フロリダサンデーの値上げ・実質値上げ情報

フロリダサンデーの値上げ・実質値上げ情報
メーカー 赤城乳業株式会社
商品名 フロリダサンデー
内容量 210ml
参考小売価格 180円(税別)
原材料
(ストロベリー)
いちごソース、砂糖、乳製品、水あめ、植物油脂、卵黄/安定剤(増粘多糖類)、香料、酸味料、乳化剤、乳酸Ca、ベニバナ黄色素、(一部に卵・乳成分を含む)
栄養成分
1個(210ml)
エネルギー 257kcal
たんぱく質 2.4g
脂質 9.1g
炭水化物 42.5g
食塩相当量 0.12g
発売日 1982年

価格・内容量推移
年月日 内容量 参考小売価格(税別)
1982年~ 220ml 150円
2000年時点 255ml 150円
2003年~ 販売終了
2020年3月~ 210ml 180円

値上げ理由・建前
タイミング 公表内容
220ml→255ml 不明
255ml→210ml
150円→180円
1980年代に誕生したフロリダサンデーが2002年以来約18年ぶりの復刻。

参考サイト
公式サイト 赤城乳業株式会社
1982年 220ml 150円 発売当時のパッケージ
2000年 255ml 150円 赤城乳業 商品リスト
2020年 210ml 180円 赤城乳業 ニュース

フロリダサンデーの値上げ解説

1982年に登場した赤城乳業の「フロリダサンデー」。2002年に一度は販売を終了したものの、2020年になって突如復活したという経緯を持つアイスとなっております。

フロリダサンデー発売時のパッケージをよく見ると「内容量220ml」「150円」の文字が見て取れます。

フロリダサンデーの昔のパッケージ

ラクトアイスとはいえ、チョコやフルーツのソースをこれだけふんだんに使ってこの規格というのは、現在の感覚で考えるとコストパフォーマンスが非常に高い印象を受けます。ちなみに当時のガリガリ君は50円。

その後内容量がどういった推移を辿ったのかは不明ながら、2000年時点では内容量が255mlにまで増えています。一方で価格は150円で据え置かれているため、「実質値下げ」といっていいでしょう。いい時代だったんだね。

しかし2002年頃に販売終了。300ml300円のパフェデザートが生き残って、255ml150円のフロリダサンデーが消滅する背景には何があったのだろう?

単にフロリダサンデーが売れなかったのか、はたまた価格に対し内容量が多いフロリダサンデーでは利益率が悪すぎるという経営判断が働いたのか…

内情はどうあれ一度は消えたフロリダサンデー。しかし2020年になって突如復活することに。「なぜ今になって?」という疑問は拭えない。

で、復活の際の内容量は210ml、価格は税別180円と、消滅前に比べずいぶんと高くなってしまった印象。とはいえ、他のアイスがこの20年間で何度も内容量を減らしたり値上げしたりしていることを考えると致し方ない措置なのでしょう。

ずいぶん高くなってしまったとはいっても、大容量で知られる明治のエッセルスーパーカップが内容量200mlで140円。

あれだけ単純な構成で、かつラクトアイスのエッセルでもこれが限界なのですから、フルーツソースをたっぷり使用しているフロリダサンデーの210ml・180円という規格は決して高くないと思います。

ま、だからといって取り立ててコスパに優れるわけでもないが。

余談だが、この「フロリダサンデー」という商品名、当時の赤城乳業はアメリカに対し憧れがあったためこの名前を付けたのだとか。実際発売当時のパッケージにはアメリカ国旗があしらわれているしね。

それを裏付けるように、2000年当時にはこんな商品も存在していた。

赤城乳業 ニューヨークファクトリー

その名も「ニューヨークファクトリー」。…聞いたこともないや。ただ、このネーミングを見るに、とりあえずアメリカへの憧れは事実らしい。

2000~2001年頃には販売終了していたらしく、ニューヨークファクトリーで調べても一切情報が出てこない。しかし当時の赤城乳業の商品リストに載っていたため、存在はしていたのだろう。

ご存知の方はご一報いただきたい。

赤城乳業のアメリカに対する憧れが生んだフロリダサンデー。値上げや内容量減が実施されての復活ではあるものの、コストパフォーマンス的には悪くない。

興味を持った人は一度食べてみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい関連記事

カテゴリ一覧