大阪王将の値上げ情報

大阪王将の値上げ情報
運営会社 株式会社イートアンドホールディングス
店名 大阪王将
創業 1969年

餃子
年月日 価格(税込)
2012年10月時点 東日本 西日本
230円 210円
2014年7月時点 東日本 西日本
240円 220円
2021年3月時点 東日本 西日本
265円 245円

ふわとろ天津飯
年月日 価格(税込)
2012年10月時点 東日本 西日本
390円 390円
2014年7月時点 東日本 西日本
390円 390円
2021年3月時点 東日本 西日本
499円 499円

ふわとろ天津炒飯
年月日 価格(税込)
2014年7月時点 東日本 西日本
720円 590円
2021年3月時点 東日本 西日本
733円 733円

五目炒飯
年月日 価格(税込)
2012年10月時点 東日本 西日本
460円 460円
2014年7月時点 東日本 西日本
480円 480円
2021年3月時点 東日本 西日本
540円 540円

中華丼
年月日 価格(税込)
2012年10月時点 東日本 西日本
590円 590円
2014年7月時点 東日本 西日本
630円 630円
2021年3月時点 東日本 西日本
673円 673円

四川麻婆丼
年月日 価格(税込)
2012年10月時点 東日本 西日本
590円 590円
2014年7月時点 東日本 西日本
630円 630円
2021年3月時点 東日本 西日本
673円 673円

醤油ラーメン(旧中華そば)
年月日 価格(税込)
2012年10月時点 東日本 西日本
490円 490円
2014年7月時点 東日本 西日本
510円 510円
2021年3月時点 東日本 西日本
561円 561円

担々麺
年月日 価格(税込)
2012年10月時点 東日本 西日本
690円 690円
2014年7月時点 東日本 西日本
690円 690円
2021年3月時点 東日本 西日本
743円 743円

五目あんかけラーメン
年月日 価格(税込)
2014年7月時点 東日本 西日本
790円 730円
2021年3月時点 東日本 西日本
764円 764円

もちもと太麺の炒め焼きそば
年月日 価格(税込)
2012年10月時点 東日本 西日本
630円 630円
2014年7月時点 東日本 西日本
660円 660円
2021年3月時点 東日本 西日本
693円 693円

レバニラ炒め
年月日 価格(税込)
2012年10月時点 東日本 西日本
630円 630円
2014年7月時点 東日本 西日本
590円 660円
2021年3月時点 東日本 西日本
702円 702円

ごちそうキャベツのホイコーロー
年月日 価格(税込)
2012年10月時点 東日本 西日本
690円 690円
2014年7月時点 東日本 西日本
530円 720円
2021年3月時点 東日本 西日本
743円 743円

海老のチリソース
年月日 価格(税込)
2012年10月時点 東日本 西日本
690円 690円
2014年7月時点 東日本 西日本
590円 720円
2021年3月時点 東日本 西日本
845円 845円

四川麻婆豆腐
年月日 価格(税込)
2012年10月時点 東日本 西日本
530円 530円
2014年7月時点 東日本 西日本
590円 590円
2021年3月時点 東日本 西日本
702円 702円

チンジャオロース
年月日 価格(税込)
2012年10月時点 東日本 西日本
690円 690円
2014年7月時点 東日本 西日本
590円 720円
2021年3月時点 東日本 西日本
743円 743円

肉と野菜炒め
年月日 価格(税込)
2012年10月時点 東日本 西日本
530円 530円
2014年7月時点 東日本 西日本
490円 560円
2021年3月時点 東日本 西日本
642円 642円

海老マヨネーズ
年月日 価格(税込)
2012年10月時点 東日本 西日本
630円 630円
2014年7月時点 東日本 西日本
590円 660円
2021年3月時点 東日本 西日本
743円 743円

ムーシーロー
年月日 価格(税込)
2014年7月時点 東日本 西日本
490円 560円
2021年3月時点 東日本 西日本
642円 642円

小海老の天ぷら
年月日 価格(税込)
2012年10月時点 東日本 西日本
590円 590円
2014年7月時点 東日本 西日本
560円 620円
2021年3月時点 東日本 西日本
632円 632円

ゴマ団子
年月日 価格(税込)
2012年10月時点 東日本 西日本
230円 230円
2014年7月時点 東日本 西日本
230円 240円
2021年3月時点 東日本 西日本
295円 295円

