売価格は313円だしね。実売価格は198~278円くらい。

約15年で内容量が半分以下になった一方で実売価格は2~3割安くなった程度。実質値上げも甚だしい。

そもそも一般的なコアラのマーチが50g入100円であることを考えると、大袋が120g313円っておかしくないか?

安い店や特売だと50gのコアラのマーチが68円くらいで買えるのだから、シェアパックに量的・価格的メリットは一切ない。不特定多数の人間が食べることを想定した、事業所やオフィスなどの置き菓子が主な購入動機になるか。

最後に、散々量を減らしてきたコアラのマーチシェアパックだが、内容量減に対しニュースリリースなどでの公式な発表は一切ない。まあ仮にあったとしてもお決まりの「原材料価格や輸送費・人件費の高騰」なんだろからどうでもいいけど。

あわせて読みたい関連記事

カテゴリ一覧