明治 宇治金時の値上げ・ステルス値上げ情報

明治 宇治金時の値上げ・ステルス値上げ情報
メーカー 株式会社 明治
商品名 明治 宇治金時
内容量 65ml×6本
参考小売価格 350円(税別)
原材料 ぶどう糖果糖液糖、砂糖、あん、乳製品、植物油脂、まっ茶、食塩/安定剤(増粘多糖類)、乳化剤、香料、pH調整剤、着色料(V.B2、カロチノイド)、(一部に乳成分・大豆を含む)
栄養成分
1本(65ml)
エネルギー 97kcal
たんぱく質 1.5g
脂質 2.2g
炭水化物 17.9g
食塩相当量 0.049g
発売日 1986年

価格・内容量推移
年月日 内容量 参考小売価格(税別)
1986年~ 6本 300円
1998年時点 75ml×6本 300円
不明 70ml×6本 300円
2008年頃~ 65ml×6本 300円
2015年3月~ 65ml×6本 330円
2019年3月~ 65ml×6本 350円
2022年6月~ 65ml×6本 380円

値上げ理由・建前
タイミング 公表内容
450ml→420ml なし
420ml→390ml なし
300円→330円 乳原料や植物性油脂、エネルギーコストなどの価格が高騰しており、企業努力の範囲内では吸収できない状況となったため。
330円→350円 人件費や物流費の上昇、原材料価格の高騰により、現状の価格設定による販売の継続が難しい状況となったため。
350円→380円 世界的な需要拡大や生産地の天候不順などの影響により原材料価格が上昇。またエネルギーコストなど諸経費も高止まりし、現状の価格や内容量による販売の継続が難しい状況となったため。

参考サイト
公式サイト 株式会社 明治
1986年 6本 300円 発売時商品画像
1998年 450ml 300円 日本食量新聞
420ml 300円の情報 もぐナビ
2015年 330円に値上げ 明治 プレスリリース
2019年 350円に値上げ 明治 プレスリリース
2022年 380円に値上げ 明治 プレスリリース

明治 宇治金時の値上げ解説

抹茶あすきの氷菓と練乳をミルクアイスで包んだ「明治 宇治金時」。「あずきと抹茶、練乳の組み合わせって鉄板だよね」と感じさせてくれる逸品といえます。

1986年の発売時の詳細な内容量は不明ながら、6本入りで300円だったことは確認。1998年時点で75ml×6本入り、税別300円となっていました。

その後時期は不明ながら70ml×6本に実質値上げされ、2008年頃には現在と同じ65ml×6本へとさらなる内容量減を実施。「昔に比べて1本1本が小さくなったな~」と感じているあなた、その感覚は間違っていませんよ。

価格面においても2015年に330円、2019年には350円に値上げされています。まあこのあたりは大手メーカー製マルチパックアイスのほとんどが同じ動きなので致し方ない部分もあるかと。

…なんて許容の姿勢を我々消費者が見せようものなら、連中は調子に乗ってさらなる値上げやステルス値上げに踏み切りやがるけどな。

事実、2022年6月にはさらに30円値上げして380円に。そうなると、さすがにもう買う買うことはないかも。

ただ、ステルス値上げや値上げが行われたとはいえ、あずき抹茶のシャーベットに練乳、ミルクアイスコーティングという凝った内容で390ml入り実売価格200~250円ならそれほど悪くない…のか? 特売なら200円以下になることもあるしね。

あまり練乳に馴染みがない私としては、ロッテ「練乳ミルクバー」のような練乳メインのアイスはあえて食べる気にはならないが、この宇治金時はたまに無性に食べたくなる時がある。実際、年に1、2回は食べている気がする。

んが、“超類似品”ともいえるロッテの「とろーりれん乳三昧 宇治金時」も存在しており、たまに買って食べていたのが明治の宇治金時なのか、ロッテのとろーりれん乳三昧 宇治金時なのか定かではない。

明治 宇治金時とロッテ とろーりれん乳三昧

この2つ、税別350円という価格もさることながら、内容量も65ml×6本で同一。「たまたま偶然そっくりな形・規格になりました」なんてありえないレベル。どっちがパクったのかについてはあえて明言を避けるが。

私が食べていたのはどっちなんだろう…あずき抹茶の氷菓の中に練乳は入っていなかった気がするから明治の宇治金時かな?

内容量を減らされ、値上げもされコストパフォーマンスは確実に悪化したものの、それでも十分魅力的なパッケージといえる明治 宇治金時。今年もまた無性に食べたくなる時が来るのだろう。

あわせて読みたい関連記事

カテゴリ一覧