大戸屋の値上げ・ステルス値上げ情報

大戸屋ごはん処の値上げ情報
運営会社 株式会社大戸屋ホールディングス
店名 大戸屋ごはん処
創業 1958年

大戸屋ランチ定食
年月日 カロリー 価格(税込)
2001年3月時点 938kcal 609円
2002年4月~ 1,042kcal 598円
2008年9月~ 971kcal 609円
2008年12月~ 972kcal 620円
2011年7月~ 898kcal 640円
2013年7月~ 853kcal 650円
2014年4月~ 857kcal 669円
2015年7月~ 849kcal 699円
2018年7月~ 813kcal 720円
2019年10月~ 811kcal 790円

鶏と野菜の黒酢あん定食
年月日 カロリー 価格(税込)
2004年4月~ 1,086kcal 714円
2007年4月~ 1,076kcal 724円
2008年9月~ 1,056kcal 735円
2008年12月~ 1,091kcal 780円
2011年7月~ 1,075kcal 790円
2014年4月~ 1,015kcal 824円
2015年7月~ 993kcal 851円
2016年7月~ 995kcal 861円
2018年7月~ 954kcal 880円
2019年10月~ 952kcal 890円

さばの炭火焼き定食(さば定食)
年月日 カロリー 価格(税込)
2001年3月時点 855kcal 609円
2002年4月~ 923kcal 598円
2005年7月~ 984kcal 609円
2005年10月~ 978kcal 640円
2008年5月~ 919kcal 672円
2008年12月~ 919kcal 700円
2010年12月~ 933kcal 710円
2013年7月~ 900kcal 730円
2014年4月~ 862kcal 837円
2015年7月~ 893kcal 858円
2016年7月~ 908kcal 849円
2018年7月~ 898kcal 870円
2019年4月~ 874kcal 880円
2019年10月~ 855kcal 890円

しまほっけの炭火焼き定食(しまほっけ定食)
年月日 カロリー 価格(税込)
2001年3月時点 639kcal 703円
2006年12月~ 667kcal 724円
2008年12月~ 609kcal 780円
2010年1月~ 623kcal 790円
2011年7月~ 685kcal 810円
2013年7月~ 652kcal 870円
2014年4月~ 646kcal 895円
2015年4月~ 657kcal 933円
2015年7月~ 634kcal 965円
2018年7月~ 613kcal 970円
2019年4月~ 589kcal 1,040円
2019年10月~ 570kcal 1,060円

鯵の炭火焼き定食(あじの開き定食)
年月日 カロリー 価格(税込)
2001年3月時点 760kcal 672円
2005年7月~ 834kcal 693円
2006年7月~ 705kcal 714円
2010年3月~ 652kcal 790円
2011年7月~ 653kcal 820円
2019年4月~ 739kcal 1,000円
2019年10月~ 720kcal 990円

チキンかあさん煮定食
年月日 カロリー 価格(税込)
2001年3月時点 1,124kcal 672円
2002年4月~ 914kcal 661円
2006年7月~ 920kcal 672円
2008年9月~ 921kcal 682円
2008年12月~ 836kcal 700円
2011年7月~ 785kcal 710円
2012年4月~ 872kcal 750円
2013年7月~ 830kcal 760円
2014年4月~ 846kcal 795円
2015年7月~ 819kcal 848円
2016年7月~ 850kcal 859円
2018年7月~ 799kcal 870円
2019年4月~ 788kcal 880円
2019年10月~ 788kcal 890円

ロースかつ定食
年月日 カロリー 価格(税込)
2001年3月時点 920kcal 682円
2006年7月~ 963kcal 693円
2006年12月~ 963kcal 714円
2008年9月~ 936kcal 756円
2008年12月~ 945kcal 790円
2010年5月~ 1,002kcal 810円
2012年4月~ 1,007kcal 830円
2014年4月~ 932kcal 895円
2016年7月~ 944kcal 898円
2018年7月~ 887kcal 910円
2019年4月~ 873kcal 950円
2019年10月~ 873kcal 970円

豚肉の生姜焼き定食
年月日 カロリー 価格(税込)
2002年12月~ 966kcal 693円
2006年12月~ 1,095kcal 714円
2007年4月~ 1,117kcal 745円
2008年9月~ 1,095kcal 766円
2008年12月~ 1,131kcal 800円
2012年4月~ 1,155kcal 830円
2014年4月~ 891kcal 895円
2016年7月~ 907kcal 898円
2019年4月~ 780kcal 930円
2019年10月~ 639kcal 950円

親子丼
年月日 カロリー 価格(税込)
2001年3月時点 677kcal 609円
2002年4月~ 719kcal 567円
2005年7月~ 608kcal 714円
2008年12月~ 755kcal 710円
2010年5月~ 756kcal 730円
2011年7月~ 809kcal 750円
2014年4月~ 788kcal 783円
2015年7月~ 829kcal 798円
2018年7月~ 796kcal 860円
2019年10月~ 702kcal 820円

