カレ・ド・ショコラ ベネズエラビターの値上げ情報

カレ・ド・ショコラ ベネズエラビターの値上げ情報
メーカー 森永製菓株式会社
商品名 カレ・ド・ショコラ ベネズエラビター
発売日 2003年9月

カレ・ド・ショコラ ベネズエラビター
年月日 内容量 参考小売価格(税別)
2003年9月~ 24枚(122g) 300円
2008年~ 21枚(107g) 300円
2014年7月~ 21枚(102g) 300円
2015年7月~ 21枚(102g) 330円

参考サイト
公式サイト 森永製菓株式会社
2004年11月 24枚(122g) 森永商品カタログ
2008年 21枚(107g)に実質値上げ 森永商品カタログ
2014年7月 102gに実質値上げ 森永商品カタログ
2015年7月 330円に値上げ 森永ニュースリリース

カレ・ド・ショコラ ベネズエラビターの値上げ解説

2003年のカレ・ド・ショコラ発売時からフレンチミルクと共にラインナップされている「ベネズエラビター」。ベネズエラのカカオ豆使用とか言われてもピンとこないが、なんとなく美味しそうなイメージ?

カレ・ド・ショコラ ベネズエラビターの内容量や価格は同ブランドのフレンチミルクと同じ。値上げや内容量減も同時に行われています。

具体的には、カレ・ド・ショコラ発売時は24枚(122g)の内容量に対し価格は税抜300円。その後2008年に21枚(107g)に実質値上げされ、2014年には枚数を維持しまま1枚1枚を小さくし102gに容量減。

そして2015年7月には、ダースや板チョコ、小枝など森永製菓の看板商品に混じって10%の値上げが実施されています。その結果税抜330円に。それでも高級チョコに比べればはるかに安いけどね。

このカレ・ド・ショコラ ベネズエラビター、2003年の発売時はフレンチミルクとの2種展開だったため、「甘いフレンチミルク、カカオが強めのベネズエラビター」という棲み分けができていた。

しかし、現在カレ・ド・ショコラシリーズで圧倒的な人気を誇る「カカオ70」が2005年に登場したことでカカオ分55%のベネズエラビターは中途半端な存在になってしまった感がある。

しかもカカオ70は一般的に価格高めとされる高カカオ商品ながら、フレンチミルクやベネズエラビターと同価格で、内容量も101gとたった1gしか違わない。なら多くの消費者はお得感があるカカオ70を買うよねぇ…

値上げされたとはいえ高級チョコレートに比べればはるかに安いし、味も遜色ないカレ・ド・ショコラ。その中においてもベネズエラビターは苦すぎず甘すぎずの絶妙なポジションにあるという考え方もできます。

私自身チョコレートは高カカオの商品ばかり手に取るが、たまにミルクチョコとか食べると「甘くて美味しい!」と素直に感じることも。でも糖質が多くて体に悪そう。そんな時こそベネズエラビターの出番ですよ。

…いや、そもそもカレ・ド・ショコラなんて高いチョコ、貧乏人の私は買わないけどね。「こういった食べ方があるよ~」という提案ということで。

あわせて読みたい関連記事

カテゴリ一覧