天津飯・餃子セット
年月日 価格(税込)
2012年10月時点 東日本 西日本
620円 600円
2014年7月時点 東日本 西日本
600円
2021年3月時点 東日本 西日本
732円 734円

半チャンセット
年月日 価格(税込)
2012年10月時点 東日本 西日本
790円 790円
2014年7月時点 東日本 西日本
820円 830円
2021年3月時点 東日本 西日本
876円 880円

参考サイト
公式サイト 大阪王将
2012年 東日本メニュー 大阪王将 メニュー東日本
2012年 西日本メニュー 大阪王将 メニュー西日本
2014年 東日本メニュー 餃子の王将 プレスリリース
2014年 西日本メニュー 餃子の王将 プレスリリース

大阪王将の値上げ解説

王将といえば餃子。しかし、ご存知の通り(?)王将は2つ存在し、ここで紹介するのは“じゃないほう”である「大阪王将」の値上げ情報になります。(失礼)

大阪王将といい餃子の王将といい、同じメニューでも関東と関西で価格が異なることも多く、そこからさらに細分化されていることもあるから訳が分からん。

各地のメニューとにらめっこしていては情報が錯綜してしまうため、ここでは公式サイトに存在する東日本と西日本のメニューを参考に、その値上げっぷりを掲載しています。面倒だから値上げ時期も調べていない雑仕様。

公式サイトにメニューが存在しだした2012年から2021年までの計9年間の比較ながら、その値上げ幅は結構なもの。

看板メニューのひとつである「ふわとろ天津飯」は100円ほどの値上げになっており、元々安く設定されていた西日本のふわとろ天津炒飯にいたっては消費税も含めると140円以上高くなっている。

中でも特に値上げが激しいのが「逸品料理」のカテゴリで、海老のチリソースや四川麻婆豆腐はえげつない値上げが行われている。原価が安い麻婆豆腐ごときをなんでここまで値上げする必要があるのだろう?

「王将」といえば、意識せずにはいられない餃子の王将と価格を比較しても、大阪王将は全体的に高め。餃子の王将からのれん分けした、いわば“2番手”であるにもかかわらず、本家より割高という強気の姿勢は評価が分かれるところか。

個人的な価値観で評価するなら、これだけ似たりよったりの両社にあって大阪王将の方が割高というのは理解に苦しむ…と言わざるを得ない。

「餃子の王将」の看板を掲げながらも実質中華料理のファミレスと化している餃子の王将に対し、大阪王将はホワイト餃子のように餃子に特化しているというのであれば、限られたメニューが餃子の王将より高いというのも理解できる。

しかし大阪王将も餃子の王将と同レベルの、ただの中華ファミレスなんですよね。メニューも似たりよったりである中で、餃子の王将より割高というのは…まあ、行かなきゃいいだけなので「勝手にしろ」というのが本音だが。

餃子の王将と大阪王将しか飲食店がないというのであれば、否が応でも比較せざるを得ないが、大手チェーンはもとより地元のこじんまりした店を含めれば、世の中にはこいつらより安くて美味しい店は掃いて捨てるほど存在する。

大阪王将は人件費や原材料費の高騰により値上げしている。そのあたりは経営陣の経営判断なので好きにすればいい。

それに消費者が付いていくかどうかは分からないが、新型コロナ禍においてもそれなりに業績を維持しているようなので、固定ファンを中心にそれなりの支持を得ているのでしょう。

ただこの経営を続ける限り、貧乏人かつケチである私が大阪王将に行くことは未来永劫ないでしょう。地元の小さな中華屋のほうが遥かに安いし、大手に目を向けても貧乏舌の私にとっては日高屋あたりで十分。

ま、大阪王将的には私のような人間をターゲットにしていないだろうしね。

幸楽苑、日高屋、餃子の王将など、中華料理を提供する大手チェーン店は複数存在するが、その中でも最も規模が小さく、かつ価格が高いのが大阪王将。近年の大幅な値上げでそれがより顕著になった格好か。

大阪王将の味はどの程度のレベルなのか? 価格に見合った味なのか? 比較的近くに店舗が存在するにもかかわらず、それを試そうとすら思わないレベルの価格帯。私とは住む世界が違うようだ。

あわせて読みたい関連記事

カテゴリ一覧