餃子の王将の値上げ情報

餃子の王将の値上げ情報
運営会社 株式会社王将フードサービス
店名 餃子の王将
創業 1967年

餃子
年月日 価格(税込)
1998年2月時点 189円
2007年12月時点 東日本 西日本
231円 210円
2014年4月~ 東日本 西日本
237円 216円
2014年10月~ 東日本 西日本
259円 237円
2019年10月~ 東日本 西日本
264円 242円

棒棒鶏(蒸し鶏)
年月日 価格(税込)
1998年2月時点 472円
2007年12月時点 東日本 西日本
504円 399円
2014年4月~ 東日本 西日本
518円 410円
2014年10月~ 東日本 西日本
594円 486円
2019年10月~ 東日本 西日本
605円 495円

炒飯(旧焼めし)
年月日 価格(税込)
1998年2月時点 367円
2007年12月時点 東日本 西日本
420円 367円
2014年4月~ 東日本 西日本
432円 378円
2014年10月~ 東日本 西日本
486円 432円
2019年10月~ 東日本 西日本
495円 440円

キムチ炒飯(旧キムチ焼めし)
年月日 価格(税込)
1998年2月時点 420円
2007年12月時点 東日本 西日本
472円 420円
2014年4月~ 東日本 西日本
486円 432円
2014年10月~ 東日本 西日本
540円 486円
2019年10月~ 東日本 西日本
550円 495円

天津飯
年月日 価格(税込)
1998年2月時点 399円
2007年12月時点 東日本 西日本
462円 399円
2014年4月~ 東日本 西日本
475円 410円
2014年10月~ 東日本 西日本
518円 475円
2019年10月~ 東日本 西日本
528円 484円

中華飯(旧中華丼)
年月日 価格(税込)
1998年2月時点 420円
2007年12月時点 東日本 西日本
462円 420円
2014年4月~ 東日本 西日本
475円 432円
2014年10月~ 東日本 西日本
540円 496円
2019年10月~ 東日本 西日本
550円 506円

ニラレバ炒め
年月日 価格(税込)
1998年2月時点 472円
2007年12月時点 東日本 西日本
472円 472円
2014年4月~ 東日本 西日本
486円 486円
2014年10月~ 東日本 西日本
518円 518円
2019年10月~ 東日本 西日本
528円 528円

野菜炒め
年月日 価格(税込)
1998年2月時点 399円
2007年12月時点 東日本 西日本
462円 399円
2014年4月~ 東日本 西日本
475円 410円
2014年10月~ 東日本 西日本
507円 442円
2019年10月~ 東日本 西日本
517円 451円

酢豚
年月日 価格(税込)
1998年2月時点 504円
2007年12月時点 東日本 西日本
525円 504円
2014年4月~ 東日本 西日本
540円 518円
2014年10月~ 東日本 西日本
561円 540円
2019年10月~ 東日本 西日本
572円 550円

麻婆豆腐
年月日 価格(税込)
1998年2月時点 420円
2007年12月時点 東日本 西日本
472円 420円
2014年4月~ 東日本 西日本
486円 432円
2014年10月~ 東日本 西日本
540円 486円
2019年10月~ 東日本 西日本
550円 495円

八宝菜
年月日 価格(税込)
1998年2月時点 504円
2007年12月時点 東日本 西日本
525円 504円
2014年4月~ 東日本 西日本
540円 518円
2014年10月~ 東日本 西日本
561円 540円
2019年10月~ 東日本 西日本
572円 550円

カニ玉
年月日 価格(税込)
1998年2月時点 472円
2007年12月時点 東日本 西日本
472円 472円
2014年4月~ 東日本 西日本
486円 486円
2014年10月~ 東日本 西日本
518円 486円
2019年10月~ 東日本 西日本
528円 495円

もやし炒め
年月日 価格(税込)
1998年2月時点 367円
2007年12月時点 東日本 西日本
462円 399円
2014年4月~ 東日本 西日本
475円 410円
2014年10月~ 東日本 西日本
507円 442円
2019年10月~ 東日本 西日本
517円 451円

鶏の唐揚
年月日 価格(税込)
1998年2月時点 504円
2007年12月時点 東日本 西日本
525円 504円
2014年4月~ 東日本 西日本
540円 518円
2014年10月~ 東日本 西日本
561円 540円
2019年10月~ 東日本 西日本
572円 550円

チャーシュー麺
年月日 価格(税込)
1998年2月時点 609円
2007年12月時点 東日本 西日本
693円 609円
2014年4月~ 東日本 西日本
712円 626円
2014年10月~ 東日本 西日本
756円 712円
2019年10月~ 東日本 西日本
770円 726円

味噌ラーメン
年月日 価格(税込)
1998年2月時点 504円
2007年12月時点 東日本 西日本
630円 504円
2014年4月~ 東日本 西日本
648円 518円
2014年10月~ 東日本 西日本
702円 594円
2019年10月~ 東日本 西日本
715円 605円

五目そば
年月日 価格(税込)
1998年2月時点 525円
2007年12月時点 東日本 西日本
577円 525円
2014年4月~ 東日本 西日本
594円 540円
2014年10月~ 東日本 西日本
648円 594円
2019年10月~ 東日本 西日本
660円 605円

チャンポン
年月日 価格(税込)
1998年2月時点 525円
2007年12月時点 東日本 西日本
609円 525円
2014年4月~ 東日本 西日本
626円 540円
2014年10月~ 東日本 西日本
702円 626円
2019年10月~ 東日本 西日本
715円 638円

