クラフト 細切りチーズの値上げ・実質値上げ情報

クラフト 細切りチーズの値上げ・実質値上げ情報
メーカー 森永乳業株式会社
商品名 クラフト 細切りチーズ
内容量 120g
希望小売価格 315円(税別)
原材料 ナチュラルチーズ/セルロース、(一部に乳成分を含む)
栄養成分
(100g当たり)
エネルギー 390kcal
たんぱく質 24.5g
脂質 30.9g
炭水化物 3.4g
食塩相当量 1.8g
発売日 1995年10月

価格・内容量推移
年月日 内容量 希望小売価格(税別)
1995年10月~ 200g 300円
2004年3月時点 200g
100g
200g:340円
100g:200円
2007年9月~ 200g
100g
200g:370円
100g:220円
2008年3月~ 180g
90g
180g:400円
90g:240円
2008年9月~ 160g
80g
160g:400円
80g:240円
2009年9月~ 250g
160g
80g
250g:500円
160g:400円
80g:240円
2010年3月~ 160g
80g
160g:285円
80g:190円
2012年3月~ 240g
160g
240g:380円
160g:285円
2014年3月~ 210g
140g
210g:380円
140g:285円
2018年5月~ 120g 285円
2022年4月~ 120g 315円
2022年10月~ 100g 330円

値上げ理由・建前
タイミング 公表内容
300円→340円 不明
340円→370円 輸入原料チーズ価格の高騰や、円安などのコスト上昇に対し、企業努力だけでの吸収が限界に達したため。
200g→180g
370円→400円
原料であるチーズ高騰のため2007年9月に価格改定を実施したが、前回を上回る外部環境の激変と、原料チーズを取り巻く一層の厳しい環境が今後も予想されることから。
180g→160g 世界的な乳製品の需要拡大や生乳生産量低下により輸入原料チーズなどの相場が著しく高騰の一途を辿り、また原油価格の高騰による資材価格やエネルギーコストの上昇が続いているため。
250g500円追加販売 用途に合わせて3つのサイズを用意し、ますます便利になった。
400円→285円 お買い求めやすい価格でリニューアル。パッケージの表面には、季節にあったメニュー写真を掲載。
240g発売、80g販売終了 余熱で溶けやすく、未加熱でも食べられる「クラフト 細切りチーズ240g」を新発売。
160g→140g 世界的な乳製品需要の増加、為替相場の影響などにより、輸入原料チーズの価格は高値推移が続き、また為替・穀物相場の情勢に起因する飼料価格高騰やエネルギーコスト上昇が限界を超えたため。
140g→120g 世界的な乳製品需要の大幅増加の影響を受け、輸入原料チーズの価格は高値推移の状況が継続すると見られ、自助努力によるコスト低減が限界を超えると判断。
285円→315円 中国をはじめとする世界的な乳製品の需要拡大による原料チーズの価格高騰に加え、原油価格の高騰による包装資材、物流コストの上昇により、企業努力のみのコスト吸収が限界を超えたため。
120g→100g
315円→330円
世界的な需要の増加や生産国における天候不順などの影響を受け、輸入乳原料、油脂類、野菜の価格は大幅に高騰。企業努力のみのコスト吸収では限界を超える水準になったため。

参考サイト
公式サイト 森永乳業株式会社
1995年 200g 300円 日本食糧新聞
2004年 200g 340円 森永乳業 ニュースリリース
2007年 370円に値上げ 日本食糧新聞
2008年 180g400円に大幅値上げ 森永乳業 ニュースリリース
2008年 160gにステルス値上げ 森永乳業 ニュースリリース
2009年 250g500円追加販売 食@新製品
2010年 285円に大幅値下げ 森永乳業 ニュースリリース
2012年 240g発売、80g販売終了 森永乳業 ニュースリリース
2014年 140gにステルス値上げ 森永乳業 ニュースリリース
2018年 120gにステルス値上げ 森永乳業 ニュースリリース
2022年4月 315円に値上げ 森永乳業 ニュースリリース
2022年10月 100g・330円に値上げ 森永乳業 ニュースリリース

