明治 ハイミルクチョコレートの値上げ情報

明治 ハイミルクチョコレートの値上げ情報
メーカー 明治
商品名 ハイミルクチョコレート
発売日 1962年1月

年月日 内容量・数量 参考小売価格
~2005年 50g 100円(税別)
2005年~ 65g 120円(税込)
2009年8月~ 58g 105円(税込)
2012年~ 55g 100円(税別)
2014年7月~ 50g 100円(税別)
2015年7月~ 50g 110円(税別)

年月日 参考サイト
2002年 50g時 2002年10月 明治公式サイト
2009年 65g→58g 明治公式サイト
2014年 55g→50g 日本経済新聞
2015年価格改定 明治公式サイト

明治 ハイミルクチョコレート値上げの解説

ミルクチョコレート、ブラックチョコレートと並び明治の看板商品であるハイミルクチョコレート。ミルクチョコレートよりさらにミルク感を強く押し出しているのが特徴となっています。

ハイミルクチョコレートはミルクチョコレートやブラックチョコレートと内容量や価格を揃えているため、価格はそのままに内容量を減らすシュリンクフレーション(実質値上げ)や価格改定もこれらとほぼ同時に行われています。

ただし、ハイミルクチョコレートはミルクチョコレートやブラックチョコレートが70gに増量された2003年以降も50gのままを保っていたという違いが。

その後2005年には65gに増量されるも2009年には58gまで減少。代わりに105円に値下げという措置を取っています。ここまではまあ良心的な対応。

しかし、その後はステルス値上げにより徐々に内容量を減らし、2015年には100円から110円へ10%の値上げを行っています。この時点ではじめて2003年より値上がりしたといってもいいでしょう。

スーパーでの実売価格は90円前後。内容量50gという点を鑑みるに決して安くはないですね。これよりコストパフォーマンスに優れるチョコレートはいくらでも存在する印象。というか存在する。

まあ“明治”というブランド価値も含まれているため、そこにこだわる人にとっては高くないのかもしれませんが、私は明治にこだわりはないので興味なし。

あわせて読みたい関連記事

カテゴリ一覧