北海道あずきの値上げ・実質値上げ情報

北海道あずきの値上げ・実質値上げ情報
メーカー 森永乳業株式会社
商品名 北海道あずき(旧北海道あずき甘味処)
内容量 180ml
参考小売価格 180円
原材料 小豆甘納豆、乳製品、砂糖混合果糖ぶどう糖液糖、砂糖、植物油脂、水あめ、食塩、でん粉/トレハロース、香料、安定剤(増粘多糖類)、乳化剤、紅花色素、(一部に乳成分を含む)
栄養成分
1カップ(180ml)
エネルギー 224kcal
たんぱく質 4.4g
脂質 3.1g
炭水化物 44.5g
食塩相当量 0.12g
発売日 2001年頃?

価格・内容量推移
年月日 内容量 参考小売価格(税別)
2001年7月時点 210ml 150円
2015年頃 180ml 150円
2017年頃 180ml 160円
2019年3月 180ml 180円

値上げ理由・建前
タイミング 公表内容
210ml→180ml なし
150円→160円 なし
160円→180円 物流費や人手不足による人件費の高騰、一部原材料および包装資材価格の上昇による製造コストの上昇が自助努力で吸収可能な限界を超えたため。

参考サイト
公式サイト 森永乳業株式会社
2001年 210ml 150円 森永乳業 商品情報
2017年 180ml 160円 森永乳業 商品紹介
2019年 180円に値上げ 森永乳業 ニュースリリース

北海道あずきの値上げ解説

森永乳業のマイナーアイスである「北海道あずき」は、地味な存在ながらこっそりひっそりと値上げや実質値上げされている商品。

そもそもこの北海道あずき、期間限定の発売が頻繁に行われているのか、メーカーから「載せる価値がない」と判断されているのか定かではないが、過去の森永乳業やエスキモーのサイトを見ても商品情報が掲載されていないことが多い。

森永乳業のアイスのヒストリーを見ても、味わいソフト同様載っていないし、リニューアルや派生製品の発売もほとんど行われていない。メーカーにとってどうでもいい存在なんだろうな。

そんな背景もあって北海道あずきがいつ発売されたのかは定かではないものの、最古のものでは2001年に存在が確認できる。その際の規格は内容量210ml、価格は税別150円となっています。

その規格は10年以上にわたって変更されていません。しかし2015年頃になると価格を据え置いたまま内容量を180mlに減らす実質値上げが行われます。減少率は約14.3%と比較的大きな内容量減。

その後2017年頃には160円に値上げされており、2019年には180円に。2015年からたった4年で内容量は14.3%減らされた一方、価格は20%値上げされたことになり、森永乳業の容赦のなさが伺える。

余談だが、北海道あずきという商品は明治乳業にも存在し、練乳入り氷とバニラアイスの上にたっぷりの小豆が乗っている点も一緒なら、価格や内容量もほとんど同じ。

森永乳業と明治の北海道あずき

どっちがパクったのかは分からないが、少なくとも2001年から存在が確認できる森永乳業の北海道あずきに対し、明治の北海道あずきは2003年発売らしい。ま、パクリパクられは産業界の常だが。

にしても、森永乳業の北海道あずきはなんでここまでぞんざいな扱いを受けているのだろう? 比較的長い歴史があるにもかかわらず公式サイトに掲載されている順番は一番最後という切なさ。一応MOWやパルムより古株なんだけどな…

こんな悲しい扱いを少しでも改善するため、小豆や練乳アイス好きは積極的に買ってやってくれ。値上げされたとはいえコストパフォーマンスはそれほど悪くないし。

私は小豆好きでも練乳好きでもないから買わんけど。

あわせて読みたい関連記事

カテゴリ一覧