アルフォートのステルス値上げ情報

アルフォートのステルス値上げ情報
メーカー 株式会社ブルボン
商品名 アルフォート
内容量 10.1g×10枚(101g)
参考小売価格 150円(税別)
原材料 小麦粉、砂糖、全粉乳、カカオマス、ショートニング、ココアバター、植物油脂、小麦全粒粉、小麦ふすま、食塩、小麦胚芽/膨脹剤、乳化剤(大豆由来)、香料
栄養成分
1枚(10.1g)
エネルギー 52kcal
たんぱく質 0.8g
脂質 2.8g
炭水化物 6.2g
食塩相当量 0.07g
発売日 1994年

価格・内容量推移
年月日 内容量 参考小売価格(税別)
1994年~ 13枚 200円
~2007年11月 11.3g×13枚
(146.9g)
200円
2007年11月~ 11.3g×12枚
(135.6g)
200円
2008年7月~ 10.1g×11枚
(111.1g)
200円
2019年9月~ 10.1g×10枚
(101g)
200円

値上げ理由・建前
タイミング 公表内容
13枚→12枚 リニューアル
11.3g→10.1g
12枚→11枚
原油価格の高騰や国際的需給バランスの変化などによる諸原材料価格の高騰に対処するため。
11枚→10枚 各種原材料や燃料費、運送費などの値上がりが続き、自助努力のみのコスト吸収が困難であるとの判断に至ったため。

参考サイト
公式サイト 株式会社ブルボン
~2007年 11.3g×13枚 おやつ村工房
2007年 12枚に実質値上げ 食@新製品
2008年 10.1g×11枚 日本食糧新聞
2019年 10枚に実質値上げ ブルボン ニュースリリース

アルフォートの値上げ解説

ブルボンの「アルフォート」といえば、板チョコサイズの箱に入った「アルフォート ミニチョコレート」を思い浮かべる人も多いかもしれませんが、本来アルフォート200円の袋入りが元祖。

ちなみに1994年に発売されたアルフォートがこれ。

1994年発売時のアルフォート

見ての通り「13枚入」の文字が確認できますよね。

そう、最もベーシックである200円の袋入りアルフォートは元々13枚入だったのです。そしてその枚数は2007年まで継続され、この時の1枚当たりの重量は11.3gだったので、計146.9gということになります。なかなかボリューミー。

しかし2007年のリニューアルにより枚数は1枚減らされ12枚へと実質値上げ。そして2008年にはさらに1枚減らして11枚に値上げしています。

明確な時期は確認できなかったものの、12枚もしくは11枚に減らされた段階で、1枚当たりの重量もそれまでの11.3gから10.1gに減らしています。枚数と1枚当たりの重量をダブルで減らすブルボンの鬼畜っぷりが見て取れる。

アルフォートは小さくなった

そして2019年にはさらに1枚減らし10枚入に。2007年まで146.9gも入っていたアルフォートは、約12年で101gにまで減ってしまい、その減少率は約31%に及ぶ。もちろん価格は据え置きの典型的なステルス値上げ。

余談ですが、アルフォートの商品ラインナップは、ここで取り上げている参考小売価格200円の「アルフォート」、100円の「アルフォート ミニチョコレート」、350円の「アルフォートFS(ファミリーサイズ)」の3種。

で、この中でどれがコスパに優れるかというと…

200円のアルフォートの内容量は101g…1g当たりの価格は1.98円、100円で59gのアルフォート ミニチョコレートは1g当たり1.69円、350円で199gのアルフォートFSは1.76円…つまりアルフォートミニが最も安いことに。

しかもアルフォート ミニチョコレートはどの小売店でも陳列されている定番商品であり、加えて値引きも積極的に行われているため、実売価格は安くて60~90円ほど。68円くらいで売られていることも多いためお得感はピカイチ。

…箱入りエリーゼなどを見ても分かるように、普通はレギュラーサイズが最もコストパフォーマンスに優れる場合が多いんだけどね…アルフォートに関してはレギュラーサイズが最も割高という謎仕様。

ま、元々はこの200円のアルフォートで始まった商品とはいえ、現在はミニチョコレートが主力ですし、通常サイズのアルフォートはFS(ファミリーサイズ)の方が売れ筋。元祖アルフォートはもはや象徴でしかない印象。

なので、「小さいアルフォートをちまちま食ってられるかっ!」という価値観の持ち主で、かつブルボンにお布施をしたい奇特な体質の人以外は、アルフォート ミニチョコレートかアルフォートFSをおすすめする。

ブルボンの中でも屈指の人気を誇るアルフォート…しかしその元祖となる200円のアルフォートは、度重なるステルス値上げや商品展開、消費者志向の影響でずいぶんと影が薄くなってしまった悲しい商品と言えるのかもしれません。

あわせて読みたい関連記事

カテゴリ一覧