森永アロエヨーグルト 2連の値上げ情報

森永アロエヨーグルト 2連の値上げ情報
メーカー 森永乳業株式会社
商品名 森永アロエヨーグルト 2連
内容量 80g×2
希望小売価格 200円(税別)
原材料 アロエベラ(葉内部位使用)、生乳、乳製品、砂糖、乳たんぱく質/香料、増粘多糖類、酸味料
栄養成分
(1個80g当たり)
エネルギー 69kcal
たんぱく質 2.6g
脂質 1.8g
炭水化物 10.6g
食塩相当量 0.09g
発売日 1994年12月

価格・内容量推移
年月日 内容量 希望小売価格(税別)
1994年12月~ 90g×2 180円
2008年3月~ 85g×2 180円
2014年~ 80g×2 180円
2015年3月~ 80g×2 190円
2019年4月~ 80g×2 200円

値上げ理由・建前
タイミング 公表内容
90g→85g 長期にわたる世界的な乳製品の需要増による乳原料の高騰や、異常気象による穀物類の不足、原油高などのコストアップに対し、自助努力のみのコスト吸収が限界を超えたため。
85g→80g パッケージリニューアル。
180円→190円 昨今、国内酪農経営は飼料価格の高騰などにより経費が上昇、厳しい状況にあって酪農生産者戸数や生乳生産量が減少。国産の乳製品を安定的に供給していくため生乳取引価格引き上げに伴い価格改定。
190円→200円 国内酪農経営は厳しい状態が続いており、国産の安全で安心な乳製品を安定的に供給していくため、原料となる生乳取引価格を引き上げることで合意。これら要因により企業努力によるコスト吸収が限界に。

参考サイト
公式サイト 森永乳業株式会社
1994年 90g×2 180円 日本食糧新聞
2008年 85g×2に実質値上げ 森永乳業 ニュースリリース
2015年 80g×2 190円 森永乳業 ニュースリリース
2019年 200円に値上げ 森永乳業 ニュースリリース

森永アロエヨーグルト 2連の値上げ解説

フルーツヨーグルトカテゴリにおいてトップシェアを誇るっぽい「森永アロエヨーグルト」。

それだけ美味しいアロエヨーグルトだけに、「2人いるのにアロエヨーグルトは1個しかないんだけど~」という状況に陥った場合、血で血を洗う争いが起こるのは必至。金婚式を迎えたおしどり夫婦も、一気に離婚の危機ですよ。

そんな悲惨な状況を回避するために生まれたであろう画期的商品が「森永アロエヨーグルト 2連」。世界平和に一役買ったという事実を知るものは少ない。

森永アロエヨーグルト 2連が発売されたのは、レギュラーサイズのアロエヨーグルトと同じ1994年12月で、内容量は90g×2、税別120円。

子供2人と母親が食べることを想定した3連や、両親と子供2人を想定した4連ではなく、あえて2連ということは、森永アロエヨーグルトは当初から夫婦やカップルなど大人がメインターゲットだったのかな?

2008年になると、内容量をそれまでの90g×2から85g×2に減らすステルス値上げを実施。また2014年にはさらに5g減って80g×2になっています。

その後は価格面での値上げに舵を切っており、2015年3月に190円、2019年4月には200円に値上げし現在に至ります。

レギュラーサイズの森永アロエヨーグルトが1994年の発売当時の120g・120円から、現在118g・130円と最小限の値上げに抑えているのに比べると、2連のほうが値上げや実質値上げをしっかり行っている印象か。

一応、レギュラーサイズ(単品)と2連、どっちがコスパに優れるか、ゲスな計算を行っておきましょうか。

レギュラーサイズの森永アロエヨーグルトは現在118gで希望小売価格130円なので、1g当たり1.10円。一方の森永アロエヨーグルト 2連は160g・200円なので、1g当たり1.25円。希望小売価格ベースではレギュラーサイズの方が安いことになる

ただね、冒頭でも触れたように、2連はシェアできるところに大きな意味がある。「てめぇ、アタシのヨグりん(仮名)食いやがったな!」…という無益な争いを回避することができるのよ。

平穏な日常のための出費と考えれば、2連が多少割高でも致し方ないところだろう。そういった状況を見越しての強気な価格設定なんだと思う。(絶対違う)

まあ、レギュラーサイズを2個買えばいいだけの話なんだけどな。

あわせて読みたい関連記事

カテゴリ一覧