亀田製菓 つまみ種 44gのステルス値上げ情報

亀田製菓 つまみ種 44gのステルス値上げ情報
メーカー 亀田製菓
商品名 つまみ種 44g
参考小売価格 100円(税別)
原材料 植物油脂、でん粉、うるち米粉、コーンフラワー、もち米粉、小麦粉、もち米、砂糖、うるち米、えだ豆、かたくちいわし、いかシート(いか、魚肉すり身、水あめ、その他)、えび、大豆、ピーナッツ、加工黒大豆、しょうゆ、食塩、寒梅粉、水あめ、はちみつ、いか、のり、あおさ、デキストリン、みりん、魚介エキス調味料、チキンエキス調味料、ぶどう糖果糖液糖、香辛料、ごま、植物性たん白、卵白粉末、粉末しょうゆ、たん白加水分解物/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、貝カルシウム、トレハロース、着色料(パプリカ色素、紅麹、カラメル)、乳化剤、膨脹剤、香料、香辛料抽出物、酸味料、(一部にえび・小麦・卵・落花生・いか・ごま・さば・大豆・鶏肉・ゼラチンを含む)
栄養成分
1袋(44g)
エネルギー 222kcal
たんぱく質 3.7g
脂質 10.6g
炭水化物 27.9g
食塩相当量 0.70g
発売日 1994年頃?

年月日 内容量・数量 参考小売価格
~2015年12月 50g 100円
2015年12月~ 48g 100円
2021年6月~ 44g 100円

値上げ理由・建前
タイミング 公表内容
50g→48g なし
48g→44g なし

年月日 参考サイト
公式サイト 亀田製菓株式会社
2015年 50g 100円 亀田製菓 商品情報
2015年 48gに実質値上げ 亀田製菓 商品情報
2021年 44gに実質値上げ 亀田製菓 商品情報

つまみ種 44gの値上げ解説

酒飲みの心を掴んで離さない亀田製菓の「つまみ種」。一般的には小袋が6パック入った「つまみ種 120g」の方が知られているものの、1袋44g入で希望小売価格100円の「つまみ種 44g」も根強い人気を誇っています。

「酒のつまみをコンビニで物色」という状況においては、つまみ種 44gの方が適しているとさえ思える。ちまちま食べる分には量もちょうどいいしね。

そんなつまみ種 44g、2015年までは50g入となっていました。しかし2015年末に48gに実質値上げされ、2021年には44gに減らされて現在に至る。一方、価格は税別100円のまま据え置かれています。

貧乏くさい私が気になるのは、「6パック入の120gと44g、どっちがお得なのか?」という点。というわけで、希望小売価格ベースで1グラム当たりの単価を計算してみましょうそうしましょう。

6パックの「つまみ種 120g」の希望小売価格は260円なので、1g当たりの単価は約2.17円。一方「つまみ種 44g」は2.27円…つまり6パック入の120gの方が若干ながらお得ということになります。

加えて、スーパーなどで両方の価格をチェックすると、44gより120gの方が割引率は高い傾向にある。そのため「6パックもいらねぇよ」という人でな限り、つまみ種 120gを買った方がコストパフォーマンスに優れると思っていいでしょう。

ただ、6パックもあるとついつい3袋、4袋と手が伸びがち。酒飲んで満腹中枢が麻痺した状態であれば尚更ですよ。こうして中年太りは作られると。

ちなみにこの「つまみ種」、どう読むかご存知ですか? ワタクシ、最初は脳内で「つまみしゅ」って読んでたわ。人前で口走る機会がなくて本当に良かった…

正解は「つまみだね」。パッケージにもルビが振ってあるんだけど、全く視界に入っていなかった。間違って覚えている人は気を付けようね。

あわせて読みたい関連記事

カテゴリ一覧