ビヒダス のむヨーグルト 脂肪ゼロの値上げ情報

ビヒダス のむヨーグルト 脂肪ゼロの値上げ情報
メーカー 森永乳業株式会社
商品名 ビヒダス のむヨーグルト 脂肪ゼロ
内容量 900g
希望小売価格 264円(税別)
原材料
(プレーン)
乳製品、砂糖、デキストリン/安定剤(ペクチン)
栄養成分
(150g当たり)
エネルギー 86kcal
たんぱく質 4.4g
脂質 0g
炭水化物 15.7g
食塩相当量 0.15g
発売日 不明

価格・内容量推移
年月日 内容量 希望小売価格(税別)
2001年時点 1000g 280円
2014年7月~ 750g 200円
2015年4月~ 750g 210円
2019年4月~ 750g 220円
2020年9月~ 900g 264円

値上げ理由・建前
タイミング 公表内容
1000g→750g
280円→200円
ドリンクヨーグルト市場においても、「糖質オフ」に対するニーズが高いことから、「ビヒダス BB536 のむヨーグルト糖質オフ」を発売。利便性が高く衛生的な新容器採用。
200円→210円 ビヒダス BB536シリーズの特長である酸味を抑えたまろやかな味わいと、それゆえに菌が生きたまま大腸に到達できることを伝えると共に、シリーズの統一感を高めたデザインにリニューアル。
210円→220円 国内酪農経営は厳しい状態が続いており、国産の安全で安心な乳製品を安定的に供給していくため、原料となる生乳取引価格を引き上げることで合意。これら要因により企業努力によるコスト吸収が限界に。
750g→900g
220円→264円
容器を900gにリニューアルし、パッケージデザインも変更。

参考サイト
公式サイト 森永乳業株式会社
2001年 1000g 280円 森永乳業 商品紹介
2014年 750g 200円 森永乳業 ニュースリリース
2015年 210円に値上げ 森永乳業 ニュースリリース
2019年 220円に値上げ 森永乳業 ニュースリリース
2020年 900g 264円 森永乳業 ニュースリリース

ビヒダス のむヨーグルト 脂肪ゼロの値上げ解説

腸内環境を整える目的で日常生活にヨーグルトを取り入れる人は増加の一途を辿っており、より手軽に摂取できるメリットから売れ行き好調なのが飲むヨーグルト。

そんな飲むヨーグルトの市場において、「BB536」なるビフィズス菌を売りにしているのが、森永乳業の「ビヒダス のむヨーグルト」シリーズです。シリーズ全て脂肪ゼロという点も嬉しいところ。

このビヒダス のむヨーグルト、いつから販売されているのかは不明。ビヒダス プレーンヨーグルトは1978年に登場しており、のむヨーグルトも少なくとも2000年頃には存在していた。

2000年初頭時点でのビヒダス のむヨーグルトは、いわゆる「牛乳パック」入りで、内容量は1000g、価格は税別280円となっていました。近年、注ぎ口がプラスチックの丸型になっている商品も多いが、昔ながらの牛乳パック式で十分だと思うの。

余計なところにコストかけなくていいわ。

ビヒダス のむヨーグルトは2014年まで牛乳パック入りの内容量1000gという規格を守っていましたが、2014年に大規模なリニューアルが行われ、内容量は750gに減らされた一方、価格は200円に値下げとなります。

同時に容器も大幅に変更し、丸型のキャップ式に。

ビヒダス のむヨーグルトの容器変更

内容量減に伴い価格の値下げも行われたわけだが、内容量が25%減なのに対し、価格は28.6%値下げと、お決まりの実質値上げ…じゃないところに驚きを隠せない。対ブルガリア対策か? 明治コノヤロウ。

しかし、大幅リニューアルから9ヶ月後には、リニューアルを称して210円に値上げ。また、2019年には生乳取引価格の引き上げを理由に、220円に値上げしています。

そして2020年、内容量をそれまでの750gから900gに増量する一方、価格を220円から264円に値上げ。内容量は20%増、価格は20%値上げと、お決まりの実質値上げ…じゃなく、完全なる据え置きということになる。気持ち悪いぞ、森永乳業。

同じビヒダスの「プレーンヨーグルト 脂肪ゼロ」は内容量400gで希望小売価格は220円、かたや「ビヒダス のむヨーグルト 脂肪ゼロ」は内容量900gで264円…

「もしかしたらのむヨーグルトの方がコスパ良いんじゃね?」ってことで、栄養成分を比較してみたんだが…

プレーンヨーグルト
(100g当たり)
のむヨーグルト
(150g当たり)
エネルギー 46kcal 86kcal
たんぱく質 4.2g 4.4g
脂質 0g 0g
炭水化物 6.5g 15.7g
塩分相当量 0.13g 0.15g
カルシウム 150mg 160mg

う~ん、エネルギー(カロリー)以外の栄養成分は、プレーンヨーグルト100gとのむヨーグルト150gがほぼ同じくらい。のむヨーグルトの方がカロリーが高いのは、飲みやすいよう甘さ(炭水化物)を加えた結果でしょう。

プレーンヨーグルトなら1回100g、飲むヨーグルトは1回150g摂るとすれば、プレーンヨーグルトは4回分、のむヨーグルトは6回分。そして希望小売価格ベースでの価格差は44円か…カロリーさえ気にしなければのむヨーグルトの方がお得?。

ただ、ビヒダス プレーンヨーグルト 脂肪ゼロは特売時に100円程度になることもあるのに対し、のむヨーグルト 脂肪ゼロはあまり安くならない印象。実売価格まで考慮すると、むしろプレーンヨーグルトの方がお得かもしれない。

後は、固形と液体、どっちが良いかという好みの問題になるか。

私なら…はちみつやオリゴ糖、ドライフルーツなど、加える甘さをその都度自分の好みに変えられるという点でプレーンヨーグルトかなぁ。無糖のままでも問題なく食べられるし。

そもそも、飲むヨーグルトのドロッとしたのどごしはいまいち好きになれないというのもある。まずくはないが、進んでは飲まない。私の中で飲むヨーグルトはそんな位置付け。

あわせて読みたい関連記事

カテゴリ一覧