アーモンドチョコレートアイスバーの値上げ情報

明治 アーモンドチョコレートアイスバーの値上げ情報
メーカー 株式会社 明治
商品名 明治 アーモンドチョコレートアイスバー
内容量 47ml×6本
参考小売価格 450円(税別)
原材料 準チョコレート、水あめ、植物油脂、アーモンド、乳製品、砂糖、粉あめ、ぶどう糖果糖液糖、食塩/乳化剤、安定剤(増粘多糖類)、香料、アナトー色素、(一部に乳成分・大豆を含む)
栄養成分
1本(47ml)
エネルギー 133kcal
たんぱく質 1.6g
脂質 9.3g
炭水化物 10.6g
食塩相当量 0.035g
発売日 2010年3月

価格・内容量推移
年月日 内容量 参考小売価格(税別)
2010年3月~ 55ml×6本 380円
(オープン価格)
2013年時点 50ml×7本 380円
(オープン価格)
2018年9月~ 47ml×6本 420円
2019年3月~ 47ml×6本 450円

値上げ理由・建前
タイミング 公表内容
330ml→350ml なし
350ml→282ml
380円→420円
明治 アーモンドチョコレートアイスバー新発売。アーモンドペーストを混ぜ込んだアイスを、直火でローストしたクラッシュアーモンド入りのチョコレートでコーティング。
420円→450円 人件費や物流費の上昇、原材料価格の高騰により、現状の価格設定による販売の継続が難しい状況となったため。

参考サイト
公式サイト 株式会社 明治
2010年 330ml 380円 明治乳業 プレスリリース
2013年 350ml 380円 明治 商品情報
2018年 282ml 420円 明治 プレスリリース
2019年 450円に値上げ 明治 プレスリリース

アーモンドチョコレートアイスバーの値上げ解説

どこのスーパーやコンビニのお菓子売り場でも「置いていないことは考えられない」というほど大人気の明治アーモンドチョコレートをアイスにした…という触れ込みの「明治 アーモンドチョコレートアイスバー」。

数あるアーモンドチョコレートの中でもNO.1の人気を誇る明治だけに、アイスの方も期待せずにはいられませんよね。

アーモンドチョコレートアイスバーの登場は2010年。内容量55ml×6本でオープン価格となっていました。

ただ、同時期に存在したストロベリーチョコレートアイスバーが当時380円で、現在アーモンドチョコレートアイスバーと同じ450円となっていることから、オープン価格ながら想定小売価格は380円であったことは想像に難くない。

その当時、ストロベリーチョコレートアイスバーがあ53ml×7本の計371mlだったことを考えると、330ml入りのアーモンドチョコレートアイスバーはよりプレミアムな方向性だったのだろう。ラクトアイスの分際で。

しかし2013年頃、それまでの55ml×6本から50ml×7本に。価格据え置きで330mlから350mlに増えたのだから実質値下げと言っていいでしょう。内容量をストロベリーチョコレートアイスバーと揃え姉妹品的位置付けにした…ということか。

ここまでは非常に良心的な雰囲気なんだが…

2015年頃には一旦販売を終了したようで、その後数年間はラインナップから消えていましたが、2018年に復活。しかし内容量は47ml×6本の計282mlに激減し、しかも価格は420円に値上げというしょぼい仕様に。2019年には450円に値上げ。

ストロベリーチョコレートアイスバーのページでも書いたが、このシリーズは明らかに高すぎる。中身のアイスはラクトアイス、内容量は282mlと少ないのに450円とは…

それはロッテが販売しているハーシーのアーモンドチョコレートアイスバーが50ml×6本で350円という点を見ても明らか。明治は人気のチョコレートブランドに胡坐をかいているようにしか見えない。

ま、気に入らないのであれば買わなければいいだけの話なんだけどね。

色々と美味しいお菓子を提供してくれる明治自体に悪いイメージはないものの、ことアーモンドチョコレートアイスバーやストロベリーチョコレートアイスバーに関しては「消費者を馬鹿にしているのか?」という印象しか湧いてこない。

あわせて読みたい関連記事

カテゴリ一覧