さやえんどうの実質値上げ情報

さやえんどうの値上げ情報
メーカー カルビー株式会社
商品名 さやえんどう
発売日 1993年

さやえんどう レギュラーサイズ
年月日 内容量 想定価格(税込)
2000年10月~ 80g 130円
2007年7月~ 70g 130円
2019年7月~ 67g 130円

さやえんどう ミニサイズ
年月日 内容量 想定価格(税込)
2000年10月~ 28g 40円
2007年7月~ 26g 40円

参考サイト
公式サイト カルビー株式会社
2000年 80g130円 カルビーニュースリリース
2007年 70gへ実質値上げ カルビーニュースリリース
2019年 67gへ実質値上げ カルビーニュースリリース

さやえんどうの値上げ解説

春から夏にかけて旬となるさやえんどう(絹さや)の形を模したスナック菓子であるカルビーの「さやえんどう」。なんのひねりもないな。

発売時となる1993年の価格や内容量は不明ですが、2000年時点では80g入り130円というのが確認できます。2007年には12.5%減となる70gへステルス値上げ(実質値上げ)。この頃のカルビーは片っ端から値上げを行っている。

その後は長期にわたり70gを維持していたものの、10%への消費税増税が迫る2019年7月に67gへ。確認できる範囲ではさやえんどうの値上げや実質値上げはこの2回のみ。

とはいえ、他のカルビーの商品の動向を見るに、1998年頃のさやえんどうの想定価格は118円くらいだったと思われる。2000年時点で130円の商品は大体が1998年時点で118円ですからね。“証拠”がないから記載は控えているけどな。

パッケージに「食物繊維たっぷり」と書いてあり、かつ油の使用を極力避けていることもあって“ちょっと健康的なスナック菓子”という印象があるさやえんどう。なんとも胡散臭い…

で、実際の食物繊維量を見てみると67g入りのもので食物繊維7.4gとある。炭水化物量は35.3gと他のスナック菓子と大差ないものの、食物繊維が多めな分だけ糖質は控えられています。ちょっとだけどな。

ところで豆系のスナックといえばさやえんどうより東ハトの「ビーノ」を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。実際私もどちらかといえばビーノの方が馴染みがある。

ちょっと調べてみたら内容量はさやえんどうの67gに対しビーノが70g。価格はほぼ同じか若干ながらビーノが安い。

食べた印象としては、ある程度塩気が効いていてサクサク、いかにもスナック菓子らしい食感なのがさやえんどう、塩気が少なく素朴、豆の風味がありやや独特の軽い食感が売りのビーノといったところ。

ちなみに発売日はさやえんどうの1993年に対しビーノは1991年。悪く言えばさやえんどうは“二番煎じ”となる。そういえばポテトチップスも湖池屋の二番煎じだったが、巧みな広告・商品展開で先発を喰い首位に躍り出たのよね。

個人的にはさやえんどうよりビーノの方が好き。でもカロリー的にはさやえんどうが67gで324kcal、ビーノが70gで430kcal。ずいぶんとカロリー控えめだな、さやえんどうの野郎!

さやえんどうとビーノの成分表比較

体重や摂取カロリーを気にする私としては、さやえんどうがここまで低カロリーだとこっちを選ばざるを得ないか…すまぬビーノ…

あわせて読みたい関連記事

カテゴリ一覧