ストロベリーチョコレートアイスバーの値上げ情報

明治 ストロベリーチョコレートアイスバーの値上げ情報
メーカー 株式会社 明治
商品名 明治 ストロベリーチョコレートアイスバー
内容量 47ml×6本
参考小売価格 450円(税別)
原材料 チョコレート、いちごソース、植物油脂、砂糖、水あめ、乳製品、ぶどう糖果糖液糖、いちご加工品、食塩、寒天/乳化剤、安定剤(増粘多糖類)、酸味料、香料、野菜色素、(一部に乳成分・大豆を含む)
栄養成分
1本(47ml)
エネルギー 130kcal
たんぱく質 1.5g
脂質 8.3g
炭水化物 12.4g
食塩相当量 0.027g
発売日 2002年

価格・内容量推移
年月日 内容量 参考小売価格(税別)
2002年~ 55ml×8本 380円
不明 53ml×8本 380円
2008年頃~ 53ml×7本 380円
2013年時点 50ml×7本 380円
2017年9月~ 47ml×6本 420円
2019年3月~ 47ml×6本 450円

値上げ理由・建前
タイミング 公表内容
440ml→424ml なし
424ml→371ml なし
371ml→350ml なし
350ml→282ml
380円→420円
明治 ストロベリーチョコレートアイスバー新発売。風味豊かな苺の風味と食感のアクセントになる苺フリーズドライで、飽きることなく最後まで楽しめる。
420円→450円 人件費や物流費の上昇、原材料価格の高騰により、現状の価格設定による販売の継続が難しい状況となったため。

参考サイト
公式サイト 株式会社 明治
2002年 440ml 380円 明治乳業 商品紹介
424ml 380円の情報 もぐナビ
2012年 371ml 380円 明治 商品情報
2013年 350ml 380円 明治 商品情報
2017年 282ml 420円 明治 ニュースリリース
2019年 450円に値上げ 明治 プレスリリース

ストロベリーチョコレートアイスバーの値上げ解説

明治の大人気チョコレートであるストロベリーチョコレートをアイスとして楽しめる「ストロベリーチョコレートアイスバー」。非常に魅力的なパッケージながら、その値上げっぷりは極悪で、明治の良心を疑うレベル。

明治からストロベリーチョコレートアイスバーが発売されたのは2002年。当時の内容量は55ml×8本の計440mlで、価格は税別380円でした。

その当時、多くのマルチパックアイスが税別300円であり、380円だったストロベリーチョコレートアイスバーは「ややプレミアム感のあるアイス」という位置付けだったと思われます。現在のパルムやガーナ系アイスと同じような位置付け。

380円というのは決して安くないものの、いちごの果汁と果肉を使用したストロベリーアイスを、同じくいちごの果肉を混ぜ込んだチョコレートでコーティングしている凝った仕様により、この価格にも説得力があった。

ちなみにこのストロベリーチョコレートアイスバーはずっと継続して販売されていたわけではなく、何度かの発売と販売終了繰り返しているという特徴が。そして、新発売のたびにどんどんしょぼくなっていった商品の典型でもある。

時期は不明ながら、少なくとも2006~2007年までには内容量が53ml×8本の計424mlに実質値上げされている。そして2008年頃には53ml×7本の計371mlに。もちろん価格は据え置きでね。

2013年時点では50ml×7本の計350mlになっていたことを確認しており、その後数年の空白期間を経て2017年に再登場した時の内容量は現在と同じ47ml×6本の計282mlになり、価格も420円に値上げ。

明治 ストロベリーチョコレートアイスバーの酷い実質値上げ

そして2019年には450円へとさらなる値上げを行っています。

2002年の発売時440ml入り380円だった明治 ストロベリーチョコレートアイスバーは、たった17年で282ml450円になったわけだ

これがどの程度の値上げかというと、内容量が約36%減った一方で価格は約16%値上げ。分かりやすく1mlあたりの価格で見ると、発売時は1mlあたり0.86円、現在は約1.6円なので価格はほぼ2倍になった計算。

はっきり言って明治のアイスの中でも屈指のクソ対応商品。

いちご果肉を使用しているとはいえ、その割合は8%で、しかも中のアイスはただのラクトアイス。果汁を5%使用し、種類別アイスクリームの濃厚さが堪能できる「パルム ストロベリー」ですら450円で55ml×6本の計330ml入っているぞ。

ストロベリーチョコレートに定評がある明治とあって、なんだかんだ言っても実際に食べてみりゃそりゃ美味しいよ。だがこの内容でこの価格は明らかにおかしい。

味うんぬんはさておき、明治を調子に乗らせないためにも、こういった消費者を舐めたような価格設定の商品は絶対に買いたくない。150円くらいで投げ売りされていれば話は別だが。

あわせて読みたい関連記事

カテゴリ一覧