クラフト 100%パルメザンチーズの値上げ情報

クラフト スライスチーズの値上げ情報
メーカー 森永乳業株式会社
商品名 クラフト 100%パルメザンチーズ
内容量 126g(7枚)
希望小売価格 40g:275円(税別)
80g:530円(税別)
227g:1,220円(税別)
原材料 生乳、食塩
栄養成分
(1食5g当たり)
エネルギー 24kcal
たんぱく質 2.2g
脂質 1.6g
炭水化物 0~0.3g
食塩相当量 0.1~0.3g
発売日 1971年

クラフト 100%パルメザンチーズ 80g
年月日 内容量 希望小売価格
2001年時点 80g 370円
2007年9月~ 80g 390円
2008年3月~ 80g 430円
2008年9月~ 80g 460円
2015年4月~ 80g 490円
2022年4月~ 80g 530円

クラフト 100%パルメザンチーズ 40g
年月日 内容量 希望小売価格
2001年時点 40g 255円
2007年9月~ 40g 200円
2008年3月~ 40g 220円
2008年9月~ 40g 240円
2015年4月~ 40g 255円
2022年4月~ 40g 275円

クラフト 100%パルメザンチーズ 227g
年月日 内容量 希望小売価格
~2022年3月 227g 1,130円
2022年4月~ 227g 1,220円

値上げ理由・建前
タイミング 公表内容
370円→390円 不明
390円→430円 原料であるチーズ高騰のため2007年9月に価格改定を実施したが、前回を上回る外部環境の激変と、原料チーズを取り巻く一層の厳しい環境が今後も予想されることから。
430円→460円 世界的な乳製品の需要拡大や生乳生産量低下により輸入原料チーズなどの相場が著しく高騰の一途を辿り、また原油価格の高騰による資材価格やエネルギーコストの上昇が続いているため。
460円→490円 国内酪農経営は厳しい状態が続いており、国産の安全で安心な乳製品を安定的に供給していくため、原料となる生乳取引価格を引き上げることで合意。これら要因により企業努力によるコスト吸収が限界に。
490円→530円 中国をはじめとする世界的な乳製品の需要拡大による原料チーズの価格高騰に加え、原油価格の高騰による包装資材、物流コストの上昇により、企業努力のみのコスト吸収が限界を超えたため。

参考サイト
公式サイト 森永乳業株式会社
2001年 80g 370円 森永乳業 商品紹介
2007年 80g 390円 日本食糧新聞
2008年 430円に値上げ 森永乳業 ニュースリリース
2008年 460円に値上げ 森永乳業 ニュースリリース
2015年 490円に値上げ 森永乳業 ニュースリリース
2022年 530円に値上げ 森永乳業 ニュースリリース

クラフト 100%パルメザンチーズの値上げ解説

日本の粉チーズといえば、大半の人が目にしたことがあるであろう、緑のパッケージが特徴的な「クラフト 100%パルメザンチーズ」。プロセスチーズに慣れ親しんだ日本人の好みに合うであろう、くせのない仕上がり。

このクラフト 100%パルメザンチーズ、一般的なスーパー等で売られているのは40gと80gの2種類。しかし、コストコやネット通販などでは227gの大容量版も存在しています。2022年に値上げが行われた際は、ニュースリリースにもしっかり記載されていた。

しかし、森永乳業公式サイトの商品情報には40gと80gの2種類しか掲載されておらず、227gのパルメザンチーズは一貫して掲載されていない。まるで存在していないかのように。

クラフト 100%パルメザンチーズは1971年から販売されている歴史ある商品らしいのだが、私の能力では昔の内容量や価格を調べることはできず、最古のもので2001年時点の40g255円、80g370円というもの。

そして2007年9月リニューアル時点では40g200円、80g390円になっています。

2007年9月といえば、森永乳業がチーズの値上げを行った時期なので、クラフト 100%パルメザンチーズもこのタイミングで値上げが行われた可能性が高いものの、それを裏付ける情報は見つけられなかった。無念。

ただ、2001年当時に比べ80gは20円値上げされているのに対し、40gは55円も値下げされているんですよね。40g255円じゃさすがに割高感があったため値下げしたといったところか。

100%パルメザンチーズに関しては内容量を変更しない方針らしく、確認できる限りでは内容量の変更は一切行われていません。つまり、価格据え置きで内容量を減らす「ステルス値上げ」は行われていないと。

一方、2007年9月以降、15年程度の間に値上げは4回行われている。

80gベースで、2008年3月に390円から430円に、同年9月には460円、2015年4月490円、そして2022年には530円に値上げされているのです。

また、前述したとおり2022年の値上げを公表したニュースリリースには初めて227gが掲載。1,130円から90円値上げされ1,220円になっています。

当然ながら、これより以前にも40gや80gが値上げされたタイミングで227gも値上げされてきたのでしょう。2007年以前から227g入りが存在していたとすれば、40gや80gの値上げ率から逆算して2007年時点で900円くらいだったと推測されます。

ところで商品名の「100%パルメザンチーズ」の意味について、「使用しているチーズすべてがパルメザンチーズ」という意味なのかと思っていたら、「内容量の100%がチーズであり、混じりっけなし」ということなんだね。

パルメザンチーズには粉チーズ同士がくっ付いてしまうのを防いだり、成形しやすくしたり、量を嵩増ししたりする目的で、食物繊維の一種である「セルロース」を配合している商品が多く、チーズ100%の商品は少ないというのが実情。

そう言われてみりゃ、雪印メグミルクの粉チーズは乳化剤を加えて成型したプロセスチーズだし、明治のパルメザンチーズはナチュラルチーズながらセルロースが使用されいている。

一方、クラフト 100%パルメザンチーズは生乳と食塩のみで構成され、余計なものは一切使用されていない100%チーズ。そのあたりも人気がある理由なんだろう。その分他のメーカーに比べちょっと高いけどね。

とはいえ、しょせんはあらかじめ削られたパルメザンチーズとあって、風味や味はそれなり。本当に美味しい粉チーズを食べたいのであれば、ブロックのパルミジャーノ・レッジャーノを買って、その都度ごりごり削って食え。

あわせて読みたい関連記事

カテゴリ一覧