MILCREA(ミルクレア・マルチ)の値上げ情報

MILCREA(ミルクレア・マルチ)の値上げ情報
メーカー 赤城乳業株式会社
商品名 MILCREA チョコレート(マルチ)(旧濃厚旨ミルク・旨チョコミルク)
内容量 44ml×6本
参考小売価格 350円(税別)
原材料
(チョコレート)
乳製品、砂糖、水あめ、デンプン分解物、ココアパウダー、植物油脂、異性化液糖、チョコレート、カカオマス、粉あめ、乳等を主要原料とする食品、食塩/安定剤(加工デンプン、増粘多糖類)、乳化剤(大豆由来)、香料、グリシン
栄養成分
1本(44ml)
エネルギー 106kcal
たんぱく質 1.1g
脂質 5.2g
炭水化物 14.1g
食塩相当量 0.04g
発売日 2016年(前身は2005年)

価格・内容量推移
年月日 内容量 参考小売価格(税別)
2005年8月~ 60ml×5本 300円
2006年8月~ 58ml×5本 300円
2012年8月~ 55ml×5本 300円
2015年10月~ 53ml×5本 330円
2019年3月~ 44ml×6本 350円

値上げ理由・建前
タイミング 公表内容
300ml→290ml 「旨チョコミルク」から「濃厚旨ミルク」にリニューアル。
300ml→290ml なし
290ml→275ml なし
275ml→265ml
300円→330円
なし
265ml→264ml
330円→350円
外側のアイスの食感が軟らかくなり、家族みんなで食べられるよう、容量と本数を変更。パッケージも本商品の特徴である「ねっちり感」を表現したものに。

参考サイト
公式サイト 赤城乳業株式会社
2005年 300ml 300円 日本食糧新聞
2006年 リニューアルで290ml 赤城乳業 商品一覧
2012年 275mlに実質値上げ 赤城乳業 商品一覧
2015年 265ml・330円に値上げ 赤城乳業 商品一覧
2019年 350円に値上げ 赤城乳業 ニュース

MILCREA(マルチ)の値上げ解説

チョコレートや抹茶など厚めのコーティングに濃厚なミルククリームを閉じ込めた赤城乳業の「MILCREA(ミルクレア)」。中は生の状態を指す「レア」とMILKを組み合わせた造語なのかな?

MILCREAが発売されたのは2016年と比較的新しい商品ながら、これは商品名などを変更したリニューアルを行ったためであり、前身となる「濃厚旨ミルク」や「旨チョコミルク」まで遡ると2005年発売ということになる。

なので、ここでは2005年発売の旨チョコミルクからの値上げ情報や、役に立たない無駄な知識などを掲載していきます。

2005年に発売された旨チョコミルクの内容量は60ml×5本の計300mlで、価格は税別300円でした。しかし翌2006年には商品名を「濃厚旨ミルク」に変更。その後「旨ミルク」になり現在は「MILCREA」になるなど迷走感満載。

旨チョコミルクから濃厚旨ミルクになりMILCREAへ

MILCREA(ミルクレア)より旨ミルクという商品名に馴染みがある人も多いのではないでしょうか。

で、2006年に「濃厚旨ミルク」にリニューアルしたのを機に、内容量を58ml×5本の計290mlに実質値上げ。2012年にはそれまでの「チョコレート」から「バニラミルク」にレギュラー商品を変更しつつ55ml×5本の計275mlに減らしています。

そして2016年に多くのアイスが値上げしたのに先立ち、2015年に内容量53ml×5本の計265mlへと減量したうえに、価格をそれまでの税別300円から330円に値上げするという容赦ない対応に打って出ます。

2019年には従来の53ml×5本(265ml)から44ml×6本(264ml)へと変更したのに加え、350円にさらなる値上げ。

2005年の旨チョコミルク発売時に内容量300ml・300円だったものが、2019年には265ml・350円…しかしこれは他メーカー含め比較的“まし”な例。これより激しい値上げや実質値上げを行っている商品は腐るほど存在するからね。

ただね、MILCREAには価格や内容量以外にもちょっと気になる点が。

というのも、旨チョコミルクから連綿と受け継がれるコーティング内の濃厚なミルククリーム、旨チョコミルク時代は「乳脂肪分18%」だったんですよね。

それが濃厚旨ミルクへのリニューアルの際に「乳脂肪分17%」になり、旨ミルクへとリニューアルした2014年頃には「乳脂肪分16%」になり、MILCREAの現在は「乳脂肪分15%」へ。

こういう目に見えないせこいグレードダウン…当然ながら赤城乳業も「乳脂肪分を1%ずつじわじわ減らしております」なんて言わないわけだから、まさにステルス値上げと言っていいかと。

分厚いチョココーティングのアイスというと、森永製菓のパキシエルを思い浮かべる人も多いかもしれませんが、まったくの別物。

バキバキ食べる分厚いチョコの中にチョコアイスという構成のパキシエルに対し、ミルクレアは同社のBLACKを思わせる針状結晶特有のシャキシャキ感があるチョコレートアイスに、濃厚なミルククリームを閉じ込めるという仕様。

比べるにはあまりにも性格が違う…と前置きしたうえで、無類のチョコ好きはパキシエル、濃厚ミルク好きはMILCREA選べば間違いない。

ただし、どちらも1本1本が小さく一瞬で腹に収まるから気を付けろ。油断していると、濃厚さを演出する高い乳脂肪分は分厚い脂肪に置き換わるからな。

あわせて読みたい関連記事

カテゴリ一覧