爽<バニラ>の値上げ・実質値上げ情報

爽<バニラ>の値上げ・実質値上げ情報
メーカー 株式会社ロッテ
商品名 爽<バニラ>
内容量 190ml
参考小売価格 140円(税別)
原材料 砂糖、植物油脂、乳製品、果糖、卵黄(卵を含む)、乳等を主要原料とする食品、デキストリン、食塩/乳化剤、安定剤(増粘多糖類)、香料、アナトー色素
栄養成分
1個(190ml)
エネルギー 230kcal
たんぱく質 3.2g
脂質 11.6g
炭水化物 28.4g
食塩相当量 0.19g
発売日 1999年4月

価格・内容量推移
年月日 内容量 参考小売価格(税別)
1999年4月~ 200ml 100円
2003年頃 190ml 100円
2008年3月~ 190ml 120円
2015年3月~ 190ml 130円
2019年3月~ 190ml 140円

値上げ理由・建前
タイミング 公表内容
200ml→190ml なし
100円→120円 乳製品および油脂類や果汁などの原料価格の高騰や資材価格の上昇が企業努力で対応できる範囲を超えたため。
120円→130円 新興国の経済発展による食糧需要の増大やエネルギーコストの上昇により、商品の原材料及び資材の価格が高騰しているため。
130円→140円 物流費や人手不足による人件費の高騰、一部原材料および包装資材価格の上昇による製造コストの上昇が自助努力で吸収可能な限界を超えたため。

参考サイト
公式サイト 株式会社ロッテ
発売時 200ml 100円 日本食糧新聞
2003年 190ml 日本食糧新聞
2008年 120円へ値上げ ロッテ ニュースリリース
2015年 130円に値上げ ナリナリドットコム
2019年 140円に値上げ ロッテ ニュースリリース

爽<バニラ>の値上げ解説

安くて大容量のアイスの代名詞といえば明治エッセルスーパーカップとロッテの爽を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。しかしその爽、かなり豪快に値上げしているアイスのひとつ。

1999年に発売された「爽」は内容量200mlに対し価格は税別100円。1994年に発売され人気を不動のものにしていた明治エッセルスーパーカップの200ml100円を強く意識してのものだったのでしょう。当時はパッケージにも100円と印刷されていた。

100円と印刷された発売当初のロッテ爽

しかし2003年頃には価格を据え置いたまま190mlへと実質値上げ。一方のスーパーカップは現在も200mlを堅守していることから、ここで若干ながら差が付くことに。10mlの差は独自の食感でカバーといったところか。

状況が大きく動いたのは2008年。それまで税別100円だった価格を一気に120円へと値上げしたのです。理由はお決まりの原材料価格の高騰。20%値上げとか容赦ないな。

その後も値上げは定期的に行っており、2015年に130円、2019年には140円になり現在に至ります。内容量の減少も考慮すれば発売時から50%近く値上げされたことになる。

特売で80円とか90円の時にしか買わないから知らなかったわ。

かなり値上げされたとはいえ、爽以外のアイスも軒並み値上げされているため、相対的に見ればやはりコストパフォーマンスに優れる。シャリシャリさっぱりが食べたいなら爽、普通のアイスクリームを食べたいならスーパーカップといったところ。

ただ、個人的にはアイスを買う際に爽が選択肢に入ることってあまりないんですよね。氷菓というほどシャリシャリひんやりではない一方、いわゆる「アイスクリーム」としてはあっさりしすぎていて物足りない。

暑い夏はガリガリ君やラムネバーみたいながっつり氷菓を食べたいし、普通の滑らかなアイスを食べたいならスーパーカップを買う。もうちょっとましなアイスクリームを食べたいならMOWも視野に入る。

え? ましなアイスクリーム食べたいならハーゲンダッツだろうって? 私にとってハゲはさすがに高すぎるから却下。

爽は独自性のある食感を生み出すことに成功しているものの、見ようによっては中途半端。その中途半端さが最大の強みなんだろうけど。あと微細氷が使われているだけあって量の割に低カロリーなのも嬉しい。デブ歓喜。

相次ぐ値上げにより発売から20年あまりで50%ほど高くなっているロッテの爽。それでもいまだに安いアイスの代名詞として存在しているあたりに業界の値上げ体質が透けて見えるわ~。

あわせて読みたい関連記事

カテゴリ一覧