富士急ハイランドの値上げ情報

富士急ハイランドの値上げ情報
運営会社 株式会社富士急ハイランド
テーマパーク名 富士急ハイランド
開業日 1961年(富士急ハイランド改称は1969年)

入場料(大人)
年月日 価格
~2001年8月 1,000円
2001年9月~ 1,200円
2011年7月~ 1,300円
2014年4月~ 1,400円
2016年4月~ 1,500円
2018年7月~ 無料

フリーパス(大人)
年月日 価格
~2001年8月 4,300円
2001年9月~ 4,500円
2004年12月~ 4,500円
冬期 3,900円
2006年3月~ 4,500円
2006年8月~ 4,800円
2011年7月~ 5,000円
2014年4月~ 5,200円
2016年4月~ 5,700円
2019年7月~ 6,200円

年間フリーパス(大人)
年月日 価格
2016年4月~ 50,000円
2018年7月~ 17,100円
2019年7月~ 18,600円

駐車場料金
年月日 価格
~2016年3月 1,000円
2016年4月~ 1,500円

富士急ハイランドの値上げ解説

絶叫マシンに異常なこだわりを見せる富士急ハイランド。FUJIYAMAをはじめド・ドドンパ、高飛車、ええじゃないかなど、もはや狂気の沙汰。戦慄迷宮などホラー系にも力を入れているのが特徴。怖いの大好きらしい。

それだけに「ディズニーランドとか子供だまし」とのたまう自称アダルトな人たちに絶大な人気を誇っています。

料金に関してはディズニーランドやユニバーサルスタジオジャパン(USJ)に比べれば緩やかであるものの、ほどほどのペースで値上げしていることが分かります。

確認できる範囲では2001年あたりまでフリーパスは4,300円。その後は数年おきに値上げを行っており、特に2014年からは値上げ幅が大きくなっている。ディズニーリゾートやUSJの大幅値上げに便乗した感ありあり。

一方で2018年7月にはそれまで1,500円だった入場料を無料にするという思い切った措置も。その分アトラクションの料金は大幅値上げになったもののフリーパスの価格は据え置き。

中のショップやレストランだけを利用したい人、雰囲気を楽しみたい人などに無料開放する一方、アトラクションを楽しみたい人はフリーパス買ってね…というスタンスか。率直に良い経営判断だと思います。

面白いのは2016年4月から登場した年間フリーパスを50,000円から17,100円へ大幅値下げしたこと。よっぽど売れなかったんだろうね。

富士急ハイランドはディズニーリゾートやUSJと違い雰囲気を楽しむような場所とは言い難いにもかかわらず、1日フリーパス5,700円に対し年間フリーパスが50,000円。USJですら同時期の年間パスは20,000円程度だというのに…

この頃の富士急の経営陣はよほど勘違いしていたんだろう。ただ、それを素直に認めて17,100円に大幅値下げしたのは好感が持てます。

余談ですが、私自身1度だけ富士急ハイランドに行ったことがあります。フリーパスがまだ4,300円だった頃、絶叫系マシンはまだFUJIYAMAしかなかった気がする。スケート滑った記憶があるから冬だったのでしょう。

それまでコースター系はディズニーランドのスペースマウンテンやビッグサンダーマウンテン程度しか乗ったことがなかったにもかかわらず、怖いもの見たさでFUJIYAMAに乗ってみたのだが…

動き出してすぐに、スペースマウンテンとは比べ物にならないほど長い上り急斜面をゆっくりゆっくり上っていく段階で後悔したね。「ああ、バカなことをした」と。そこからはもう地獄絵図ですよ。

そんな記憶もあって、ド・ドドンパや高飛車などにも乗ってみたい気がする反面、いざ富士急ハイランドに行ったら尻込みする可能性大。でもフリーパスの元を取ろうと無理して乗って悲しい感じになるのだろう。

そもそも絶叫系が得意でない私は、6,200円にまで値上げされたフリーパスを買ってまで富士急ハイランドに行こうと思うことはないと思われる。

あわせて読みたい関連記事

カテゴリ一覧