明治 ハピフルの値上げ・実質値下げ情報

明治 ハピフルの値上げ・実質値下げ情報
メーカー 株式会社 明治
商品名 Hapifull(ハピフル)
内容量 70ml×5個
参考小売価格 350円(税別)
原材料
(バニラ&いちごソース)
砂糖、植物油脂、乳製品、水あめ、コーン、いちご果汁・果肉、食塩/加工デンプン、乳化剤、安定剤(増粘多糖類)、酸味料、香料、着色料(紅麹、アントシアニン、カロチノイド、V.B2)、乳酸カルシウム、(一部に小麦・乳成分・大豆を含む)
栄養成分
1個(70ml)
エネルギー 88kcal
たんぱく質 1.3g
脂質 4.1g
炭水化物 11.4g
食塩相当量 0.079g
発売日 2015年9月

価格・内容量推移
年月日 内容量 参考小売価格(税別)
2015年9月~ 70ml×6個 420円
2016年9月~ 70ml×5個 330円
2019年3月~ 70ml×5個 350円

値上げ理由・建前
タイミング 公表内容
420ml→350ml
420円→330円
なし
330円→350円 人件費や物流費の上昇、原材料価格の高騰により、現状の価格設定による販売の継続が難しい状況となったため。

参考サイト
公式サイト 株式会社 明治
2015年 420ml 420円 日本食量新聞
2016年 350ml 330円 明治 商品情報
2019年 350円に値上げ 明治 プレスリリース

明治 ハピフルの値上げ解説

明治の商品群の中でソフトクリームのマルチパックといえば「うずまきソフト」が知られていますが、実はもうひとつ存在するんです。それが「Hapifull(ハピフル)」です。

2015年9月に発売されたこのハピフル、登場時は70ml×6個の計420mlで価格は税別420円でした。ちなみに当時のうずまきソフトは70ml×6個で330円。

2015年時点で420円のマルチパックアイスといえば、森永乳業のパルムやロッテのガーナ濃厚チョコレートアイスなどに代表される、ややプレミアム感がある中価格帯商品。

種類別ラクトアイスで330円のうずまきソフトと同じ内容量、違いといえばいちごソースやチョコレートソースがかかっているくらい。使用しているコーンすらうずまきソフトと共通なんだから安っぽさは全開ですよ。

明治 ハピフルとうずまきソフトはコーン共用

コーンの「STARCUP」の文字がすべてを物語る。

うずまきソフトにチョコソースやいちごソースをかけただけで90円も高くなったハピフル…うずまきソフトは比較的人気のある定番アイスである一方、ハピフルがマイナーなのはこのあたりにも理由があるのだろう。

この割高感が理由なのかどうかは定かではないが、ハピフルは発売から約1年で路線変更に踏み切り、内容量をそれまでの70ml×6個から1個減らし5個入りとしたうえで、価格をうずまきソフトと同じ330円へ。

明治 ハピフル、6個入り420円から5個入り330円へ

420ml420円から350ml330円になったのだから実質値下げといっていいでしょう。値上げが相次ぐ昨今にあって、発売からたった1年で実質値下げ…よほど売れなかったんだろうなぁ…

それでも私なら70ml×6個のうずまきソフトを買うがな。

そして2019年には他のアイスと足並みを揃えるように350円に値上げ。420ml420円で売り出したハピフルは、この値上げによって350ml350円となり、結局発売時のコストパフォーマンスに戻ることに。もう勝手にしろ。

にしても、もうちょっと差別化を図れなったものかね? 種類別ラクトアイスのうずまきソフトに対し、ハピフルは種類別アイスクリームにしていれば、同じ内容量で90円差も十分納得できるものだったろうに。

よくよく考えると、明治の主力アイスってほとんどラクトアイスだよね。ラクトアイスにこだわりがあるのか、それとも上質なアイスクリームを活かす技術や企画力がないのか…

ご存知の通り現在の「明治」は2011年まで「明治乳業」という社名だった。だというのに乳脂肪分を使用しないラクトアイスばかり。なんとも皮肉な話だわ。

あわせて読みたい関連記事

カテゴリ一覧