辻利 お濃い抹茶の値上げ・実質値上げ情報

辻利 お濃い抹茶の値上げ・実質値上げ情報
メーカー 株式会社 明治
商品名 辻利 お濃い抹茶
内容量 45ml×7本
参考小売価格 550円(税別)
原材料 乳製品、砂糖、まっ茶/安定剤(増粘多糖類)、乳化剤、(一部に乳成分を含む)
栄養成分
1本(45ml)
エネルギー 79kcal
たんぱく質 1.5g
脂質 4.5g
炭水化物 8.1g
食塩相当量 0.039g
発売日 不明

価格・内容量推移
年月日 内容量 参考小売価格(税別)
2008年時点 45ml×8本 500円
2010年時点 45ml×7本 500円
2019年3月~ 45ml×7本 550円

値上げ理由・建前
タイミング 公表内容
360ml→315ml なし
500円→550円 人件費や物流費の上昇、原材料価格の高騰により、現状の価格設定による販売の継続が難しい状況となったため。

参考サイト
公式サイト 株式会社 明治
45ml×8本の情報 関西女のプチ日記
2010年 7本に実質値上げ ランチ京都 時々滋賀
2019年 550円に値上げ 明治 プレスリリース

辻利 お濃い抹茶の値上げ解説

京都の辻利抹茶を使用し濃厚な抹茶アイスを堪能できる明治の「辻利 お濃い抹茶」。「上質」という言葉がぴったりはまる傑作アイスと言っていいでしょう。

昔の明治乳業のホームページは商品紹介に主力商品しか掲載していなかったこともあり、辻利 お濃い抹茶がいつ発売されたのかは不明。明治に問い合わせてみるか。

2008年時点の内容量は45ml×8本の計360mlで税別500円だったものの、2010年には現在と同じ45ml×7本に実質値上げされていることを確認。

辻利 お濃い抹茶は45ml×8本から45ml×7本に実質値上げ

その後2019年には原材料価格の高騰などを理由に、従来の税別500円から税別550円に値上げしています。

内容量315mlに対し希望小売価格は550円…実売価格においても、特売の目玉として300円くらいになれば御の字というレベルで、通常時のスーパーの実売価格は350~400円くらいか。

この値段、森永乳業のパルム マルチパックの中でも最上級に位置する「PARM アーモンド&チョコレート」や、75mlのミニカップが計6個入ったかつての高級アイス代名詞「レディーボーデン カップセレクション」と同じ。

しかもパルムやレディーボーデンの方が内容量が多いときているから、辻利 お濃い抹茶がいかにプレミアム路線かが分かる。

しかしそれを納得させるだけの質が辻利 お濃い抹茶にはある。種類別アイスクリームとなる乳脂肪分10.0%が生み出す濃厚さもさることながら、抹茶の香りはもちろん適度な苦味・渋みも加え絶妙なバランス。

抹茶アイスの最上級としてハーゲンダッツのグリーンティーを思い浮かべる人も多いだろうが、辻利 お濃い抹茶はまたちょっと違う路線の濃厚さを味わえる。どっちが美味しいと感じるかは人それぞれだと思うけど。

ただ、少なくとも私が住んでいる周囲のスーパーではあまり売ってないんですよね。田舎の貧乏人には“刺さらない商品”なのかもしれない。比較的裕福な人間が多い都市部のスーパーだとまた違うのかも。

かつて力を入れていたプレミアムアイス「AYA」が販売終了となり、かつ現在の主力商品がラクトアイスばかりとあって「明治に上質なアイスは作れないんじゃないか?」というイメージが私の中で存在した。

しかし辻利 お濃い抹茶は紛れもなく上質なアイスといえる。やるじゃん、明治!…と思いきや、製造しているのはハーゲンダッツやレディーボーデンの一部商品も製造する「株式会社やまひろ」なのね。

やはり明治は“ラクトアイスメイカー”か…

あわせて読みたい関連記事

カテゴリ一覧