焼そば(醤油)
年月日 価格(税込)
1998年2月時点 367円
2007年12月時点 東日本 西日本
420円 367円
2014年4月~ 東日本 西日本
432円 378円
2014年10月~ 東日本 西日本
486円 432円
2019年10月~ 東日本 西日本
495円 440円

ごま団子
年月日 価格(税込)
1998年2月時点 262円
2007年12月時点 東日本 西日本
315円 262円
2014年4月~ 東日本 西日本
324円 270円
2014年10月~ 東日本 西日本
356円 302円
2019年10月~ 東日本 西日本
363円 308円

生ビール(中)
年月日 価格(税込)
1998年2月時点 483円
2007年12月時点 東日本 西日本
483円 483円
2014年4月~ 東日本 西日本
496円 496円
2017年~ 東日本 西日本
486円 496円
2019年10月~ 東日本 西日本
495円 506円
2020年~ 東日本 西日本
495円 418円

参考サイト
公式サイト 餃子の王将
1998年時点のメニュー 餃子の王将 メニュー
2007年時点のメニュー 餃子の王将 メニュー
2014年 大幅値上げ 餃子の王将 プレスリリース

餃子の王将の値上げ解説

「餃子の美味しい店は?」と問われれば、栃木県や静岡県近辺に住んでいる人なら地元の美味しいお店を挙げてくるかもしれない。しかし全国的に見れば「王将」を挙げる人が大多数を占めることでしょう。

そんな王将の名を冠したお店は「餃子の王将」と「大阪王将」の2つが存在しますが、ここで取り上げるのはより店舗数が多い「餃子の王将」。安いと評判の餃子の王将においても人件費や原材料費の高騰による値上げは避けることができなかった模様。

まず前提として、餃子の王将は東日本と西日本でメニューの価格が大きく異なり、また同じ名前のメニューでも地域によって中身は全く違う…なんてこともざら。ただ、基本は本社が存在しより多くの店舗がある西日本の方が安い。

多くの飲食店が何度も何度も値上げを繰り返している昨今、ここ20年ほどで餃子の王将が行った大規模な値上げは2014年の1回のみ。それ以外の値上げは消費税増税による税込価格の上昇であり、メニュー自体の値上げはごく少数に留まっています。

しかしその2014年の値上げが大幅なものであったため、以前と比べ割安感がかなり薄まってしまったのは否めない。

看板メニューである餃子は2014年に東日本で220円(税込237円)から240円(税込259円)に、西日本では200円(税込216円)から220円(税込237円)へと20円の値上げが行われています。

しかしこれはまだいい、餃子220円・240円というのはごく普通の相場だからね。

ご飯ものであれば、炒飯やキムチ炒飯は50円、中華飯は60円値上げされ、一品料理では中華の定番麻婆豆腐が50円の値上げ。特に麺類は値上げ幅が大きい傾向で、チャンポンが70~80円、その他多くの麺類が30~80円値上げされました。

まあ、他の飲食店もガンガン値上げしているから仕方ない面もある。実際に原材料や人件費は上がっているからね。ただひとつ言えることがある。「餃子の王将は決して安い店ではない」と。

大手中華チェーンで比較するなら日高屋の方が圧倒的に安いし、個人の中華屋の中にも餃子の王将よりボリューミーかつ安価な店はいくらでも見つかるだろう。チェーン店らしい平凡な味の餃子の王将があの値段とは…

確認できる限り、餃子の王将は値上げを1回しか行っていないのは間違いない。しかしそれは「安く提供するために頑張っている」というよりは、「元から安くないし、2014年の値上げ幅が大きいから1回で済んでいる」と見るべき。

私自身も「餃子の王将は安い」というイメージを持っていた時期が。ある日、出先で昼食をとるために餃子の王将に入りメニューを見て「全然安くねぇ…」と愕然としたものです。セットメニューにしても地元の中華料理屋より200~300円は高い。

そもそも西日本より東日本の方が平均的に50円ほど高いってバカにしてんのか? 「地域ごとの物価を考慮してのこと」という体だが、東日本で物価が高いのは東京・神奈川くらいのものだぞ。大阪・京都も全国3位4位の物価の高さなんだが?

物価うんぬん言うなら、なんでド田舎の茨城が東京と同じ価格なんだよと。茨城の田舎っぷりを舐めるなよ。なんてったって鈴木奈々の出身地だからな。

「『餃子』の王将」とはいっても、餃子に特化しているわけではなく、その中身はただの中華料理ファミレス。特別美味しいわけではないし、安いわけでもない。値上げは1回きりだが、その内容はえぐい。

あと地味に気になるのはメニューの栄養成分を一切公表していない点。カロリーや塩分が多い傾向にある中華料理だけに不親切。一方で国産原料である点は強烈にアピールしているが…健康には塩分やカロリーの方がよっぽど重要なんだよね。

餃子の王将はカロリーなど栄養成分を公表していない

店内調理にこだわり、店舗ごとに違うメニューやセットが存在するのは承知の上で、店内調理でも表示している飲食店は腐るほど存在するし、定番メニューには調理のひな型があるんだろうから、ある程度の目安として表示すりゃいいのに。

餃子の王将で褒められるところは…知名度と、そこから連想される安心感くらいか。(個人の感想です)

あわせて読みたい関連記事

カテゴリ一覧