ミスタードーナツの値上げ・値下げ情報

ミスタードーナツの値上げ・値下げ情報
運営会社 株式会社ダスキン
店名 ミスタードーナツ
創業 1971年4月

フレンチクルーラー
年月日 カロリー 価格
1999年11月時点 ―kcal 115円
2002年6月時点 193kcal 115円
2008年2月~ 161kcal 126円
2013年12月~ 170kcal 136円
2014年4月~ 169kcal 140円
2016年11月~ 170kcal 108円
2019年10月~ 170kcal 108円(持ち帰り)
110円(店内)
2020年3月~ 154kcal 118円(持ち帰り)
121円(店内)
2022年3月~ 154kcal 129円(持ち帰り)
132円(店内)

エンゼルフレンチ
年月日 カロリー 価格
1999年11月時点 ―kcal 136円
2002年6月時点 210kcal 136円
2008年2月~ 176kcal 147円
2013年12月~ 202kcal 157円
2014年4月~ 201kcal 162円
2016年11月~ 201kcal 140円
2019年10月~ 200kcal 140円(持ち帰り)
143円(店内)
2020年3月~ 192kcal 151円(持ち帰り)
154円(店内)
2022年3月~ 192kcal 162円(持ち帰り)
165円(店内)

オールドファッション
年月日 カロリー 価格
1999年11月時点 ―kcal 115円
2002年6月時点 299kcal 115円
2008年2月~ 290kcal 126円
2013年12月~ 318kcal 136円
2014年4月~ 318kcal 140円
2016年11月~ 328kcal 108円
2019年5月~ 293kcal 118円
2019年10月~ 293kcal 118円(持ち帰り)
121円(店内)
2022年3月~ 293kcal 129円(持ち帰り)
132円(店内)

チョコファッション
年月日 カロリー 価格
1999年11月時点 ―kcal 126円
2002年6月時点 331kcal 126円
2008年2月~ 321kcal 136円
2013年12月~ 353kcal 147円
2014年4月~ 353kcal 151円
2016年11月~ 364kcal 129円
2019年5月~ 330kcal 140円
2019年10月~ 330kcal 140円(持ち帰り)
143円(店内)
2022年3月~ 330kcal 151円(持ち帰り)
154円(店内)

ポン・デ・リング
年月日 カロリー 価格
2003年4月~ 219kcal 105円
2008年2月~ 226kcal 126円
2014年4月~ 233kcal 129円
2015年4月~ 232kcal 140円
2016年11月~ 232kcal 108円
2019年10月~ 232kcal 108円(持ち帰り)
110円(店内)
2020年1月~ 219kcal 118円(持ち帰り)
121円(店内)
2022年3月~ 219kcal 129円(持ち帰り)
132円(店内)

ハニーディップ
年月日 カロリー 価格
1999年11月時点 ―kcal 94円
2002年6月時点 207kcal 94円
2007年9月~ 215kcal 126円
2008年11月~ 194kcal 115円
2014年4月~ 238kcal 118円
2015年4月~ 235kcal 129円
2016年11月~ 230kcal 108円
2019年10月~ 230kcal 108円(持ち帰り)
110円(店内)
2021年3月~ 202kcal 118円(持ち帰り)
121円(店内)
2022年3月~ 202kcal 129円(持ち帰り)
132円(店内)

チョコリング
年月日 カロリー 価格
1999年11月時点 ―kcal 105円
2002年6月時点 233kcal 105円
2007年9月~ 233kcal 136円
2008年11月~ 220kcal 126円
2014年4月~ 271kcal 129円
2015年4月~ 273kcal 140円
2016年11月~ 268kcal 129円
2019年10月~ 268kcal 129円(持ち帰り)
132円(店内)
2021年3月~ 238kcal 140円(持ち帰り)
143円(店内)
2022年3月~ 238kcal 151円(持ち帰り)
154円(店内)

エンゼルクリーム
年月日 カロリー 価格
1999年11月時点 ―kcal 115円
2002年6月時点 272kcal 115円
2008年1月~ 217kcal 147円
2008年11月~ 192kcal 136円
2013年12月~ 206kcal 147円
2014年4月~ 206kcal 151円
2016年11月~ 206kcal 129円
2019年10月~ 204kcal 129円(持ち帰り)
132円(店内)
2021年3月~ 201kcal 140円(持ち帰り)
143円(店内)
2022年3月~ 201kcal 151円(持ち帰り)
154円(店内)

