通のえだ豆のステルス値上げ情報

亀田製菓 通のえだ豆の値上げ情報
メーカー 亀田製菓
商品名 通のえだ豆

年月日 内容量・数量 参考小売価格
2008年~ 90g 200円(税別)
2010年~ 82g 200円(税別)
2013年頃? 76g 200円(税別)
2018年4月~ 70g 200円(税別)

亀田製菓 通のえだ豆のパッケージ推移

上図は登場時から現在までのおおまかなパッケージの推移。デザインが洗練されると共に内容量は確実に減少。過去の亀田製菓の公式サイトなどから読み取れる通のえだ豆の内容量推移の証拠も挙げておきます。

年月日 参考サイト
2008年 90g時 2008年亀田製菓の公式サイト
2010年 82g時 2010年亀田製菓の公式サイト
2013年 76g時 http://blog.livedoor.jp

亀田製菓 通のえだ豆値上げの解説

2008年の発売時には90gだった亀田製菓の通のえだ豆。しかしその後の度重なるステルス値上げによって82g→76gと順調に内容量を減らし、2018年4月にはとうとう70gに。10年で2割以上減ったことになる。

それでなくても通のえだ豆は素材にこだわった素材派チップスということで価格は約200円と決して安くない。にもかかわらずこのステルス値上げっぷり。

現在のパッケージには「内容量そのまま!」と書いている。“リニューアル前と比較して”という意味なのだろうが、発売時に比べ20gも減らしておいてよくそんな文言を載せられるものだ。この図々しさこそ成功の秘訣か。

70g200円では私のような貧乏人には手が出せない。まあ、こういったプレミアム感を演出している商品のターゲットに私のような内容量至上主義の貧乏人は含まれていないでしょうが。

とはいえ70g200円の高級菓子(?)がどれほどの味なのか興味はなくもない。誰か私に恵んではくれないだろうか?

あわせて読みたい関連記事

カテゴリ一覧