サンリオピューロランドの値上げ・値下げ情報

サンリオピューロランドの値上げ情報
運営会社 株式会社サンリオエンターテイメント
テーマパーク名 サンリオピューロランド
開業日 1990年12月7日

パスポート(大人)
年月日 価格
~2014年3月 4,400円
2014年4月~ 平日 3,300円
休日 3,800円
2019年10月~ 平日 3,300円
休日 3,900円

年間パスポート(大人)
年月日 価格
~2014年3月 15,000円
2014年4月~ 廃止
2014年12月~ 10,000円
2018年4月~ 13,000円
2019年10月~ 15,000円

駐車場料金(普通車)
年月日 価格
2014年3月~ 1,200円
2014年4月~ 1,500円

サンリオピューロランドの値上げ・値下げ解説

ハローキティやマイメロディなどサンリオキャラ好きにはたまらないテーマパーク「サンリオピューロランド」。

経営的には決して楽なものではなかったこともあって、順調に値上げを行ってきたディズニーランドやUSJと異なり、値下げ傾向にある珍しいテーマパークといえます。

1990年の開園から数年間のパスポート料金は確認できませんでしたが、少なくとも1998年時点で大人4,400円。それは2014年3月まで続くことになります。

この時期、ディズニーリゾートやユニバーサルスタジオジャパンが値上げを活発化させていたことを考えると、据え置かなければならなかったサンリオピューロランドは相当厳しかったのでしょう。

入場者数の推移を見てみると、2008年から2013年まで低迷していることが分かります。

サンリオピューロランド入場者数推移

そんな背景から2014年4月に、それまで4,400円だったパスポートを平日3,300円、休日3,800円へと大幅値下げしたのでしょう。

その甲斐もあって値下げの影響が反映される2015年からは入場者数が急増。休日で600円、平日1,100円安くなったこともさることながら、“大幅値下げ”という話題性も好転の一因か。

2019年10月の消費税増税時に3,800円から3,900円に値上げされたものの、基本は据え置きのスタンスか。ガンガン値上げするテーマパークに比べ良心的といえるでしょう。

ただし、2014年の値下げ時に駐車料金を1,200円から1,500円に値上げするというちゃっかりさも。また、1Dayパスポートこそ価格を据え置ているが、年間パスポートに関しては容赦なく値上げしている。

サンリオピューロランドは屋内施設ということもあり、広さは東京ディズニーランドの10分の1程度。一方の入場料は約2分の1。単純に広さだけでは量ることはできないが、3,900円でも特にお得感はないというのが本音か。

サンリオのキャラが好きかどうか―ピューロランドに価値を見出せるかどうかはここにかかっている。キティちゃん萌え~な人は行ってみる価値があるだろう。

私は化け猫に興味はないので当面行くことはないかな。もちろん化けネズミにも興味ないので某夢の国にも行くことはないだろう。恋人がいれば話も違ってくるんだろうけどねぇ…(遠い目)

あわせて読みたい関連記事

カテゴリ一覧