志摩スペイン村 パルケエスパーニャの値上げ情報

志摩スペイン村 パルケエスパーニャの値上げ情報
運営会社 株式会社志摩スペイン村
テーマパーク名 志摩スペイン村 パルケエスパーニャ
開業日 1994年4月22日

パスポート(大人)
年月日 価格
1994年4月~ 4,800円
2014年4月~ 4,900円
2016年1月~ 5,300円
2019年10月~ 5,400円

入園券
年月日 価格
~2002年頃 3,200円
2002年頃~ 2,800円
2012年2月~ 廃止

年間パスポート(大人)
年月日 価格
~2012年2月 15,000円
2012年2月~ 12,000円
2019年10月~ 12,300円

駐車場料金
年月日 価格
~2002年頃 第1駐車場 700円
第2、3駐車場 600円
2002年頃~ 第1駐車場 1,000円
第2、3駐車場 800円
2011年7月~ 第1駐車場 1,000円
第2、3駐車場 1,000円
2011年9月~ 第1駐車場 1,200円
第2、3駐車場 1,000円
2019年~ 第1駐車場 1,300円
第2、3駐車場 1,100円

志摩スペイン村 パルケエスパーニャの値上げ解説

三重県志摩市にある「志摩スペイン村 パルケエスパーニャ」はスペインの街並みや雰囲気が楽しめるほか、コースターなどアトラクションもほどほど存在する、やや中途半端なテーマパーク。

入場料やパスポートの価格の推移を見るに、値上げは最小限に抑えられている印象。それもそのはず、志摩スペイン村 パルケエスパーニャは入場者数的に相当苦戦しているから。

志摩スペイン村入場者数推移

ほぼ一貫して右肩下がりですよ。

オープンした1994年こそ活況を呈するものの、その後入場者数は減る一方。単純に魅力不足と言ってしまえば簡単だが、アクセスのしにくさに加え、2001年にユニバーサルスタジオジャパン(USJ)ができたことも入場者減少の一因とも。

この入場者数の推移を見れば安易に値上げできないことは想像に難くない。年間パスポートは値下げされているしね。一方、現在は入場のみの入場券が廃止され乗り物乗り放題のパスポートのみの展開。価格は5,400円也。

消費税増税に合わせての値上げのほか、2016年1月には謎の400円値上げ。また駐車料金もじわじわと値上げしてきているのも特徴。入場者数が減り続けているわりに商魂たくましい。

最近は来園者の少なさを逆手に取った自虐的な広告展開も話題に。「並ばないから乗り放題」とか「空いてるから映え放題」とか。このあたりは何気に評価できるポイントと感じます。

とはいえ、ディズニーランドの3分の2、ハウステンボスの5分の1程度の広さしかなく、アトラクションや雰囲気という面においても分が悪いスペイン村の入場料が5,400円。もうちょっとどうにかならんもんか。

それにしても、オランダの街並みを再現したハウステンボスといい、志摩スペイン村といい、東京ドイツ村といい、日本人はヨーロッパの街並みや雰囲気を再現する好きだな。しかも徐々にコンセプトがぶれてきている点も共通している。

恋人ができて、かつ中部地方のほうに行くことがあれば一度は行ってみるかな。…まあ私の現状を考えるに天文学的な確率での話だがな。

あわせて読みたい関連記事

カテゴリ一覧