アーモンドチョコレートシェアパックの値上げ情報

ロッテ アーモンドチョコレートシェアパックの実質値上げ情報
メーカー 株式会社ロッテ
商品名 アーモンドチョコレートシェアパック(旧ファミリーパック)
内容量 117g(6袋入)
参考小売価格 オープン価格
原材料 砂糖、アーモンド、全粉乳、カカオマス、植物油脂、ココアバター、乳糖/光沢剤、乳化剤(大豆由来)、香料
栄養成分
1袋(19.5g)
エネルギー 112kcal
たんぱく質 2.0g
脂質 7.4g
炭水化物 9.1g
食塩相当量 0.02g
発売日 2002年頃?

価格・内容量推移
年月日 内容量 参考小売価格(税別)
2002年時点~ 243g 500円
2006年中頃 販売終了?
2011年8月~ 189g オープン価格
2014年8月~ 141g オープン価格
2019年7月~ 117g オープン価格

値上げ理由・建前
タイミング 公表内容
189g→141g なし
141g→117g なし

参考サイト
公式サイト 株式会社ロッテ
2002年 243g 500円 ロッテ 商品紹介
2011年 シェアパック 189g 食@新製品
2014年 141gへ実質値上げ amazon
2019年 117gへ実質値上げ amazon

アーモンドチョコレートシェアパックの値上げ解説

チョコレート菓子の多くには大袋が存在します。ロッテであればパイの実やコアラのマーチ、ガーナ&クランキーチョコレートなど様々な製品に大袋が設定されている。

しかし大袋を「お徳用」と勘違いすることなかれ。どの大袋も100~150円ほどのベーシックな箱入り商品より割高であり、ロッテアーモンドチョコレートの大袋も例外ではありません。

過去のロッテの公式サイトからアーモンドチョコレートの大袋が確認できるのは2001年末。この時は他の大袋同様「ファミリーパック」の商品名で売られており、内容量243gに対しメーカー希望小売価格は500円でした。

ただね、2002年1月に素の箱入りアーモンドチョコレートが従来の108gから130gへと大増量しつつ価格を200円に据え置いたため、243g500円のファミリーパックはどう考えても割高。箱入りを2個買えば260g400円だからね。

そんな背景もあってか、ロッテアーモンドチョコレートのファミリーパックは2006年の中頃に姿を消します。パイの実やコアラのマーチが内容量を減らしつつ「パーティーパック」に鞍替えしたのとは対照的。

ロッテアーモンドチョコレートの大袋が復活したのは2011年。「シェアパック」と名を変えたそれの内容量は189gになっていました。価格はオープン価格であるため具体的な価格は分からず。

当時の箱入りアーモンドチョコレートが98g200円であったことを考えると、189gのシェアパックの参考小売価格はファミリーパック同様500円であったと推測されます。

その後2014年には価格を据え置いたまま141gへ実質値上げ。同時期に箱入りが86gに減っているため、これに合わせた実質値上げと見ていいでしょう。

そして2019年には117gへ。相も変わらずオープン価格であるため詳細な価格設定は分からないが、スーパーやディスカウントストアなどの実売価格を見ると198~298円くらいか。

となると参考小売価格はコアラのマーチ シェアパックやパイの実 シェアパック同様313円なのかなと。ネット販売を行う店を見ると「定価税別500円」という表記も散見されるが、117gで500円ということはさすがに考えづらい。

仮にロッテが想定する参考小売価格が313円として、グラムあたりの単価は約2.68円。箱入りのアーモンドチョコレート(86g220円)が約2.56円であるため、やはり大袋の方が割高ということになる。

他のシェアパック同様、不特定多数の人間に配る場合、会社の置き菓子として活用するのが主な目的か。一人もしくは家族で食べるならシェアパックではなく箱入りのアーモンドチョコレートを買った方がお得。

「一度に多く買えば買うほど単価は安くなる」というスケールメリットの常識を無視したロッテの大袋、意味が分からない。まあ、チョコレート菓子に関してはロッテに限らず他のメーカーも同様の設定が多いんだけどね。

ちなみに、ロッテ アーモンドチョコレートシェアパックに入っている数は5粒×6袋。100粒は入りそうな大袋に実際に入っているのはたったの30粒。

よくよく考えたら、箱入りアーモンドチョコレートは何度も実質値上げされた今でこそ21粒86gで220円だが、2008年まで36粒130g入で200円だったのよね。それより少ない大袋って…

何度も実施された実質値上げや値上げによりファミリーパック時代から半減したロッテ アーモンドチョコレートシェアパック。もしかしたらシェアパックの“シェア”ってメーカーと消費者が内容量を分けあうって意味なのか?

あわせて読みたい関連記事

カテゴリ一覧