ヴェルタースオリジナルの実質値上げ情報

森永 ヴェルタースオリジナルの実質値上げ情報
メーカー 森永製菓株式会社
商品名 ヴェルタースオリジナル<キャラメルキャンディ>
内容量 80g
参考小売価格 200円(税別)
原材料 砂糖、水あめ(小麦を含む)、生クリーム、濃縮ホエイ、バター、糖みつ、食塩、乳化剤(大豆由来)、香料
栄養成分
1粒(5.2g)
エネルギー 22kcal
たんぱく質 0g
脂質 0.44g
炭水化物 4.5g
ナトリウム 21mg
発売日 1969年(ドイツ)2000年(日本)

価格・内容量推移
年月日 内容量 参考小売価格(税別)
2000年11月~ 120g 200円
2006年10月~ 90g 200円
2016年4月~ 80g 200円

値上げ理由・建前
タイミング 公表内容
120g→90g なし
90g→80g なし

参考サイト
公式サイト 森永製菓株式会社
2006年10月まで120g200円 森永商品カタログ
2006年 90gへ大幅実質値上げ 森永商品カタログ
2016年 80gへ実質値上げ 森永商品カタログ

ヴェルタースオリジナルの値上げ解説

1969年にドイツのストーク社から発売され、現在は世界90カ国以上で販売されている「ヴェルタースオリジナル」。その中で最もベーシックなフレーバーを袋詰めした商品が「キャラメルキャンディ」になります。

日本では森永製菓が販売代理店となり2000年11月に九州地区で販売、2002年には首都圏へと広がっています。ジジイが子供の頃、ジジイに貰ったうんぬんというCMの存在も相まって昔からあるイメージだが、日本での歴史は思いのほか浅い。

そんなヴェルタースオリジナルが日本で発売された時の内容量は120g、価格は税抜200円でした。2004年に発売された明治のチェルシーミックスが108g200円だったことを考えると、そこそこ良心的だったことが伺えます。

しかしヴェルタースオリジナルの良心は2006年に砕け散ることに。なんとそれまでの120gの内容量を一気に90gへ減らしたのです。もちろん価格は据え置きでな。

その減少率は25%

これまで多くのメーカーにおいて様々な商品が値上げや実質値上げが行われていますが、一気に25%というのはなかなかお目にかかれない。どんなに厳しくても15~20%くらいに抑えるものだが…

豪快な実質値上げによって一気に割高感が台頭したヴェルタースオリジナル。その後2016年にもこっそりとステルス値上げを行い、その内容量は80gになり現在に至る。ちなみにチェルシー スカッチアソートは93g200円な。

このように何かと比較されがちなヴェルタースオリジナルと明治のチェルシー。それもそのはず、どちらもバタースカッチ系の似たような味だから。バターの風味漂うキャラメル味といった趣か。

どちらが好きかは好みが分かれるところ。

私は祖父から「特別な存在」としてヴェルタースオリジナルを貰ったことはなかったし、今後私が祖父になることもないのでチェルシーで十分な気もする。なんてったってチェルシーはママの味だからな。ジジイ味とは大違い。

…あれはチェルシーじゃなくてミルキーだったか。

あわせて読みたい関連記事

カテゴリ一覧