ガーナ チョコ&クッキーサンド マルチ値上げ情報

ガーナ チョコ&クッキーサンド マルチの値上げ情報
メーカー 株式会社ロッテ
商品名 ガーナ チョコ&クッキーサンド マルチ
内容量 60ml×4個
参考小売価格 450円(税別)
原材料 バタークッキー(小麦を含む)、砂糖、植物油脂、乳製品、カカオマス、水あめ、アーモンドクランチ、ココアバター、デキストリン/香料(卵・大豆由来)、乳化剤、安定剤(増粘多糖類)、膨張剤、アナトー色素
栄養成分
1個(60ml)
エネルギー 210kcal
たんぱく質 2.2g
脂質 13.2g
炭水化物 20.7g
食塩相当量 0.093g
発売日 2012年9月

価格・内容量推移
年月日 内容量 参考小売価格(税別)
2012年9月~ 60ml×4個 380円
2015年3月~ 60ml×4個 420円
2019年3月~ 60ml×4個 450円

値上げ理由・建前
タイミング 公表内容
380円→420円 新興国の経済発展による食糧需要の増大やエネルギーコストの上昇により、商品の原材料及び資材の価格が高騰しているため。
420円→450円 物流費や人手不足による人件費の高騰、一部原材料および包装資材価格の上昇による製造コストの上昇が自助努力で吸収可能な限界を超えたため。

参考サイト
公式サイト 株式会社ロッテ
2012年 60ml 380円 ロッテ ニュースリリース
2015年 420円に値上げ ガベージニュース
2019年 450円に値上げ ロッテ ニュースリリース

ガーナ チョコ&クッキーサンド マルチの値上げ解説

ガーナ チョコ&クッキーサンドのマルチパック版である「ガーナ チョコ&クッキーサンド マルチ」。…そのまんまですね。1個1個の大きさは単品売りの76mlに対しマルチは60mlとやや小さいのが特徴。

ガーナ チョコ&クッキーサンド マルチの発売は2012年と比較的新しく、登場時の価格は税別380円で内容量は60ml×4個でした。

内容量自体は現在まで変更がない一方で、価格に関しては原材料価格や資材価格の高騰を理由に2015年に420円、2019年に450円に値上げしています。ガーナ濃厚チョコレートアイスと同様にプレミアムアイス的な値付けですね。

ところでこのガーナ チョコ&クッキーサンド マルチの形、どこかで見覚えがありませんか? ミル貝に似ている…という個人的印象については単品売りのガーナ チョコ&クッキーサンドで取り上げたから、ここでは本題のレディーボーデンについて。

実はこのチョコ&クッキーサンド、元々2009年にレディーボーデンブランドから発売された商品でした。その時すでにレディーボーデンはロッテが製造販売していたためパクリというわけではない。

レディーボーデンとガーナのクッキーサンドは同じ?

ただ、このレディーボーデンのクッキーサンドとガーナのチョコ&クッキーサンド(発売時の名称はクッキーサンド)は見た目こそほとんど同じだが、それ以外で相違点がいくつかある。

内容量はレディーボーデンが61ml×4個だったのに対しガーナは60ml×4個と1ml少ない。まあこれに関してはレディーボーデンのほうがクッキー部分のブランドロゴが複雑な分浮き出ている面積が広いから…程度の差かと。

価格はガーナのクッキーサンド発売時が380円だったのに対し、レディーボーデンは500円と明らかなプレミアム感がある。パッケージにも「プレミアムアイスクリーム」って書いているほどだからな。

それを物語るように、種類別はガーナが乳脂肪分3.0%のアイスミルクなのに対し、レディーボーデンは乳脂肪分12.0%のアイスクリーム。バニラの濃厚さの違いは火を見るよりも明らか。

しかも、レディーボーデンがアーモンドクラッシュ入りのチョコだったのに対し、ガーナはクッキークランチ入りのチョコという差別化も。2019年のリニューアルでガーナもアーモンド入りになったけどね。

2010年になってガーナブランドから単品売りのクッキーサンドが発売された後もレディーボーデン マルチ クッキーサンドの販売は継続。

しかし2012年にガーナマルチ クッキーサンドと入れ替わるようにレディーボーデン マルチ クッキーサンドは販売終了。

プレミアム路線では思うように売れなかったから、質を落とし“廉価版”として再投入という印象。それでも、いわゆる普通の300円マルチアイスではなく、ちょっと高級な380円のガーナブランドで発売したあたりにプライドの一端を見る。

廉価版とはいっても、アーモンドチョココーティングとクッキーサンドのニコイチ。不味いはずはない。ただ、内容量240mlで実売価格300円前後となると、私のような貧乏人はおいそれと手は出せない。

そもそもガーナブランドになって質を下げたにもかかわらず、相次ぐ値上げによってレディーボーデンの時の61ml×4個税別500円に近づきつつあるというのはなんとも…帳尻を合わせるための「チョコクランチ→アーモンド」なのか?

だったら、レディーボーデンの12.0%の乳脂肪分とまでは言わなくても、種類別アイスクリームの基準をぎりぎり満たす乳脂肪分8.0%にして500円に値上げしたらどうだ? そのほうがプレミアム感を演出できるだろう。

どのみち私は買わないが。

あわせて読みたい関連記事

カテゴリ一覧