ソースチキンかつ丼と温うどん
年月日 カロリー 価格(税込)
2002年12月~ 1,263kcal 598円
2005年7月~ 1,213kcal 630円
2007年4月~ 1,218kcal 661円
2008年5月~ 1,200kcal 703円
2008年12月~ 1,200kcal 760円
2010年5月~ 1,242kcal 780円
2011年7月~ 1,242kcal 790円
2014年4月~ 1,124kcal 867円
2015年7月~ 1,155kcal 898円
2018年7月~ 1,099kcal 900円
2019年4月~ 1,015kcal 940円
2019年10月~ 1,015kcal 960円

とろろご飯
年月日 カロリー 価格(税込)
2001年3月時点 380kcal 231円
2002年4月~ 425kcal 220円
2008年12月~ 376kcal 250円
2014年4月~ 343kcal 257円
2018年7月~ 342kcal 270円
2019年4月~ 342kcal 280円

挽きたてエスプレッソコーヒー
年月日 価格(税込)
2001年3月時点 52円
2006年12月~ 63円
2008年12月~ 80円
2014年4月~ 83円
2019年4月~ 80円

ソフトドリンクバー
年月日 価格(税込)
2006年7月~ 157円
2007年4月~ 189円
2008年12月~ 200円
2013年7月~ 250円
2014年4月~ 311円
2017年5月~ 290円

生ビール
年月日 価格(税込)
2001年3月時点 420円
2002年4月~ 399円
2005年7月~ 430円
2008年4月~ 451円
2008年12月~ 450円
2014年4月~ 463円
2015年~ 498円
2017年11月~ 518円
2018年7月~ 520円
2019年10月~ 500円

参考サイト
公式サイト 大戸屋ごはん処
2001年3月 大戸屋ごはん処公式サイト
大戸屋に批判相次ぐ Business Journal

大戸屋ごはん処の値上げ解説

庶民的かつボリュームのある定食を低価格で提供することで人気の「大戸屋ごはん処」。しかしそれは過去の話。度重なる値上げと量の減少により「大して美味くもなく量も少ないのに無駄に高い店」に成り下がっています。

現在と2000年頃を比べると、ほとんどの飲食店は平均して2~3割ほど値上げしています。国が推し進めるインフレ政策による人件費や原材料費、輸送費の高騰を考えればある程度の値上げは仕方ないところでしょう。気分は悪いが。

しかし大戸屋は違います。値上げっぷりがすごいのです。2000年頃に比べ2割3割は当たり前。さばやほっけ、鯵などの魚定食やチキンかつ丼とうどん・そばのセットなどは5割以上値上げするという鬼畜っぷり。

しかもステルス値上げも並行して行っているため量(カロリー)は減ってるんだぜ。嘘みたいだろ。

特に顕著なのがソースチキンかつ丼とうどん・そばのセット。2002年登場時は税込598円で1,263kcal。どちらもハーフではなく通常サイズであるため相当なお得感です。そんな時代もあったんだね。

しかし年を追うごとに値上げされつつ量は減少。現在は約60%値上げとなる960円で1,015kcal。カロリーが20%減ったことを鑑みると、もはや倍の価格になった印象すら受ける。

こうやって大戸屋の値上げの歴史を表にしてみると、他の飲食店に比べ小刻みに、かつこっそりと値上げしているのが分かる。全メニューを一斉に値上げするのではなく、持ち回りで10~20円値上げすることが非常に多いのです。

大戸屋が「グランドメニューが新しくなりました!」というと、まずなにかしらが値上げされている。前回は○○を値上げしたから、今回は〇〇の価格を据え置いて□□をちょこっと値上げしよう…的な。

しかも価格改定のプレスリリースはほとんどなし。非常にせこく、誠意のかけらもない。こういったところに企業姿勢が出るな。

2019年4月には大戸屋の中では格安な部類に入る(全然安くないが)720円の「大戸屋ランチ定食」を廃止し870円の「大戸屋おうちごはん定食」を導入。

しかしこれ、内容が充実したわけではなく、鶏の竜田揚げが肉団子に替わっただけ。カロリーも量もほぼ横ばい。にもかかわらず150円の値上げですよ。

天井知らずの値上げに加え、唯一の良心ともいえる大戸屋ランチ定食の廃止も相まって客足は遠のき業績や客数はだだ下がり。さすがに焦ったのか2019年10月に大戸屋ランチ定食を復活させるも本来の720円から790円へ値上げ。もはやギャグである。

大戸屋の唯一の強みは店内で調理していること。「それこそが高価格の理由」と言いたいのかもしれないが、そこかしこに存在する個人店であれば店内調理など当たり前である。しかも個人店の方がはるかにボリューミーで、かつ安い。

創業当時、大戸屋は元々学生向けの安食堂だったという話。お金のない学生に安くてボリュームのある食事を提供するというコンセプトだったのでしょう。しかし規模が大きくなるにしたがって利益重視に。よくある話だね。

何の変哲もない定食が1,000円前後とか、もはや狂気の沙汰。ここまでくると、どこまで値上げしていくのか逆に興味が湧いてくる。

新型コロナウイルスによって引き起こされる不況で今後は財布の紐が固くなる人が多くなると予想される。そんな状況で大戸屋ごはん処に足が向く人がどれだけいるのか。お手並み拝見だね。

あわせて読みたい関連記事

カテゴリ一覧