チョコレート
年月日 カロリー 価格
1999年11月時点 ―kcal 105円
2002年6月時点 247kcal 105円
2008年2月~ 266kcal 115円
2008年4月~ 266kcal 126円
2009年5月~ 237kcal 105円
2014年4月~ 285kcal 108円
2015年4月~ 253kcal 118円
2016年11月~ 252kcal 108円
2019年5月~ 239kcal 118円
2019年10月~ 239kcal 118円(持ち帰り)
121円(店内)
2022年3月~ 239kcal 129円(持ち帰り)
132円(店内)

ココナツチョコレート
年月日 カロリー 価格
1999年11月時点 ―kcal 115円
2002年6月時点 269kcal 115円
2008年4月~ 289kcal 136円
2009年5月~ 256kcal 115円
2014年4月~ 303kcal 118円
2015年4月~ 269kcal 129円
2019年5月~ 259kcal 140円
2019年10月~ 259kcal 140円(持ち帰り)
143円(店内)
2022年3月~ 259kcal 151円(持ち帰り)
154円(店内)

ダブルチョコレート
年月日 カロリー 価格
1999年11月時点 ―kcal 115円
2002年6月時点 271kcal 115円
2008年2月~ 286kcal 136円
2009年5月~ 259kcal 115円
2014年4月~ 297kcal 118円
2015年4月~ 267kcal 129円
2019年5月~ 265kcal 140円
2019年10月~ 265kcal 140円(持ち帰り)
143円(店内)
2022年3月~ 265kcal 151円(持ち帰り)
154円(店内)

ハニーチュロ
年月日 カロリー 価格
1999年11月時点 ―kcal 126円
2002年6月時点 229kcal 126円
2013年12月~ 217kcal 136円
2014年4月~ 217kcal 140円
2016年11月~ 216kcal 129円
2019年10月~ 216kcal 129円(持ち帰り)
132円(店内)
2022年3月~ 216kcal 140円(持ち帰り)
143円(店内)

ドーナツポップ(ミスドビッツ)6個
年月日 カロリー 価格
1999年11月時点 ―kcal 210円
2002年6月時点 296kcal 210円
2013年11月~ 310kcal 231円
2014年4月~ 337kcal 237円
2015年5月~ 321kcal 226円
2019年10月~ 321kcal 226円(持ち帰り)
231円(店内)

ホット・スイーツパイ(りんご)
年月日 カロリー 価格
1999年11月時点 ―kcal 147円
2002年6月時点 259kcal 147円
2005年6月~ 246kcal 189円
2008年11月~ 259kcal 147円
2014年4月~ 164kcal 151円
2018年5月~ 294kcal 216円
2019年10月~ 264kcal 216円(持ち帰り)
220円(店内)
2022年3月~ 264kcal 226円(持ち帰り)
231円(店内)

汁そば
年月日 カロリー 価格
1999年11月時点 ―kcal 315円
2003年6月時点 217kcal 315円
2013年12月~ 232kcal 326円
2014年4月~ 232kcal 334円
2019年10月~ 231kcal 341円(店内)

胡麻担々麺(担々麺)
年月日 カロリー 価格
1999年11月時点 ―kcal 388円
2003年3月時点 311kcal 399円
2013年12月~ 515kcal 409円
2014年4月~ 515kcal 421円
2019年10月~ 571kcal 495円(店内)

参考サイト
公式サイト ミスタードーナツ
1999年11月時点の価格 ミスタードーナツ公式サイト
2008年2月 値上げ ミスタードーナツ ニュースリリース
2008年11月 一部値下げ ミスタードーナツ ニュースリリース
2013年12月 値上げ ミスタードーナツ ニュースリリース
2015年4月 値上げ ミスタードーナツ ニュースリリース
2016年11月 大幅値下げ ミスタードーナツ ニュースリリース
2021年3月 6種を値上げ ミスタードーナツ ニュースリリース
2022年3月 ドーナツ値上げ ミスタードーナツ ニュースリリース

ミスタードーナツの値上げ・値下げ解説

アメリカなど欧米のクソ甘いドーナツと違い、日本人の味覚に合わせた適度な甘さと軽い食感を併せ持つドーナツを提供するミスタードーナツ。いや、それでも十分甘いんだけどね。

そんなミスド、1999年から価格や値上げの推移を見てみると思った以上に価格が変わっていないことが分かります。ド定番であるオールドファッションとフレンチクルーラーは消費税を除くと完全に据え置きです。

