ノンシュガーチョコレート「ゼロ」の値上げ情報

ノンシュガーチョコレート「ゼロ」の値上げ情報
メーカー 株式会社ロッテ
商品名 ZERO(ゼロ)
内容量 50g(5本入)
参考小売価格 220円(税別)
原材料 カカオマス、マルチトール、乳等を主要原料とする食品(食物繊維、バター、分離乳たんぱく)、植物油脂、ラクチトール、ココアバター、ミルクペースト、食塩、カカオエキス、大豆胚芽エキス/乳化剤、香料、甘味料(アスパルテーム、L-フェニルアラニン化合物、スクラロース)、ビタミンP
栄養成分
1本(10g)
エネルギー 48kcal
たんぱく質 0.8g
脂質 4.0g
炭水化物 5.0g
食塩相当量 0.012g
発売日 1996年2月

価格・内容量推移
年月日 内容量 参考小売価格(税別)
2000年時点 56g 200円
2001年9月~ 46g 150円
2007年5月~ 50g 189円
2015年9月~ 50g 220円

値上げ理由・建前
タイミング 公表内容
56g→46g
200円→150円
隠し味にナッツペーストを入れ自然なコクとおいしさをだした。
46g→50g
150円→189円
脱乳糖粉乳使用量を増やしマイルドな美味しさに仕上げた。
189円→220円 独自技術の新製法でチョコレートのコクと味の厚みを引き出すことに成功。

参考サイト
公式サイト 株式会社ロッテ
2000年 56g 200円 ロッテ 商品紹介
2001年 46g 150円 日本食糧新聞
2007年 50g 189円 ロッテニュースリリース
2015年 220円に値上げ 日本食糧新聞

ノンシュガーチョコレート「ゼロ」の値上げ解説

砂糖ゼロ、糖類ゼロが謳い文句の画期的なチョコレート、ロッテ「ゼロ」。ダイエット中の人や健康志向の人にとっては魅力的な商品なのかもしれません。

砂糖や糖類を使用せず美味しいチョコレートに仕上げるためロッテの独自技術が使われているとあって、他のチョコレートに比べ価格はお高め。発売当初内容量56gに対し価格は税抜200円だからね。

当時のガーナが50g100円だったため単純に2倍近い価格ということに。

そんなちょっとお高めのゼロ、2001年になって内容量を46g(4本入)へと減らす一方で価格を税抜150円に値下げしました。内容量の減少率より値下げ率の方が大きいため実質値下げといえるでしょう。

というのもこの時期、カカオ豆が歴史的低価格だったこともあり、ロッテに限らず多くの菓子メーカーでチョコレート菓子の実質値下げを敢行。同時期のロッテガーナも50g100円から一気に75g100円へと実質値下げされている。

しかし2007年になるとカカオ豆の高騰などを理由に値上げした他のチョコレート菓子同様ゼロも値上げに踏み切ります。従来の内容慮46gから50gへと4g増やしたものの、価格は税抜150円から一気に189円(税込198円)へ。

また、同じく多くのチョコレート菓子が値上げされた2015年にもゼロは同調の動きを見せ、税抜220円へと値上げされています。

ちなみに、ここでは189円から一気に220円に値上げされたような記載になっているが、オープン価格によりロッテが積極的に参考小売価格を提示していなかったためにそう見えるだけ。

実際は商品卸売価格や内内での想定価格など、見えない部分での値上げはあったと考えるべき。

それでも2000年頃に50g200円だったものが現在56g220円なのですから、紆余曲折はあったものの結果的にはほとんど値上げされていない。まあ元々が高い商品だからなのかもしれないが。

にしてもこの商品、消費者を馬鹿にしたようなエセ健康志向お菓子の典型だな。なんだ「砂糖ゼロ・糖類ゼロ」って。

確かに糖類…単糖類や二糖類の砂糖やブドウ糖、乳糖といったものは使われていない。だからといって糖質がゼロか…というと決してそんなことはない。1本10gあたり3.9gも糖質が含まれている。カロリーは10gで48kcalだ。

例えばオーソドックスな明治のミルクチョコに加え、明治のチョコレート効果CACAO72%や森永製菓のカレ・ド・ショコラCacao70と比べてみよう。すべてゼロと同じ1本10gあたりに換算して表記しています。

商品名 糖質量 カロリー 1gあたりの単価
ゼロ 3.9g 48kcal 3.93円
明治ミルクチョコ 5.18g 56kcal 2.2円
チョコレート効果72% 3.2g 56kcal 2.93円
カレ・ド・ショコラ70 3.74g 58kcal 3.27円

このようにロッテのゼロは糖類こそ使用していないものの糖質量は決して少なくない。カロリーに関しても他の主要なチョコレートに対し10gあたり10kcal弱少ない程度。にもかかわらず価格は明らかに高いし味も決して褒められたものでない

それもそのはず、「砂糖と比べると違和感がある」と言われる人工甘味料や、何となく不信感が拭えない「乳等を主要原料とする食品」を使用しているのですから。普通のチョコレートに比べ原材料が多すぎるのだ。

なんというか…砂糖などの糖類を使わずにチョコレート“っぽい”ものに仕上げるため、色々と加えてこねくり回している印象。その複雑怪奇な味はチョコレート好きからすると違和感が先立つ。

そもそもチョコレートの原料であるカカオというのはカカオバターなど油分も多いためかなりの高カロリー。仮に砂糖を使わなくてもそれなりのカロリーになってしまう。どうあってもチョコレートはダイエットの敵なのです。

それでもロッテのゼロが「糖質ゼロ」であるなら糖質制限ダイエットなどに活用できるかもしれないが、砂糖や乳糖などの糖類を使用していないだけで糖質はチョコレート効果やカレ・ド・ショコラより多い始末。

それでいてチョコレート効果70%はおろか、上質な味わいと高めの価格設定が特徴的なカレ・ド・ショコラよりコストパフォーマンスが低いときている。ハッキリ言ってしまえばゼロの存在価値が分からない。

“砂糖ゼロ・糖類ゼロ”という言葉から、健康的かつダイエットに役立ちそうな印象を消費者に抱かせる手法なのだろう。もちろん完全なるミスリードだけどな。

まあ、「金に糸目は付けず1箱あたり40~50kcal程度でも摂取カロリーを減らしたい」というのであればゼロ購入を止めはしないが…

あえてゼロの良いところを挙げるとするならば、GI値が高い砂糖やブドウ糖などを使用していないことで血糖値の上昇を緩やかにできる…かもしれない点か。

とはいえカカオにはそれなりに食物繊維が含まれるため、チョコレート効果など高カカオチョコレートはゼロと同程度の食物繊維を含み、そもそものGI値はそれほど高くない。というかかなり低め。

私自身摂取カロリーはかなり気にしている一方、添加物や人工甘味料には特段悪い印象はない。こういったものに過剰反応する人はある種何かに取り憑かれているんだろうなと感じるくらいですからね。

ただ、ロッテのゼロは健康的っぽい、ダイエットに役立ちそうなイメージを与えつつ、その実カロリーも糖質も低くはなく、また一般的にあまり良い印象を持たれていない人工甘味料をガッツリ使っている。ハッキリ言って方向性が見えない。

なんなの、この中途半端な商品。値上げや内容量減うんぬん以前の問題として、消費者を舐めきっている印象。それでもこの商品を積極的に購入する人が一定数いるんだよね。「なんとなく良さそう」っていう理由で。

無知って恐ろしいな。

あわせて読みたい関連記事

カテゴリ一覧