いちごつみの値上げ情報

いちごつみの値上げ情報
メーカー 株式会社ロッテ
商品名 いちごつみ
内容量 11g(3本入)
参考小売価格 60円(税別)
原材料 砂糖、植物油脂、乳糖、全粉乳、カカオマス、ココアバター、れん乳パウダー、ストロベリーパウダー/乳化剤(大豆由来)、アカビート色素、香料
栄養成分
1本(3.8g)
エネルギー 21kcal
たんぱく質 0.2g
脂質 1.3g
炭水化物 2.2g
食塩相当量 0.005g
発売日 1977年

価格・内容量推移
年月日 内容量 参考小売価格(税別)
2001年2月時点 3本 50円
2008年7月~ 3本 60円

値上げ理由・建前
タイミング 公表内容
50円→60円 新キャラクター「チーくん」登場。シールの裏面を使用して絵本のように楽しめる企画付き。

参考サイト
公式サイト 株式会社ロッテ
2001年 50円 ロッテ 商品紹介
2008年 60円の記載 杏月のおいしい話

いちごつみの値上げ解説

ロッテの「いちごつみ」…大人になってから購入する動機として、子供に買い与えるという目的以外にあまり思いつかない同商品。自分で食べるために買う人はほとんどいないだろう。

それもそのはず、子供に食べさせる、分け与えるという観点であれば、可愛らしい見た目と3本入という本数は都合がいいものの、内容量11gに対して60円はあまりにも高い。いちごチョコを食べたいのであれば別の商品を買うでしょう。

確認できる範囲では、2008年の初めごろまでいちごつみは税別50円でした。しかし2008年に60円に値上げされ現在に至っています。その際にすでに1本3.8g、計11g入りであったことを確認しています。つまり10年以上規格は変わっていないと。

シールが付いていたり1個1個にプラスチックの棒が刺さっていたりと、通常のチョコレート菓子に比べコストがかかっているのは間違いないだろうが、チョコレートの量自体は極めて少ないからね。規格変更する余地も少ないか。

にしてもこの手のプラスチックの棒が刺さった2色チョコ、子供の頃には確かに口にしていた記憶がある。この「いちごつみ」もそうだし、グリコの「ペロティ」「ペロタン」なんかもそう。

グリコのペロタン

こういった棒付きのチョコはホワイトチョコレートorストロベリーチョコレートとミルクチョコレートの2層仕立てがお決まりの仕様らしい。しかし今の今まで商品名は知らなかった事実が。

「ペロペロチョコ」とか言っていた記憶が? なんかエロいな。好きな子が食べていたペロペロチョコの棒を狙うとかホントやめろよ変態ども。

元々が割高ということもあり値上げは最小限に抑えられているいちごつみ。とはいえ大人になった今、小学生低学年以下の子供でもいない限り買うことも口にすることもないんだろうなぁ…

あえて購入して食べてみることで思い出を手繰り寄せるのも一興か。

まあ、私はそんな高尚な趣味や金銭的余裕など持ち合わせていないので、いちごチョコを食べたいなら素直に明治のストロベリーチョコレートあたりを買うけどな。

あわせて読みたい関連記事

カテゴリ一覧