クラフト 細切りチーズの値上げ解説

スーパーなどで見かける“とろける系”のシュレッドチーズより、さらに細かく刻んである、森永乳業の「クラフト 細切りチーズ」。後のせでもとろける利便性はもちろん、そのまま食べても美味しいという点が美点の商品。

このクラフト 細切りチーズ、他の森永のチーズに比べ紆余曲折を経ている印象がある。発売されたのは1995年。当時は200g入りで税別300円となっていました。

これが2004年時点で340円まで値上げされており、いつの間にか200円の100g入りも追加されていた。100gは若干の割高感はあるものの、「200gも使いきれない」という人にとってはありがたい存在だったのでしょう。

2007年9月、200g入りが370円、100g入り220円に値上げされ、6ヶ月後の2008年3月には、200gが180g、100gが90gに減らされたうえに、180g入りの価格は370円から400円に、90gは220円から240円へと大幅値上げ。

内容量を10%減らしたうえに8.1~9.1%の値上げとは、森永乳業様も容赦がない。まあ、この時スライスチーズは内容量を20%減らされているので、仕方ないのかもしれんが…と、納得したら負けですよ。

さらに6ヶ月後となる2008年9月には、180g入りを160gに、90g入りを80gに減らすステルス値上げを実施。2007年8月まで200g340円だったものが、たった1年で160g400円になったわけだ。凄まじいよね。

その後2009年に250g入り(500円)の追加を経て、2010年3月、突如として大幅な値下げが行われます。160g入りは400円から285円に、80g入りは240円から190円に。どうした森永、悪いものでも食べたのか?

前年にあたる2009年ってリーマンショックの影響により、国際的に乳製品価格や原油価格などが暴落した時期。そういった背景から値下げに踏み切ったのかな?

でも、森永乳業の主要なチーズで値下げされたのは細切りチーズだけだけどな。原材料価格の下落に加え、あんまり売れていなかった…といのが実情か?

2012年には、いつの間にか消えていたっぽい250gに代わり380円の240gが追加され、80gがラインナップから消える。大幅値下げを行い、実質的に160g入りの1.5倍の価格となってしまった80gの存在意義は失われた…といったところか。

2014年、チーズなど原材料価格の高騰などを理由に、240g入りは210gに、160g入りは140gにステルス値上げ。もちろん価格は据え置きですよ。

2018年には、140g入りを120gとするさらなる実質値上げが行われます。ちなみにこの時点で210gの存在は消え、ラインナップは120gのみに。

迷走感ハンパない。

そして2022年4月には、それまでの285円から315円に値上げされ、追い打ちをかけるように2020年10月、内容量を20g減らし100gとしたうえで、価格を330円に値上げします。

1995年の発売時には200gで300円だった細切りチーズも、今や100gで330円ですよ。スライスチーズなどもそうだが、チーズの値上がりっぷりはちょっと異常だよね。バブル崩壊後の30年間、給料はほとんど増えていないというのに。

この細切りチーズ、熱い食べ物に乗せればいい具合に溶けてくれるし、サラダなど冷たい食べ物に乗せれば、いいアクセントになるなど、実際に使ってみれば“熱を加えてなんぼ”のとろける系シュレッドチーズより汎用性が高いことが分かる。

んが、商品としては結構マイナー。なんかこう、中途半端なんだろうね。

粉チーズほど主張しないし、シュレッドチーズほど「とろける」に特化しているわけでもない。どんなシーンでも使える一方で、どの状況でも細切りチーズより最適な商品が存在する、器用貧乏の典型商品。

「何でも屋」に通じる胡散臭さを感じるな。

しかも近年のモッツァレラ人気を背景に、2015年に発売された姉妹品「細切りモッツァレラ」の陰に隠れてしまっている印象も。

あると便利だが、なくても困らないクラフト 細切りチーズ。これからもその中途半端な立ち位置を貫いていってほしい。…私は買わんけど。

あわせて読みたい関連記事

カテゴリ一覧