クランキーポップジョイのステルス値上げ情報

クランキーポップジョイの実質値上げ情報
メーカー 株式会社ロッテ
商品名 クランキーポップジョイ
内容量 44g
参考小売価格 100円(税別)
原材料 砂糖、全粉乳、カカオマス、植物油脂、モルトパフ(小麦粉、でん粉、モルトエキス、食塩)、ココアバター、乳糖、水あめ/乳化剤(大豆由来)、光沢剤、トレハロース、膨張剤、増粘剤(アラビアガム)、香料、カラメル色素
栄養成分
1袋(44g)
エネルギー 249kcal
たんぱく質 3.0g
脂質 15.4g
炭水化物 24.5g
食塩相当量 0.12g
発売日 2000年頃?

価格・内容量の推移
年月日 内容量 参考小売価格(税別)
2001年時点 47g 100円
2008年4月~ 44g 100円

参考サイト
公式サイト 株式会社ロッテ
2001年 47g100円 ロッテ 商品紹介
2008年 44gに実質値上げ 日本食糧新聞

クランキーポップジョイの値上げ解説

コンビニエンスストア・駅売店限定のクランキー派生商品である「クランキーポップジョイ」。一口サイズで気軽に食べられるのが大きな特徴となっています。

本家の板チョコクランキーと同様に、値上げや内容量の減少は最小限に抑えられており、発売時に47gだった内容量が2008年に44gへと実質値上げされた程度。価格も発売以来から税抜100円を貫いている。

ん、ちょっと待てよ。クランキーポップジョイは内容量44gで参考小売価格は100円。対する板チョコクランキーは内容量45gに対し参考小売価格は110円。

ということは、ベーシックなクランキーよりクランキーポップジョイの方がコストパフォーマンスに優れることになるんじゃない? 板チョコクランキーが2015年に100円から110円へと値上げされたことによる逆転現象か?

内容量と参考小売価格だけを見れば確かにクランキーポップジョイの方がお得。しかしそれはどちらもコンビニなど定価販売が基本の店で買う場合に限ります。

前述したとおりクランキーポップジョイはコンビニ・駅売店専売。つまり参考小売価格である100円で買うことに。一方の板チョコクランキーは割引販売が基本のスーパーやディスカウントストアで購入できるため、場合によっては68円とかで買える。

このあたりの流通経路の違いが、板チョコクランキーが値上げされたのに対しクランキーポップジョイが据え置かれた理由なのかも。そんなこともあり、ポップジョイしか置いていないコンビニも多いしね。

クランキーポップジョイは値上げや内容量減が最小限に抑えられているとはいえ、定価販売のコンビニや駅売店でしか買えない以上コストパフォーマンスは極めて悪いと言わざるを得ない。

チョコレート菓子としての味や食べやすさはなかなかのものだけに惜しいと感じる。

あわせて読みたい関連記事

カテゴリ一覧