ケンタッキーフライドチキンの値上げ情報

ケンタッキーフライドチキンの値上げ情報
運営会社 日本KFCホールディングス株式会社
店名 ケンタッキーフライドチキン
創業 1970年11月21日(日本)

オリジナルチキン
年月日 価格(税込)
1ピース 2ピース 3ピース 6ピース 10ピース
1990年代初頭 185円 367円 525円 1,050円 1,720円
1996年時点 206円 391円 587円 1,143円 1,854円
2006年6月頃~ 210円 400円 600円 1,170円 1,890円
2007年7月~ 210円 400円 600円 1,180円 1,920円
2008年4月~ 230円 450円 670円 1,330円 2,210円
2008年11月頃~ 240円 470円 700円 1,390円 2,310円
2015年3月~ 250円 490円 740円 1,470円 2,450円

カーネルクリスピー
年月日 価格(税込)
2000年時点 136円
2006年6月頃~ 140円
2008年4月~ 160円
2008年11月頃~ 170円
2014年4月~ 180円
2015年3月~ 200円
2017年6月~ 220円
2019年10月~ 230円

チキンナゲット(5ピース)
年月日 価格(税込)
1990年代初頭 309円
2000年時点 346円
2006年6月頃~ 350円
2008年4月~ 380円
2014年9月時点 390円
2015年3月~ 400円

チキンフィレサンド
年月日 価格(税込)
1990年代初頭 298円
2000年時点 346円
2006年6月頃~ 350円
2008年4月~ 370円
2008年11月頃~ 380円
2014年4月~ 390円

コールスロー(M)
年月日 価格(税込)
2000年時点 189円
2006年6月頃~ 190円
2008年4月~ 220円
~2015年3月 240円
2015年3月~ 250円
2017年6月~ 260円

フライドポテトS
年月日 価格(税込)
1990年代初頭 144円
2000年時点 147円
2006年6月頃~ 150円
2008年4月~ 190円
2008年11月頃~ 200円
2019年4月~ 220円
2019年10月~ 230円

ビスケット
年月日 価格(税込)
1996年時点 103円
2000年時点 126円
2006年6月頃~ 130円
2007年7月~ 140円
2008年4月~ 160円
2008年11月頃~ 170円
~2015年3月 180円
2015年3月~ 200円
2017年6月~ 220円
2019年10月~ 230円

参考画像
1990年代初頭のメニュー
2006年6月のメニュー
2007年10月のメニュー
2015年4月のメニュー

ケンタッキーフライドチキンの値上げ解説

ケンタッキーフライドチキン(KFC)は圧力鍋で揚げた鶏の唐揚げを主力商品としているだけあって、ファーストフードの中では若干変わり種と言える存在。しかしファーストフードとしてはトップクラスの人気や店舗数を誇ります。

マクドナルドや吉野家などのファーストフードと違う点は、消費税増税時の価格据えを除き、これまで主力メニューで値下げを行っていないこと。それによりブランド力を維持に努めている印象を受けます。

それだけに“ケンタッキーはお高め”という印象は付いて回る。骨付き肉とあって可食部が少ない鶏肉が1ピース250円である。サイドメニュー関連も総じて高く割高感は拭えない。

看板商品であるオリジナルチキンは1990年頃の185円から1990年代半ばに210円、2008年には230円と段階的に値上げを行い、現在は250円。

ケンタッキーのサンド(バーガー)の象徴であるチキンフィレサンドは税抜290円から同330円、税込350円、370円を経て2014年4月以降は390円で落ち着いてる。共に約30年で3割程度の値上げだから妥当といえるでしょう。

一方でサイドメニューの値上げは激しい。

マクドナルドと比べ太く量が少ない印象のフライドポテトSは1990年頃税込144円だったのが現在230円。当時から考えると約60%高くなっている。原価が安いポテトおのSが230円って…

カーネルクリスピーも酷い。1998年頃の発売時には136円でしたが、値上げに次ぐ値上げで230円也。可食部50g程度しかないにもかかわらず。100gあたり450円の鶏のから揚げって…消費者舐めてる?

そして極めつきはビスケット。

私は10代の頃…1993年頃から1995年頃までケンタッキーでバイトしていました。バイトを始めた当初ビスケットに穴は開いておらず、価格も税抜100円だった。それが途中から穴あきに。

「火が均一に通るように」という理由を付けて真ん中に穴をあけたらしいが、コスト削減が目的なのは明らか。穴が開いていなかった当時のビスケットは外サックリ中ふんわりで非常に美味しかったからね。

しかもそこからの値上げっぷりは酷いの一言。バイトを辞めて以来ケンタッキーにはほとんど行っていなかったから知らなかったが、その後ビスケットは120円になり、130円、140円と徐々に値上げされ、現在のビスケットは230円もするのね。税抜き価格で考えても2倍超!

ケンタッキーフライドチキンの栄養成分表を見るにビスケットの重量は51gとなっている。まあまあ安めの焼き立てパン屋であればできたてふわふわの食パン1斤(340g以上)がそのくらいの値段で買えるぞ。

価格が高めに設定し落ち着いた雰囲気を演出することでマクドナルドと差別化を図っているといったところか。確かに客層はマクドナルドより遥かに良い。どちらかというとライバルはモスバーガーかな?

作り置き上等で脂っぽいオリジナルチキンはさておき、バイトしている時大好きだったビスケットとコールスロー。しかし今の価格を見るに今後私が食することはないだろう。美味しいが現在の値段を払うだけの価値はない。

まあまあお得な500円ランチであればあるいは…といったところか。500円ランチのポテトSがコールスローSになるようであればちょっと食べてみようかな。

あわせて読みたい関連記事

カテゴリ一覧