ピノ チョコアソートの値上げ・実質値上げ情報

ピノ チョコアソートの値上げ・実質値上げ情報
メーカー 森永乳業株式会社
商品名 PINO(ピノ) チョコアソート
内容量 10ml×24粒
参考小売価格 550円(税別)
原材料
(バニラ)
乳製品、チョコレートコーチング、砂糖、水あめ/乳化剤、安定剤(増粘多糖類)、香料、(一部に乳成分・大豆を含む)
栄養成分
1粒(10ml)
エネルギー 31kcal
たんぱく質 0.4g
脂質 2.0g
炭水化物 2.9g
食塩相当量 0.01g
発売日 1992年

価格・内容量推移
年月日 内容量 参考小売価格(税別)
1992年~ 10ml×24粒 500円
1996年~ 10ml×28粒 500円
2008年3月~ 10ml×26粒 500円
2015年3月~ 10ml×24粒 500円
2018年3月~ 10ml×24粒 550円

値上げ理由・建前
タイミング 公表内容
24粒→28粒 ピノ発売20周年の感謝を込めて増量。
28粒→26粒 乳原料の高騰や穀物類の不足、原油高等による資材価格の高騰に対し、企業努力のみのコスト吸収が限界を超えたため。
26粒→24粒 世界的な需要増加による乳原料やチョコレートの価格高騰、エネルギーコストの上昇により。
500円→550円 物流費や人手不足による人件費の高騰、一部原材料および包装資材価格の上昇による製造コストの上昇が自助努力で吸収可能な限界を超えたため。

参考サイト
公式サイト 森永乳業株式会社
発売時 初代パッケージ画像
1996年 28粒へと実質値下げ ピノヒストリー
2008年 26粒に実質値上げ 森永乳業 ニュースリリース
2015年 24粒に実質値上げ 森永乳業 ニュースリリース
2018年 550円に値上げ 森永乳業 ニュースリリース

ピノ チョコアソートの値上げ解説

森永乳業の大人気アイス「ピノ」のマルチパック版ともいえる「ピノ チョコアソート」が発売されたのは、素のピノ発売から遅れること16年、1992年の事。発売時の内容量は10ml×24粒で価格は税別500円でした。

ベーシックなピノが6粒入り120円だったことを考えると、ピノ チョコアソートは若干割高ではあるものの、1箱で「バニラ」「チョコ」「アーモンド」の3つの味が楽しめる点を考慮すれば妥当…というか、むしろお得感さえある。

そしてピノ誕生から20周年を迎えた1996年、謝恩価格として素のピノが100円に値下げされたのに合わせてピノ チョコアソートはそれまでの24粒入りから28粒入りに増量。今ではほとんど考えられない“実質値下げ”というやつですね。

その後しばらくは28粒で推移するものの、2008年に乳原料や資材価格の高騰を理由に、価格を据え置いたまま28粒から26粒へと実質値上げを行います。

2015年にはほぼ同様の理由により24粒へと内容量を減らし、2018年にはそれまでの500円から550円に値上げ。

ピノ チョコアソートの内容量が減った

28粒500円の頃から考えるとずいぶんと高くなった印象があるものの、元々は24粒500円だったため、ピノ チョコアソートは発売から30年近くが経っても50円…つまり10%の値上げだけに留まっていることになる。

ここで今一度ベーシックな6粒入りのピノとのコストパフォーマンスを見てみよう。内容量と価格を比較し「価格に対し量が多ければ正義」とする貧乏人御用達のゲス計算。私はスーパーやディスカウントストアでいつもこれやってるわ。

ピノ チョコアソートが発売された当初、6粒入りピノは1粒あたり20円だったのに対し、ピノ チョコアソートは1粒あたり20.8円と若干ながら割高でした。これは実売価格ではなく、あくまでも希望小売価格での話ね。

そして現在はというと、相次ぐ値上げで140円になっている6粒入りのピノは1粒あたり23.3円、対するピノ チョコアソートは22.9円と逆転。大容量の方がコスパが良いという本来の姿を獲得した格好です。

しかもピノ チョコアソートはバニラとチョコ、アーモンドの3種の味が楽しめるのだから、お得感は1粒あたりの価格差以上といえるのではないでしょうか。「バニラ以外興味なし」という人は微妙なところだろうが。

ただね、そもそもピノ高いんだよね。チョコレートコーティングされているアイスが食べたいのであれば、私はフタバ食品の特デカチョコバー(120ml:70円)に行っちゃうわ。ピノの倍の量で価格は半分よ! 4倍お得なのよ!(アホ)

…まあ、安価に製造できる種類別ラクトアイスの特デカチョコバーと、乳脂肪分が多い種類別アイスクリームのピノを比べること自体が間違っているんだけどな。ピノ食べた後特デカチョコバー食べたら「味が無い…」となること必至。

ピノと比較するなら本来は同じ森永乳業のパルムあたりなんだろうけどね。そもそもピノの良さはチョコレートコーティングされた濃厚かつコクがあるアイスを一口で味わい尽くせる点。そういった意味では唯一無二。

「6個入りのピノこそ至高」と考える人もいるだろうが、コスパの良さ、3つの味わいを享受できる点から個人的にはピノ チョコアソートを推したい。なんだかんだ言ってもチョコ&チョコのピノはホント美味しいわ。

あわせて読みたい関連記事

カテゴリ一覧