伊藤ハム パルキーのステルス値上げ情報

パルキーのステルス値上げ情報
メーカー 伊藤ハム株式会社
商品名 パルキー
内容量 50g
参考小売価格 120円(税込)
原材料 鶏肉(国産又は輸入)、豚脂肪、豚肉、結着材料(植物性たん白、でん粉、卵たん白)、糖類(水あめ、ぶどう糖、砂糖)、食塩、脱脂粉乳、香辛料/炭酸カルシウム、リン酸塩(Na)、調味料(アミノ酸等)、酸化防止剤(ビタミンC)、pH調整剤、発色剤(亜硝酸Na)、(一部に小麦・卵・乳成分・大豆・鶏肉・豚肉を含む)
栄養成分
(50gあたり)
エネルギー 145kcal
たんぱく質 5.9g
脂質 12.2g
炭水化物 2.9g
食塩相当量 1.1g
発売日 1974年

価格・内容量推移
年月日 内容量 参考小売価格(税込)
1978年時点 150g 不明
2003年6月時点 85g 不明
2012年時点 65g 120円
2013年7月~ 59g 120円
2014年7月~ 50g 120円

値上げ理由・建前
タイミング 公表内容
85g→65g 不明
65g→59g 主原料である豚肉や鶏肉などの価格高騰や円安、電力やガス等の値上がりが今後も継続される見通しであり、それらコスト高を吸収し品質を維持することが困難な状況であるため。
59g→50g 主原料である豚肉や鶏肉、牛肉の価格高騰が止まらず、電力やガスなどユーティリティ費用も値上がる見通し。補助材料価格や副資材価格も高い水準で推移し経営を圧迫しているため。

参考サイト
公式サイト 伊藤ハム株式会社
1978年 150g 1978年当時のパッケージ画像
2003年 85g 伊藤ハム 商品紹介
2012年 65g サンライフ チラシ
2013年 59g サンライフ チラシ
2014年 50gにステルス値上げ サンライフ チラシ

パルキーの値上げ解説

伊藤ハムの皮なしソーセージ「パルキー」は、少ない内容量ながら安価な価格が功を奏してか一定の支持を得ているロングセラー商品。ありていに言えば1966年に発売された日本ハム「ウィニー」のパクリ。

小さめの皮なしソーセージという性質上、同社のポークビッツと比較されがちですが、ポークビッツが1本約3.4gなのに対し、パルキーは1本約7.1gと2倍以上の大きさとあって食べ応えはパルキーに軍配が上がる。

そんなパルキー、現在でこそ1袋50gと少ないものの、2003年時点では85gも入っていました。それでいて価格は100円そこそこだったのだからいい時代だった。現在71gのポークビッツもこの頃は115gだったからね。

伊藤ハムの中でもパルキーはそれほど売れ筋ではないこともあり情報が少なく、2003年以後に実質値上げが行われ内容量減が確認できたのは2012年の65gということに。

ポークビッツなど細かな実質値上げを繰り返す伊藤ハムの手法を見るに、パルキーも85gから段階的に65gへと減らされた可能性が高いのですが…とにかく情報が出てこないため断念。

2013年には豚肉や鶏肉といった原材料価格、エネルギー価格の高騰を口実に59gへとステルス値上げ。翌2014年7月にもまったく同じ理由により50gへと減らし現在に至ります。

参考小売価格120円、実売価格80~100円程度と、ソーセージとしては安価とはいえ、小さめの皮なしソーセージが7本しか入っていない…

同社のグランドアルトバイエルン2個束(127g×2袋)がセール時に298円くらいで買えることを考えると、50gで実売価格80~100円のパルキーはむしろ割高と言っていい。まあ、この2つはそもそものターゲットが違うのだろうが。

さて、ここまであえて触れなかったが、パルキーが発売されて間もない1978年当時、内容量は150gもあり、1本1本の長さも現在の2倍以上はありそう。1990年くらいのものと思われる右のパルキーもそれなりの量が入っています。

パルキーの昔のパッケージ

アグネスチャンの笑顔が眩しい昔のパルキーは、現在の「小さい皮なしソーセージが少量入った商品」ではなく、「オーソドックスな大きさと内容量の皮なしソーセージ」というコンセプトだったのかもしれない。

CMもそれなりに流されていたし、かつては伊藤ハムを支える人気商品の一角だったのだろう。現在ではコンセプトの変更や徹底的な実質値上げ、様々な人気商品の台頭により存在感は薄れる一方だが…

また、ちょっと気になった点として、昔のパルキーの原材料は「豚肉、鶏肉、結着材料…」の順で表示されていました。しかし現在は「鶏肉、豚脂肪、豚肉、結着材料…」の順。

重量が多いものから掲載するというルールからいくと、昔は豚肉がメイン、現在は鶏肉メインということに。味の好みはさておき、ソーセージは豚肉の割合が多い方が美味しくなるというのが一般的。

内容量の減少のみならず、こういった原材料においても「ステルス値上げ」といえるのかもしれない。

なんかこう…こだわりやポリシーに乏しい商品だなという印象。

あわせて読みたい関連記事

カテゴリ一覧