それ以外の商品も20年間で1~2割程度の値上げに留めており、目立った量の減少(ステルス値上げ)もない…頑張ってるね、ミスタードーナツ。

しかしそれはあくまでも“2000年頃と現在を比較して”の話。2007年頃から明らかに値上げ路線に舵を切っており、多くの商品は今より20円程度高い値札をぶら下げていました。

ここ10年以上ミスドのドーナツを食べることはなかったからこんなに値上げされていたの知らなかったよ。フレンチクルーラーやオールドファッションが140円って…

状況が大きく変わったのは2016年11月。それまでの値上げ路線を改め大半のメニューを大きく値下げしたのです。もちろん量を減らすようなせこいこともしていない、完全なる値下げです。

その理由について、ミスタードーナツは「いつでもおいしいいドーナツをより幅広い方々に楽しんでいただく目的」としている。しかし、これまで人件費や原材料費の高騰を理由に値上げしてきたくせに、“今さら何言ってんだ感”は拭えない。

2016年の大幅値下げの本当の目的はセブンイレブンなどコンビニ大手がドーナツ販売に力を入れだしたからに他ならないでしょう。

なぜなら、2016年といえばアベノミクスにより人件費や原材料費がどんどん上がっていた時期なのですから。本当であれば値下げどころか値上げしたいはずなのに、それでも値下げしなければならない理由なんてそれしか思い浮かばない。

また、値下げと同時にこれまで頻繁に行っていた100円セールを廃止しています。定期的にセールをやると、その時しか買わない人が増えるため、この経営判断は正しいと言えるでしょう。

もちろん貧乏人の私もそのクチ。20年くらい前は100円セールどころか65円セールを行うことがあり、その時だけ買っていた記憶が。そうか、ミスドで買わなくなったのは65円セールがなくなり「100円セール?高っ!」って感じたからだわ。

いや、確かにミスドのドーナツは美味しんだけどね。定番のフレンチクルーラーやオールドファッション、ポンデリングは今でも食べたいと思うわ。

でも近年はホットケーキミックスや小麦粉を使い、おからやココア、よもぎ、さつまいもなどなど色々混ぜた甘さ控えめのドーナツを自作するので、1個120円でも高いと感じてしまう。しかも高カロリー…おいそれと手が出せない。

2021年3月にはイースト生地のリニューアルを機に6種のドーナツを値上げ。ハニーディップとシュガーレイズドが税別100円から110円に、チョコリング、ストロベリーリング、エンゼルクリーム、カスタードクリームが税別120円から130円へ。

この値上げの理由として、「イースト生地を改良したことでしっとり感を残しつつふんわり食感をアップさせ、優しい口溶けを味わうことができる」と謳っているが、それぞれの栄養成分を見てみると…

ミスタードーナツ 2021年 イースト生地のドーナツ値上げ

軒並みカロリー大幅減。エンゼルクリームとカスタードクリーム以外のすべては脂質が大幅に減っており、これがカロリー減の要因となっている。

これだけ脂質が減るということは、生地に練り込むバターやマーガリンなどの油脂類を減らした可能性が高い。お菓子の生地は配合している油脂が多い方がしっとり軟らかくなるなど、嗜好性が高くなるのが一般的。

練り込む油脂を減らすことでコストダウンしながら、“改良”を前面に押し出して値上げ。カロリーが減るのは単純に嬉しいものの、お菓子のセオリーからすると脂質が減って美味しくなるとは考えづらい。

ミスドはコストを減らしつつ値上げもしてほくほく。消費者は不味くなったものを高い価格で買わされてしょんぼり。こんな構図か。

また、2022年3月からドーナツ全品を10円値上げします。これによって2014~2015年頃の“高いミスド”に戻ってしまった。値上げの理由として、小麦粉や食用油、物流費の高騰を挙げています。

小麦に関しては2021年10月に政府売渡価格が一気に20%近く上昇したものの、近年は値下がり傾向にあったため、この大幅値上げでも2014~2015年あたりの小麦価格とほぼ同水準なんですよね。

ただ、食用油の原料となる菜種や大豆価格は歴史的な高値になっているのは間違いないし、原油価格の上昇に加え新型コロナの影響により海上輸送の需要が急増した結果海上運賃も上昇しており、物流コストが上がっているのも確か。

でもねぇ…新型コロナが落ち着き海上運賃や食用油の価格が下落してきても、ドーナツの価格を下げることは絶対にしないだろう。

最近のミスタードーナツは値上げ幅を最小限に抑え、量を減らすステルス値上げもほとんど確認できない優良なファーストフードという印象だったんだけどな…まあ、どのみち私は行かないが。

あわせて読みたい関連記事

カテゴリ一覧